北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
消えるマジック
2010年 09月 21日 | |

f0236291_9595619.gif



春からずっとそこにあり、最近にあっては壁のように立ちはだかっていた一面の緑のデントコーンたちが一斉に畑から姿を消すのはなんだか不思議。
はっと気づいてびっくりするのは、なんだか消えるマジックみたい。
その分今度は、今まで緑に埋もれていたいろんなものが、急に姿を現して、あらいつの間に、こんなところに・・・なんていうのも不思議です。
いやぁね、自分たちでせっせと刈って、えんやこらやとサイロに詰めて、その結果だとわかってはいるけれど、手品みたい!どうしてもそんな気持ちになるのです。

と、いうわけで、今年も牛の餌づくり、サイロ詰めが終わりました。一昨日ね。


▼ はい、消えました。空っぽのデントコーン畑。
f0236291_10113886.jpg

▼ 夏のはじめはこんな感じ。これが3メートル近くまで伸びていました。
f0236291_10121478.jpg

▼ 最後に、はい、現れました、のキクイモの花。黄色がとってもかわいいです。
f0236291_10124748.jpg


「あるハタ」(@アイリス家庭菜園ドットコム)も更新です。vol.27は前回に引き続き、最近の畑から。
『農家の嫁の事件簿 描き下ろし』のプレゼント企画は今日(21日)が締め切りです。詳しくは右のバナーからどうぞ。応募してくださった方(がもしいれば)、ありがとうございました♡

by kamatsuta2 | 2010-09-21 10:15 | ■ 日々のこと | Comments(13) |
Commented by 群馬 悦ちゃん at 2010-09-21 11:53 x
キクイモと言う花があるのを初めて知りましたよ
綺麗で可愛い花ですね~
「・・・消えたらいろんなものが見える」本当にそういうことってありますよね!!
「あるハタ・・」も楽しく見させていただきましたよ
Commented by mu-2008 at 2010-09-21 18:07
「キクイモの花」はじめて見ました。
黄色がとってもかわいい☆ですね。

自然て・・・マジックですね。
Commented by トリトン at 2010-09-21 18:29 x
こんばんは。

トリトンです。

大分秋らしくなってきましたね。

デントコーンが消えると、畑の景色も変わるんですね。

2冊目の本、読みましたよ。
前回より、肩の力が抜けて、思い通りに書かれていましたね。
楽しませていただきました。

季節ごとに事件(出来事)がまとめられていて、読みやすかったですよ。

昨日(20日)、NHKで、写真家今森光彦さんの「ニッポンの里山をいく」(8:20~9:45)という番組があって、岩泉の牛の放牧や草刈の風景が出てきましたよ。

再放送でしたが、2回目も観てしまいました。

この町にakiさんが住んでいるんだなあ、と思いながらTVを観ていました。

とても素敵な番組でした。

そんな折、明後日23日に岩泉に行くことになりました。

久々の龍泉洞となります。

釜津田の方まで足を伸ばすかもしれません。

どんなドライブになるか楽しみです。

Commented at 2010-09-21 18:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miho at 2010-09-21 19:57 x
風景が劇的に変わるのは、やはり田舎の特権じゃないでしょうか。
見渡す範囲が広いおかげで、変化のスケールもおっきいですよね!

「あるはた」の「旬を過ぎた野菜」、 私も毎日がんばってます。
トマトは紅くならずにピンク色。それはそれで、ロマンティック~。
・・・なんてね。(負け惜しみ?)
Commented by まり at 2010-09-21 21:29 x
初めましてーまりです( ̄∀ ̄)農家の嫁の事件簿がウチの近くの図書館に新刊で入り(購入ではなく申し訳ありません…)読ませていただきました。 ウチ長崎なんですが 農家でもなくサラリーマン家庭でございますが 1番の親友が新潟から長崎県に嫁にきて実家はサラリーマン家庭 嫁ぎ先はどでかいいちご農家でして 少しでも気持ちがわかればと読んだんです。とてもおもしろかったです。携帯からなのでプレゼント応募ができないのが残念です。。(泣)とりあえず前作を読むべく 走り回ります。図書館を… イヤイヤ 次はTSUTAYAにて購入いたします!
Commented by 杵島太郎 at 2010-09-21 22:08 x
 収穫などで作物を刈り取ると、本格的でスケールの大きい田畑ですので、その有から無になった瞬間は、その離隔度が大きいことでしょうね。
我が家の菜園ぐらいでは何にも感じませんでした。
その代わりコンバインでお米を収穫するときの一部始終を見物しました。まず最初に四隅を奥さんが手で刈り取り、そのあとご主人か息子ががコンバインで片付ける寸法でした。一粒のおこぼれが出ないように、決め細やかな作業に脱帽しました。小型のコンバインで350万、中型ぐらいで500万もするんだそうです。
Commented by ろうばい at 2010-09-22 00:56 x
相変らず 大変な農作業をそんな風に楽しんでいるAKIさんに拍手喝采! 脱帽!です

