北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
長芋堀りは計画的に
2010年 12月 05日 | |

先日、長芋掘りをしました。
うちの畑には、植えた覚えがもうすでにない長芋がいっぱい隠れているのです。
夏の畑では、アスパラがそんな長芋の支柱と化したり、少し困るところもありますが、長芋の紅葉はとってもきれいだし、もちろん食べても美味しいしで、なんとなくそのままになっています。
そして、気が向いたときに掘るのです。あるいは、夕飯の献立に行き詰まった時に掘るのです。
なんにせよ、先日は長芋掘りをしました。
畑をぐるぐる歩き回り、ちょっと途方にくれました。

長芋は土の中。
葉も蔓も枯れ落ちたこの季節、地上には長芋の「な」の字もみあたりません。
ぐるぐるぐる、一本の長芋を掘るまでに、結局30分かかりました。
葉や蔓があるうちに、目印をつけておかなくちゃ、と教わりました。確かにそうだ。
長芋掘りは計画的に。ひとつたくましくなりました。

f0236291_9425312.gif


長芋発見を祝して今日はおまけつき。わが家の長芋メニュー。

f0236291_9432524.gif



▼ うちの長芋。(去年撮影。これはあまりねまってない方)
f0236291_9444329.jpg

Commented by oshio at 2010-12-05 10:13 x
一足早いクリスマスディナーの様なロマンティックな雰囲気!
植えなくても収穫できる長芋っていいですね~
Commented by 悦ちゃん at 2010-12-05 14:09 x
キャンドルナイト、幻想的で素敵ですね~
本を読むには不向きでしょうが、お話をするには反って雰囲気が出て良いのではないでしょうか?!・・・
子どもの頃は大きな雷がなると即、停電になり、ろうそくの出番がありました
今は電気関係の性能がアップしたのか、停電になるのは数年に一度です
Commented by BARON at 2010-12-05 16:55 x
とろろごはんですね、なんか懐かしいです(*^。^*)
昔たまに夕食で出ました、濃い目の味噌汁を作って、
とろろと混ぜて食べるのです。そんな日は母の顔は輝き、
「今日はとろろ汁だよ(^◇^)」と言っていましたっけ。
ご馳走だったんですね、我が家では。でも私自身は
その頃はとろろは好きじゃなくて、がっかりの夕食でした。
今は私は作れないので(どうやったのか知らないんですもの)
食べたいなぁ~(●^o^●)
Commented by カンナ at 2010-12-05 19:11 x
私の職場の上司がこの道の(どの道?)のプロです。といっても、忙しさ故、一日を費やして山に入る時間がなかなかとれず、先月8年ぶりに芋掘りに行ったと、朝礼の時にうれしそうに話しをされました。
小さな蔓をたどって慎重に掘るらしいですね。ちなみに、熊出没真っ盛りだったその時期、「大丈夫でしたか?」と聞いたのですが、「一緒に行った人が爆竹を鳴らしていた」と…いいのか、それ?
私は、短冊にして鰹節と味ポンをかけるのが好きです。
Commented by タック at 2010-12-05 21:50 x
義弟が家庭菜園で育てたりっぱな長いもが届きました(^_^)v

*たたいて梅肉オカカ和え  *棒状に切り梅酢漬け
*海苔で巻いた揚げ物    *ベビーホタテと角切り芋
の炊き込みご飯(先日泊まった宿の真似・・)美味しかったですよ。

冷凍保存も・・我が家のメニューでした。

Commented by miho at 2010-12-05 21:50 x
そのかたちの山芋、
このあたりでは「じねんじょ」って言ってますが、種類は違うのかしら。
ふつうの長いもとは違って、おろすと固まりになるほどねばります。
口に入るまでが面倒ですけど、ホント、おいしい~ですよね。
(面倒なことその1に、お義母さまが登場されていますね。。)
Commented by あっこちゃん at 2010-12-06 08:46 x
停電は大変だけど、たまにキャンドルナイトも素敵。AKIさんちには、一足先にクリスマスがやってきたようですね。ろうそくの明かりはあったかくて、心が穏やかになります。切子のグラスもムードを演出しています。

