北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
クマの脂
2011年 01月 19日 | |
もしかしたら以前にもどこかで書いたかもしれせんが、かの有名なガマの油と似て非なるものに、クマの脂がある釜津田です。
ガマの油がヒキガエルがたらりたらりと流す油なのに対して、クマの脂はまさに脂。
そしてガマの油が傷薬なのに対して、クマの脂は火傷の薬。
うっかりしてしまった火傷にそれをひと塗りすれば、治りが早く、しかもカタ(跡)がつかないともっぱらの評判。

そして、先日うっかり火傷をしたTAA。
外で凍りついたホースを解かそうと、お湯をホースにかけた際に、そのお湯をうっかり手の甲にこぼしたとか。
連日連夜の氷点下生活ではお湯での解凍作業は日々のこと、うっかり火傷もままあること。
なんにせよ、心なしか楽しそうに小さな火傷にクマの脂を塗りこんだTAAでした。
これで安心。

けれど、そうではなかったみたい。
クマの脂は火傷の薬。治りのよさは、わが家をはじめ愛用者の折り紙つき。
だけど、一筋縄ではいかないクマの脂。
ひと塗りすれば、あっという間に治るけど、時々治りが早すぎて、傷がついていかないらしい。
・・・それって治ったというのだろうか?
疑問は少々残るけど、クマの脂の人気と信頼は人知れず高い。

f0236291_1314747.gif


f0236291_13143713.gif



何かの折に、クマの脂(塊の方)が手に入ったら、一度くらいお試しに。

▼ こんがりクマの脂。
f0236291_1315488.jpg

▼ そして、「クマの脂」。
f0236291_13163217.jpg

by kamatsuta2 | 2011-01-19 14:16 | ■ 日々のこと | Comments(25) |
Commented by at 2011-01-19 22:12 x
初めまして、いつも拝見しております。
先日おいしい熊を食べたので思わずコメントです。
焼いた脂をみて思わず、そのまま食べてみたくなりました(笑)
Commented by bickepo at 2011-01-19 23:03
なんだか秘伝を知ってしまったような衝撃です~!
クマって熊ですよね!すごい!!
TAAさんのやけど…お大事になさってくださいね。
Commented by basilstreet at 2011-01-19 23:29
こんばんは。
妄想の釜津田住人です。
「クマの脂」すごい効き目ですね!一家に一ビン、常備されているんですね。
それにしても「こんがりクマの脂」の美味しそうな事。これは食べられるんでしょうか?
Commented by 悦ちゃん at 2011-01-20 09:02 x
TAAさん、大きなやけどではなかったようで、良かったですね~
それによく効く熊の脂があってなによりでしたね~
素晴らしい民間療法があるのですね~

記事を読んでいて、子どもの頃、家にあった熊のい(胆)と言う薬を思い出しました 
いの字もわからないので調べたら文字通り熊の胆のうから作る薬で今も漢方薬として珍重されているそうです

その頃は近所に薬局もなく、富山の方が定期的に各家を訪問 様々な薬を置いて行き、使った薬の料金を払うシステムになっていました

Commented by oshio at 2011-01-20 09:45 x
熊の油など初耳です
馬油ってのがありますよね~
あれもこうやっていぶりだすのかしら?
Commented by みっち at 2011-01-20 09:49 x
え,まさかの自作ですか!てっきりそういう秘伝の薬みたいなものは一子相伝の秘薬で,専門の業者?が売っているのかと…
というか,かなりこのこんがりしている脂身が美味しそうに見えるのですが。
この油の風味の残ったままのフライパンなら,安い肉も滋養たっぷりジビエ風の美味しい肉料理になりそうで…お,おいしそう。
Commented by ジャックとももの木 at 2011-01-20 12:27 x
2・3日前の読○新聞に短角牛のこと掲載されてました。
夏は山、冬は牛舎・で自然に繁殖させるとか。すごいすごい!
うちは飼料もやるし、人口受精だし。
一度上質たんぱく質を食べて見たくなったです。
Commented by 耄碌爺 at 2011-01-20 12:28 x
今日は!またお邪魔します。

熊の油!!オー!!懐かしやです!餓鬼の頃、冬になるとヒビ&アカギレに悩まされ手の甲等からは血が噴き出す?有様でしたが、夜!風呂上りにオフクロが熊の油を塗りこんでくれ、翌朝になると傷口が塞がり、御蔭で元気に学校へ通いました。

勿論!火傷の治療にも必需品!で殆どの家庭で常備して居た事を思い出しました。
Commented by shirasu12 at 2011-01-20 13:02
クマですか!!
すごいですね~~~
こちらでは馬油の効能がすごいって、言われてます~☆
Commented by poki at 2011-01-20 13:34 x
こんにちは。初めてコメント致します。

事件簿、いつも楽しく拝見しております♪
何が好きって、ほんわかイラストに癒されております(笑)

その昔、1歳に満たない息子が胸~腹にかけて
広範囲の火傷を負ったことがあります。
その世界?で有名な花巻の三浦医院(たしか・・)へ
連れて行ったら、やっぱり熊の脂を塗られました。

お陰さまで跡形も無く、きれいに治りました。

お医者さま&自然界に感謝ですね。。
Commented by どん at 2011-01-20 14:01 x
こんにちは~♪
うちの実家にも時々熊の脂、あります
胃、もあります
多分私は使ったこと無いかもしれないです
こないだはドライヤーのコンセントがとても熱くなっていて、
指をヤケドしてしまいましたが、
熊さんはいなかったので、ラベンダーで治しました
跡は残りませんでした

