北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
正しいお寺の参り方
2011年 01月 27日 | |
「午前9時頃家を出てお寺へ行って、和尚さんに挨拶し、お寺の奥にある位牌堂へお参り。
お供えをして手を合わせ、そそくさと家に帰る。」

そう昨日書いたけど、その実態はこんな感じ ↓ 。
正しいお寺の参り方・・・だといいけど、さてどうでしょう。
ちなみに、密かに一番緊張するのは、和尚の間のふすまをそそとあける瞬間。
一番のびのびするのは、それらしく○○忌一覧を眺めるあたり。
もういまさら聞くに聞けないお参りの仕方。雰囲気だけはあっていればと思います。

f0236291_9325889.gif


f0236291_9333443.gif


by kamatsuta2 | 2011-01-27 09:37 | □ お出掛け編 | Comments(12) |
Commented by 杵島太郎 at 2011-01-27 10:00 x
お寺さんも参拝者の皆様も、かなりオーソドックスなルーチンですね。小生の実家も寺ですので、このような流れを見ることが出来ます。五番目の絵で「やる気のある時は堂内を一周する」というシーンが爽快で、七番目の「解放感」というのが痛快ですね。
Commented by みっち at 2011-01-27 10:10 x
おお~,いいですね。近所や知り合いのを拝めるようになっているのも,ついわからなくなりがちな~忌って書いてあるのも,すごい工夫がなされてますね~。
お金は…お布施?
お坊さんがおこたに入っているのもいいですね~。
ずっと本堂(?)にいたら,お坊さん大変ですよね。風邪ひいちゃう!
うちの田舎は高齢者が多くて雪深のため,逆にお坊さんが家に来てくれるシステムです。お盆には行くのですが冬は(笑)。
Commented by 待合室 at 2011-01-27 13:05 x
AKIさん 
一家を、代表してお寺さんへ行かれるなんて、もう堂々たる嫁の貫禄ですね。こういう行事?のようなものは、場数をふむことでなれていくものなんでしょうね。2月はすこし暖かいそうなので、もうひとがんばり春を待ちたいと思います。
Commented by 悦ちゃん at 2011-01-27 13:20 x
お寺の軒先?に立っている和尚さんに黙礼をして終わりと思っていたので今日の記事を読んでとっても驚きました!!
中に部屋があって襖もしめてあって・・・そしてコタツに入っている和尚さんのところで思わず笑ってしまいました
北国の寒い寒いお堂の中ではさもありなんですよね~
AKIさん、色んな当地の風習も覚えて、もうすっかり釜津田の人ですね~
Commented by どん at 2011-01-27 13:37 x
こんにちはー
正月にお寺に行く習慣がなく、育ちました
(ほんとは行かなければいけなかったのかな(^^;))
やることを済ませて、お寺を後にすると、
確かに開放感というか達成感、というのは分かります♪
最近は、お盆くらいしかお寺に行けていないのが実情です
・・・いけないなあ~・・・
Commented by アリス at 2011-01-27 14:02 x
家のお寺もお盆とお正月の16日にお寺に行きます。
受付にお布施を出して、初盆、初正月の亡くなった方のためにお念仏を唱えます。
盆と正月の16日には「地獄のかまの蓋も開く・・・?!」とかと言いますが・・・定かではありません。
Commented by 熊猫 at 2011-01-27 16:14 x
なんか、私も一緒にお参りしてる気分になって、和尚さんを通り越す
ところでドキドキしました。
お金は多分 お布施って言うと思います。
お盆やお彼岸のときって、やりおえると気分が晴れ晴れするから
最後の解放感て良くわかります。
その土地その土地の風習って面白いですね。
Commented by miho at 2011-01-27 21:36 x
AKIさん!
この一連の行程をおひとりで!
えらいっ!
ふすまをあけたり、何かをもらったり、大変でしたね。
「しばし談笑」は、また、後々でしょうか?

私はこの歳になってもまだ、菩提寺関係は義母の「影」みたいな動きです・・・。(村の古寺はなんとかデビューをはたしました。)
Commented by kamatsuta2 at 2011-01-27 21:55
ご実家、お寺なのですね、杵島さん。いたらぬ行程ですが、どうぞ大目にみてくださいね(笑)。
いつもは義父の担当なのですが、今年は、当日みんな用事で。「はいは~い」と気軽に引き受けたものの、ドキドキでした。

今日はまとめてお返事にて。
あと、お布施、覚えました。ありがとうございます♡
あとあと、地獄の釜の蓋・・・聞いたことがあります。思い出しました!ということは、盆と正月の16日はかなりスリリングな日なのですね・・・。
Commented by あっこちゃん at 2011-01-27 22:15 x
私の実家でもお盆とお正月の16日にお寺さんにお参りします。小さなお寺ですが、地域の人たちが代々心のよりどころにしてきたのだろうと思います。私が子どもの頃は、老若男女、お寺参りはにぎやかでした。でも、近年、実家に帰ってお寺さんで会うのは、年配の人ばかりのようで少し寂しく感じますね。これも時代の流れでしょうか。

凍み大根も懐かしいです。干しあがった大根は、甘味が凝縮されておいしいんですよね~。
Commented by kamatsuta2 at 2011-01-28 08:42
凍み大根、ですよね~。大好きです♡
Commented by らすかる at 2011-01-28 19:57 x
お盆とお正月の16日のお寺参り。こちらではしませんが、お盆とお正月の16日の朝は精進料理です。
どちらも「地獄の釜のふたが・・・」(?)とかで、朝はお魚、お肉がご法度です。(本当は一日精進しなければならないのですが、今の世代に合わせて朝のみ)
どこでも風習が伝わっているのですね。
<< マメな煮豆生活 ページトップ わびさび寺のお正月 >>
The Original Skin by Sun&Moon