北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
田植えの思い出:3回までは。
2010年 06月 08日 | |

もう過ぎ去りし、春の仕事のもうひとつの思い出といえばやっぱり田植え。
今年もTAAが植え係。私は苗箱運び係。
苗箱運びといったって、ただ運べばいいものではありません。
耕耘機の苗の残り具合を見極めて、ここぞというところで、ぬかるむ田んぼの中にいる植える係へ苗を渡す。
そのとき肝心なのが苗の向き。細かいことは端折るけど、うちの場合は右左があって、これをそのとおりに渡さなくてはいけないのです。間違えると植える人は、田んぼの中でオタオタ、ワタワタ。
結果、毎年、田植えではスパルTAAが頻出に

けれどです。
今年はちょっと違いました。
私の間違えが無くなった・・・わけでは残念ながらなかったけれど、
「あ、まちがえちゃった♡」つとめて明るく、つとめてにっこり、そして素直に先手をうったら、出かけた角がちょっと引っ込む気がしました。
反省していないわけじゃぁないけれど、そして有効回数はどうやら3回ぐらいまでだけど、素直に謝る、これいいかも。
そんな今年の田植えの思い出。

f0236291_64408.gif



▼ 昨日は田んぼでこんな子に会いました。迷いマミっこ。アナグマです。
f0236291_66816.jpg

<< 春仕事の思い出:やってきた釣りブーム ページトップ デントコーン播きの思い出:この... >>
The Original Skin by Sun&Moon