北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
金髪、とさか、長~いしっぽ
2010年 11月 08日 | |

かつて、一人暮らしをしていた私が突然髪を染めて帰省した時、実家の父、母も同じように思っただろうか。
昨日は牛下げ。牛たちが山の放牧地から帰ってくる日。
半年ぶりに再会したはるちゃんは、唐突に、金髪、とさか、長~いしっぽになっていた。

義母曰く、このところ、山は急激に寒かったから、霜焼けでもしたんじゃないの?という話。
霜に焼けると牛の毛のつやがなくなったり、毛並みが悪くなるんだとか。
そうよね、きっと。でもそうかなぁ。
この夏に、何があったの?おはるさん!聞くに聞けない親心。

f0236291_1043233.gif



▼ 金髪、とさか、わかるかなぁ。
f0236291_1048761.jpg
▼ 普段はこんなにきりり前髪なのに(2歳のころ)。
f0236291_10485369.jpg
▼ さらに前は、こんなに素直そうだったのに(生後半月、共進会にて)f0236291_10494138.jpg

★ おまけに今年の牛下げスナップ。
▼ テキパキ、手際よく、シンクロナイズド面綱かけ。
f0236291_10501167.jpg
▼ トラックにのって、
f0236291_10504627.jpg
▼ ただいま~。
f0236291_10511832.jpg

というわけで、牛たちが帰ってきて、いよいよホントに冬モード、な釜津田です。
<< 今年の秋じまい ページトップ ラストダンスは終われない >>
The Original Skin by Sun&Moon