でもでも、熊さんってすばらしいですね!
去年は猛暑で熊さんもタイヘンそうでしたね・・・
Commented by ぶうたむ at 2011-01-20 16:21 x
AKIさん、やけどの薬、熊の脂だったんですね!昔、子供がやけどして一ヶ月も通院したときの薬……。今でも不思議、ぬり薬は貰えず毎日通うようにということでした。もしかして、秘伝の薬は、熊の脂だったかもしれませんね。(笑)
Commented by dewaryuba at 2011-01-20 19:15 x
熊の油...懐かしいです!母の実家からもらったものが、幼少の頃家の冷蔵庫にありました。確かに火傷には一番の薬でした。
Commented by らすかる at 2011-01-20 19:53 x
義姉のりんご畑には毎年のように熊が出没します。そのたびにわなをかけて熊を捕まえ「熊肉いらない?」と聞かれますが、そのつど「いらない!」と答え我家には来た事がありません。
今度捕まえたら絶対「欲しい」といいます!やけどの常備薬作ります。
(ちなみに我家あたりにも熊は出没するんですけどね・・・。)
Commented by bagabon at 2011-01-21 03:05 x
クマの脂の話は正に驚き!
実物があれば是非試してみたいものです。
体験どころか普段見ることも出来ないものゆえ何とも判断しようがありませんが、猟師さんの生活経験から実際に療法が引き継がれていると言うことは効果はきっと間違いないのでしょう。
軟膏の膏の字は元々動物のあぶらを意味するので塗り薬のもとであったことは間違いない。
ヘーッと声を出してしまう珍しい話題を聞かせてもらいました。

ps. 中国の宮廷料理に 熊の掌 があり 熊の好きな蜂蜜がしみ込んでいるので美味しいと聞いたことがありますがどんなものなのでしょうか?
お知り合いの猟師さんに美味しい部位を聞いていただき、またご紹介下さい。
Commented by aya at 2011-01-21 16:22 x
クマの脂ですか?よく効くとは聞いたことありますが速攻なんですねぇ!実家でも↑の悦ちゃんさんとこみたいに富山の薬売り「とうじんさん」が熊の胆の置き薬を置いて行きました。子供の頃おまけの「かみふうせん」が楽しみでした。ちなみに「熊の胆」は大人達が良く効くと言ってましたね。熊は丸ごと漢方薬?(笑)
Commented by おっこ丸 at 2011-01-21 17:43 x
へえー初めて聞きました。クマの油。
今はそんなことはないですが、50年位昔、こういうありました。
幼い弟が火傷しました。母が私に馬の油を買ってこいと命令しました。馬の油を売っている遠くの肉屋に、自転車で買いに行きました。今、跡は残っていませんので、効果があったのかしら。
ところ変われば品変わるですかね。
Commented by 風さん at 2011-01-21 19:24 x
ひゃ~! 大変です!
熊の油って傷の薬…って思ってました。それも、とくにヒビです。
ヒビってわかりますか?(^^)指先があかぎれで(?)裂けたりすること…です。たぶん!
で、珍しい熊の油を貰ったので、ヒビで悩む働き物・いとこにあげました。効くよって…
そういえば、いとこは今でもキズバンを張ってます。火傷に効くのだったんですね~
Commented by うるかす妻の夫 at 2011-01-22 09:27 x
こんにちは。あとで妻に「熊の脂、知ってる?」と訊いてみます。
それにしても、他の人のコメントにもあるように、写真の「こんがり熊の脂」、美味しそうですね。思わず「食べたい」と想いました。
Commented by あっこちゃん at 2011-01-22 10:35 x
クマの脂の効能はすごいですね。最初に試したのはどなたでしょうね。こんなに寒い日が続くと、お湯の出番も多いことでしょう。くれぐれも火傷にはご注意を! そして、TAAさん、お大事に!

こんがり焼かれたクマの脂、おいしそうです。口の中でとろけちゃいそう。でも・・・食べられないんでしょうね~。
Commented by KC at 2011-01-22 22:20 x
それにしても日々寒いですね。
暑い時は、猛暑。寒い時は、毛管・・・、
いやいや猛寒と表現してもよい寒さです。
クマはちゃんと冬眠できているのでしょうかね~。
皆さん、風邪などひきませんように!
Commented at 2011-01-22 23:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kamatsuta2 at 2011-01-23 10:15
クマの脂話でこんなに盛り上がれるとは!
沢山反応をいただいて、どれも楽しく読ませていただきました♡
そして、こんがりクマの脂、おいしそうですよね・・・私も常々思っています。食べてもいいと思いますが、食べるならやっぱりクマ汁!な釜津田です。

私信:タックさん、見そびれました~(涙)いつか再放送に期待します!
Commented by 藍澤涼介 at 2011-01-31 16:03 x
クマの胆は万能薬として珍重されていますが、ものすんごく苦いそうです。
Commented by kamatsuta2 at 2011-02-01 08:48
>藍澤涼介 さん、はい、もんのすごく苦いんです。とTAAが言っています。
<< わびさび寺のお正月 ページトップ ヤマドリとスコップ >>
The Original Skin by Sun&Moon