先日朝 某放送局で日本の里山風景という番組の放送の中で
岩泉の牛の放牧の風景と その役割 意味について放映がありました
また 急斜面での家畜用の草刈風景もあり
刈り取った草の束を 転がり落とす場面があり
ブログの記事を思い出し
TAAさんチ!?と注目してしまいました
どうでした?

皆様 事故の無い様に
豊年満作!!
Commented by kamatsuta2 at 2010-09-22 09:02
>悦ちゃんさん、キクイモの花、すごくかわいいんですよ。なんといってもあの黄色がいいのです。ひまわり並みの元気良さです。あるハタもいつも見てくださってありがとうございます♡

> mu-2008さん、上にも書きましたが、本当にかわいいのです~。ちなみに根っこはイモみたいになっていて、漬物にするんですよ。

>トリトンさん、いろいろありがとうございます。そしていろいろ了解です。龍泉洞から釜津田は、45分~1時間ぐらいだと思います。1時間はかからないかな。稲刈りをしているかもしれませんが、声をかけてくださいね!

>mihoさん、ピンクのトマト、確かにロマンチックかも♡そんなmihoさんもロマンチック。いつもなるほど~!ってうなっています。
Commented by kamatsuta2 at 2010-09-22 09:02
>まりさん、はじめまして。図書館で十分です!うれしいです。ありがとうございます。お友達のところほど気合の入った家ではないので、参考になるかどうかわからないですが、どうぞごひいきにです!またコメントくださいね♡

>杵島さん、うちも田んぼの四隅、刈ったところです(刈ったところで雨が降って中断中)。機械が入れるスペースを確保するためみたいですが、角刈りならぬ、角刈り、と呼んでいます。どこでもやっぱりやるのですね。そうそう、農機はびっくりするほど高いんです。家が買えるほどの巨大なタイヤとかもあるんですよ~。

>ろうばいさん、へ~!その番組、見たかったです!こちらは急傾斜を使って牧草をつくるところが多いので、転がり落とすは基本なのかもしれません。平らだと機械でいろいろできるんですが、でも転がり落とすのもなかなか風情があって気に入っています。豊作だといいなぁ。稲刈りは雨で中断中です。
Commented by oshio at 2010-09-22 11:04 x
私も以前岩泉の短角牛の放牧を見ましたよ~
すごい斜面で草を刈り、薄で束ねて転がしてました。
45度くらいある?
など思ってしまいました。
私なら途中でダルマみたいにごろごろだな~
早く稲刈りができるといいですね!
Commented by あっこちゃん at 2010-09-22 11:33 x
TAAさんとAKIさんの会話いいですね~。 微笑ましいです。

広い畑の大きなデントコーンが消えたら(笑)、景色も変わるのでしょう。
キクイモって言うんですね。 黄色い花がかわいい!
キクの花のようでもあり、小さいひまわりのようでもあり・・・。 キクとひまわりが、秋と夏の綱引きをしているのかな? ひとつの花だけど、そんなことを思いました。


Commented by kamatsuta2 at 2010-09-23 06:15
> oshioさん、45度くらいある?って私もいつも思います(笑)。雪の季節になったら、いつもそこでそり滑りをしたいと思うのですが、今度はそこをのぼるのが面倒で(笑)。

>あっこちゃんさん、いいですか?!会話(笑)。なかなかかみ合わぬ毎日です(笑)。秋と夏の綱引き、いいですね。本当にそんな感じです!
<< 蜜の味 ページトップ 初 煙 >>
The Original Skin by Sun&Moon