北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
『農家の嫁の事件簿』 なか見!
2010年 07月 30日 | |


今日は本の中の紹介ですYO。じゃじゃん!と。

f0236291_8544536.jpg


写真上段、左から、
(左) はじめにのページ。
ちょっと長めの嫁の雑感的文章でお話ははじまります。前作にひき続き、コマイラストもついてます。これを描くのが実は楽しい。
(中) 章扉のページ。
カバーとともに章扉も写真仕立て。釜津田の季節の色や空気を感じてもらえたらうれしいです。
(右) 本文1
今回はちょっと長めの文章です。頑張って読んでください!ちなみに、本文の時期は釜津田くらし9年間までの間のこと。じいちゃんも元気に登場しています。

写真中段、左から、
(左) 本文2
一作目の『こちキタ』は、四季の仕事やくらしが密かなテーマだったけど、今回は人がちょっとしたテーマです。地域の人、親戚の子ども達、総出演です。
(中) 本文3
描き下ろしのページ。残念ながら全てが描き下ろし、書き下ろしではないのですが、それでも描き・書き下ろしもいっぱいです。ブログを見なれてくださっている方には、これ、見たことアル!なんてものも多いかもしれませんが、ところがどっこい、ちょこちょこと、ときに大きな違いがいろいろ。文章はかなり気合を入れて書き下ろしてあります。やっぱり頑張って読んでください!
(右) 特集ページ1 「釜津田語講座」です!
ちょっとしたクイズ形式になってます。

写真下段、左から
(左) 特集ページ2 「農家の食卓」
自称人気コーナーも健在です。パワーアップです。
(中) これは前作につづく「お散歩マップ」。
9年目の嫁の目にうつる釜津田は?!前作ぜひと見比べて欲しいページです。
(右) そして最後の写真は「おわりに」のページ。
今回は最後も少し長めの文章で。最後まで頑張って読んでもらえたらうれしいです。


二作目をかきたいなぁ、そう思ったのは一作目が出た直後あたり。
けれど、欲がでたり、格好つけたり、なかなか思うようにいかないまま長い月日がたちました。
その間、じっと付き合ってくださった、小学館のS編集長&Sさんには本当に感謝の限りです。
そして、数多の候補写真の中から、カバーの主役としてハナちゃんを抜擢してくださったのは森デザイン室のGさん。自分では思いもよらないデザインができ、それがとても素敵だったりそんなこともとてもうれしかったです。
いつかそんな悩んだり、悩んだり、くじけたり、這い上がったと思ったら泥沼にはまったり、でも楽しかったりな日々のお話もできたらな、と思ったりしています。

いずれにしても、人があっての今の暮らし。
二冊目の事件簿でワイワイがやがや、そんな釜津田の一面を感じてもらえたらなと思っています。
(通称『事件簿2』でお願いします♡ 2は「に」じゃなくて「ツー」の方)
なか見紹介のはずだったのに、今日は半分感謝のお手紙モードでした。



★と、浮かれてばかりいてもいけないので、最後にいつものお知らせです。
すっかりお知らせが遅くなってしまいましたが、 「あるハタ」(@アイリス家庭菜園ドットコム)も更新です。vol.23は素敵な草押さえのお話です。

by kamatsuta2 | 2010-07-30 09:40 | お知らせ |
<< 8月になったので・・・トップ写... ページトップ 『農家の嫁の事件簿』 8/3ご... >>
The Original Skin by Sun&Moon