畑で長芋を探すのも、宝物探しみたいでワクワク。ここでもお義父さんの目は大活躍、さすがですね~。
いろいろな長芋料理もおいしそうで、私もごはん3杯はいけるかもです。
Commented by kamatsuta2 at 2010-12-06 09:03
> oshioさん、キャンドルナイト、停電からのお詫びの贈り物かも(笑)。植えなくてもでてくる長芋、うれしいけど、夏の畑はすごいことになっちゃいます。

>悦ちゃんさん、こちらはまだ停電が結構あるかも。風吹きや大雨、大雪なんかのときには道路沿い(電線沿い)の木の枝が折れたりして、断線(?)するのです。その対策に、木の枝払いや電柱の立て替え(より安全な場所へ移動)を電気屋さんが定期的にしてくれています。とっても助かっています。

>BARONさん、お味噌汁と混ぜるんですね。へ~です。おいしそう!私は小さいころからトロロご飯が大好きです。本当に大好きなんです。

>カンナさん、その道(どの道?(笑))のプロの上司さん、素敵ですね~。蔓をたどっている上司さんのサバイバルな姿が目に浮かびます(笑)。私も真似しよっと(笑)。
Commented by kamatsuta2 at 2010-12-06 09:03
>タックさん、あいかわらず、素敵なメニューです~。海苔で巻いた揚げ物は特においしそう。次に掘り出せた暁には挑戦してみまする!冷凍保存もいいんですね。へー、へー、へーーー!

>mihoさん、じねんじょ、ありますね。種類はどうなんでしょう。私も密かな疑問です。面倒なことに率先して手を挙げる義母。見習うのはまだ先にして、おまかせ♡な私です。

>あっこちゃんさん、切り子のグラスはいいですよね!いただきものなのですが、凄く愛用してます。でも雰囲気がよくてぐいぐいお酒がすすむのですね~。困ったなぁ。トロロご飯でご飯三杯ぜひ挑戦を。以前は8杯いけたのに、最近すっかり小食になりました。
Commented by みっち at 2010-12-06 09:46 x
おお~!たまに木の幹を這っていたりして紅葉綺麗だな~と思っていますが,あれの下にちゃんと『食べられるほどのサイズの』イモがあるのですね!す,すごい。
たまに鳥の糞から生えるのか,ムカゴが自然につく程度のものは実家の畑で見ますが,たぶん胃袋を満たすほどのイモはないです(笑)
祖父母宅から来る,いわゆる真の山芋(山から掘り出す)は,すごく深いところにイモがあって,掘り出すのに根気がいる作業のようですが…粘りは市販の長芋と段違いですね~
普通に畑で採れるなんてうらやましい!
是非,来年は目印を~♪
Commented by takechanman at 2010-12-06 20:56 x
長イモの葉が枯れる前に麦を撒くとマークが着きます。
新潟のじいちゃんの知恵でした。
煮ものは美味しそうですね。 僕も明日掘ってみよう。
Commented by kamatsuta2 at 2010-12-06 21:03
> みっちさん、はい、来年は絶対目印を♪

> takechanmanさん、おじいちゃんの知恵、なるほどです!煮物、おいしいですよ、ぜひ、ぜひ!
Commented by ちぐちぐ at 2010-12-06 21:07 x
長芋農家です。
長芋と自然薯は種類が違います。すりおろしてもの凄いねばりなのが自然薯です。
売ってる長芋は、1m位の深さでフワフワに耕すので、素直な形になりますが、そうでない所に生えるとゴツゴツして自然薯みたいな形になるかも。
麦飯まで用意するとは、気合いの入れ方が違いますね。
”とろろ好き!”感が伝わってきました。

Commented by kamatsuta2 at 2010-12-06 22:09
>ちぐちぐさん、ありがとうございます。まっすぐ、素直な長芋を見るたびに、かっこいい!と思っています。こちらは石畑なので、難しいのかもしれませんね。でも長芋と自然薯の違い、わかりやすくて助かりました。そして、トロロ本当に好きなんです。好き過ぎて、ちょっと気合が入りすぎるくらいです。これからもおいしい長芋、作っていただけるとうれしいです♡
<< 冬のキノコと少々の悩み ページトップ いわいずみ歳時記 12月編 >>
The Original Skin by Sun&Moon