北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
オクラ日記 vol.5 : 9センチ棒
2010年 07月 09日 | |

先輩方のご指導どおり、朝夕二回、オクラハウスに通っては、コツコツ出荷の毎日です。
おかげで毎日とっても充実。
そしてそのオクラ。本当にすごい。
何がすごいって、どんどんどんどん大きくなる。
草丈もだけど、実もすぐに1センチ、2センチと大きくなって、あっという間に規格外。
だから規格サイズ・・・9センチの実になったなら、すぐに穫らなくちゃいけません。それゆえの、朝夕二回のハウス通い。

でも、ずーっとオクラを見ていると、だんだん大きさの感覚がわからなくなってきます。
周りの人たちは、ひと目で見てだいたい大きさがわかるらしく、さらには慣れれば慣れるほどその感覚はとぎすまされ、てきぱき規格サイズを見分けられるみたいなのですが、私には無理。気付くとまだまだ小さな実を穫ってしまったり。
そもそも、オクラって、こんなのだったっけ?ずーっと「ち」という字を見ていると、こんな文字あったっけ?ってなるみたいに、オクラに毎日囲まれているとオクラ自体がよくわからなくなってきます。

そんなとき、役に立つのが9センチ棒―――オクラの物差し、オクラ差し。
割り箸一本で簡単にできて、割り箸一本で簡単にできるから何かの拍子に落したり無くしたりしてもすぐに作り直せちゃう。迷子知らず、困り知らずの優れもの。
と、えらそうに言いつつ、近所のHさん、T子さんたちに教えてもらったんですけどね。
オクラを始めて気付きました。収穫作業、小物が結構キラリと光る。

f0236291_919387.gif



▼ 素敵なオクラ差し。(なんとなく、ストラップをつけてみました)
f0236291_930932.jpg

「あるハタ」(@アイリス家庭菜園ドットコム)も更新です。
vol.22は秘密の忍者修行の様子もちらりと。

<< ヘビの魔術 ページトップ オクラ日記 vol.4 : 救... >>
The Original Skin by Sun&Moon