北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
子牛のミルクの作り方
2010年 05月 10日 | |

3月3日生まれの子牛のひなこ。
お母さん牛のおっぱいがちょっと足りずに食後におまけのミルク生活。
ひなこが生まれてからのこの二ヶ月間、そのミルクづくりは毎日、朝夕二回、私の大事な日課のひとつ。
そして、先日のGW思い出集にて、他を出しぬいて二回も登場させたあたりからも、その熱中ぶりがわかるでしょう。
その後、残念ながら誰からもどこからも興味、関心、お問い合わせはなかったけれど、あえて最後に言っておきたいこともあるし、どどんと大きく載せちゃいます。
そのミルクはこんな風に作ります。
f0236291_54646.gif



f0236291_5463848.gif



ミルク、1.8リットルをだいたい5分で息つくことなく一気飲み。
一度計測してみたい、牛たちの肺活量。
by kamatsuta2 | 2010-05-10 06:11 | ■ 牛のしごと、牛のこと | Comments(14) |
Commented by 群馬 悦ちゃん at 2010-05-10 08:25 x
わかり易く丁寧なイラストで、牛のミルクの作り方がとてもよくわかりましたよ!!
牛さん用のミルクがあることを初めて知りました
牛のミルク作りはしたことはないのですが、数年前に孫のミルク作りをしていました 牛とは量が違うけれど、基本の作り方は同じですね
私に抱かれてゴクゴクミルクを飲んでいる孫娘を見ると、いとおしくて涙が出てしまいました
小窓も毎日楽しみに拝見しています!!
釜津田の風が我が家に流れて来るのを感じます♪
Commented by 青森りんご at 2010-05-10 09:30 x
基本的には、人間の赤さんミルクと作り方は変わらないんですね~(保母時代、赤さんミルクの温度確認は、手首の内側に1滴垂らして熱くない程度でした)

人間の赤さんは、授乳時期は呼吸器官が特別な作りになっているらしく、飲んでいる最中でも呼吸ができるそうです。
牛の赤さんも、そうなっているんでしょうか?そうじゃなきゃ、5分間一気飲みはかなり辛いイメージですよね(;^_^A
Commented by みっち at 2010-05-10 10:05 x
え!あのバケツ(よくテレビで見たりする)の中身は母乳?いや牛乳?ともかく牛のしぼりたての乳を子牛用によけとい
たのが入ってるのではないのですか?
驚きました…よもや真の乳ではなかったとは。
さすがにその子牛の母牛の,と厳密ではないと思っていまし
たが,しぼりたて牛乳だと思っていただけに…子牛用ミルク
というものがあるのですね。
Commented by すと at 2010-05-10 12:23 x
お初にコメントします。いつも楽しく読んでます。
かわいいですね~ひなこちゃん。
人間も牛もほんと変わらないんですね~なんだかほのぼのしました^^
Commented by 杵島太郎 at 2010-05-10 18:14 x
仔牛の授乳も大変ですね。一升酒でも呑むように5分間で一気飲みするんですね。牛は七つの胃袋があると聞きましたので、そんなに苦でもないだろうと思っておりました。
でも聞くところによると本物の胃袋は四つで、ほかの三つは食道が変化したものだそうです。人間界には舌が二枚のヒトもいらっしゃるようですし、まさに動物界は多種多様ですね。
Commented by kamatsuta2 at 2010-05-10 18:49
>悦ちゃんさん、よくわかったと言っていただいてうれしい限りです。いつか子牛にミルクを作る機会があったら、また思い出してくださいね(笑)。小窓も楽しみしていただいて、うれしいです!

>青森りんごさん、そっか、赤ちゃんの時期は特別なしくみになっているんですね、凄い!子牛もそうなのかなぁ?!

