北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
それは冬の空気のように
2010年 12月 02日 | |

f0236291_10321165.gif


f0236291_10323688.gif



多分、こう、シカそのものではなくて、シカの足跡やらなにやらが「えらいたくさん」あったのです。
それくらいはわかるのです。
けれど結局私には、その痕跡のただのひとつも見つけることができませんでした。
がたごと揺れる林道上の車の中からならなおさらです。
狩猟の季節だからでしょうか。義父の千里眼が冬の空気のように冴えわたっていた帰り道でした。

---------------------------------------------------------------
お義父さまは千里眼シリーズ(いろいろ増えてきたのでまとめてみました。)
(1)< 見ろ、またやつが来た > 編 : http://kamatsuta.exblog.jp/4350113/
(2)< 見えるぞ、見えるぞ、うまそうだ> 編 : http://kamatsuta.exblog.jp/2620389/
(3)< どんどんと出てきてだぞ> 編 : http://kamatsuta.way-nifty.com/blog/2010/04/post-4c86.html
---------------------------------------------------------------

▼ 休憩時には戻るちゃこ。(おやつ狙い)
f0236291_10351273.jpg
▼ なんとなく、小人の忘れ物。林道にて。
f0236291_1036414.jpg

<< いわいずみ歳時記 12月編 ページトップ 小窓写真館 11月編 >>
The Original Skin by Sun&Moon