>みっちさん、そうなんです。子牛用の粉ミルクがあるんですよ。私も最初、びっくりしました(笑)。

>すとさん、はじめまして!ひなこはホントかわいいんです。情が移って困ります。でもホント、かわいいんです~。

>杵島さん、二枚の舌のヒトひともいれば、「別腹」のヒトもいたり、本当に多種多様ですよね(笑)。
Commented by しらす at 2010-05-10 19:56 x
こんばんわ♪
もうひなこちゃんの第二の母なんですね~~~
スクスク育ってくれたら嬉しいですよね~~~♪
Commented by タック at 2010-05-10 21:56 x
粉ミルクをスプーンですり切り量り、お湯の温度や量、飲み具合に
神経質になりながら、子育てしていた頃を思い出しながら読みました。

牛用って事は馬用もあるのでしょうね。

ペットボトル色々と活用できますね!
私はめんつゆの容器に粉洗剤を入れ替えて使っています。
湿気に強く、取っ手もあり便利ですよ。入れ替え用漏斗も
勿論ペットボトル利用。是非お試しを(^_^)v
Commented by ろうばい at 2010-05-10 22:14 x
へ~・・たくさんお乳の出る牛さんから搾乳したお乳じゃなかったんですかあ~
最後のイラスト TVとかでみたけど 簡単でなかったんですね!
そのうち AKIさんのこと お母さんと思って追っかけまわしたりして~?
(鳥の雛とは違うカナ ww)

前記の最後のイラスト 後ずさりする雛ちゃんに
 吹き出してしまいました!!
 
Commented by てっこ at 2010-05-11 02:53 x
一日の終わりはこちらで癒され・・が日課になってしまいました。(^^;)

終わりと言っても深夜・・Σ( ̄□ ̄;;;)!!おっと、こんな時間!

農家の嫁だった母に『お前は絶対農家の嫁にはもらってもらえない。』
と幼少の頃より言われ続けた夜更かし、朝寝坊人間です。

農家といっても兼業農家で畑も小さかったのですが、私がとても幼い頃に母が子牛にミルクをあげていたのを思い出しました。
そのミルクは草の匂いがして、その匂いを嗅ぐのと子牛の飲みっぷりを見るが楽しみにしていました。
牛はその子牛一匹しか記憶にないので、たった一度飼ってみたのか?
その後どうしたのか・・今思うと不思議です。

子供の頃は牛好きの母のペットぐらいに思っていましたが(゚∀゚)
大きく育て売っていたんですね。(´-`)

忘れかけていた幼い頃の光景が急に蘇るなんて・・
今夜も魔法をあがとうございました。<(_ _)>
Commented by 畠山 at 2010-05-11 16:12 x
なるほど、大五郎ペットで作りましたか。
うちもプラスチック製の計量カップ(本来は凍結精液融解用)があるのですがかなりボロボロになってきてるのでどうしようかと考えてるところです。二リットルってなかなかないんですよねえ。
Commented by kamatsuta2 at 2010-05-12 08:58
>しらすさん、そうなんです、すくすく育ってくれるといいな、と思います。

>タックさん、粉洗剤の容器に活用はすごくよさそうです!真似しちゃいます。うちは大五郎のペットボトルには困らないのですよね(笑)。

>ろうばいさん、なんと!名前をよぶと飛んでくるのですよ!牛も芸ができるみたいです(笑)一度お見せしたい!

>てっこさん、こちらこそ、いつもあたたかいコメントを寄せて頂いて魔法をかけていただいているみたいです。ありがとうございます。

>畠山さん、大五郎ボトルは大中小さまざまで便利ですよ!
Commented by AKKO at 2010-05-12 11:56 x
ミルクのつくり方…ちゃんとやってる!えらいっす!

アタイ、人間の2児の母なのですが…フォローアップミルクの
冷めるのが待ちきれず、濃ゆめに溶いて、そこに湯冷ましを投入!
というやり方で乗りきりまくり…。

ちなみに下が1歳になったばっかしで、母乳もまだ出てるのですが、
こないだ自分が蓄膿症&アレルギー&喉風邪でどうにもこうにも
世話できねぇ~!って時にお世話になりました…。

ミルクの時間を楽しくやりすごせるなんて…。
ちょっと反省した次第です…。
Commented by kamatsuta2 at 2010-05-13 05:32
>AKKOさん、子牛と人間の赤ちゃんじゃぜんぜん違いますよ~。AKKOさん、えらいですよ~!
<< タイトル写真 5月編 ページトップ おばあちゃんの歯 >>
The Original Skin by Sun&Moon