北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
トンテンカン
2011年 04月 15日 | |


f0236291_710371.jpg



昨日から、ビニールハウスの解体作業をしています。
解体しているのは、昨年末から今年の年始にかけて降った大雪ですっかりつぶれたビニールハウス。
解体したら業者に引き取ってもらうことになっています(今回は町の補助あり)。
いろんな金具をひとつひとつはずし、使える部品はよりわけながら、
トンテンカン、トンテンカンと解体作業をすすめています。
(トンテンカン、は金槌で折れたパイプをたたく音。複雑に歪んでいるので、トンテンカンとしながら少しずつパイプをはずしていくのです)

わが家はこの一棟だけの作業だけど、
この冬、同じようにつぶれたハウスが釜津田のどこの家にも。5棟もつぶれたおうちもあるのです。
みんな若干ため息まじり。
畑仕事がはじまりはじめた今日この頃。
いつもはすぐに土いじりなどがはじまるけれど、今年はまずはどこでもこの解体作業から。
トンテンカン、トンテンカン、釜津田に恨めしい音が響いています。

Commented by みっち at 2011-04-15 10:13 x
上部のへこんだ?部分がその重みでつぶれたあたりなのでしょううか。
雪ってすごく重いんだなと怖さを知った気持です。
Commented by しらす@鹿児島 at 2011-04-15 21:07 x
鹿児島ですが、我が家の実家のハウスも例年に無い大雪でつぶれて撤去になりました。結構年数経ってたのでしょうがないけれど、撤去作業やそのほかの負担は大変ですよね。
大雪に慣れない鹿児島じゃなくてもつぶれてしまうんですね。
Commented at 2011-04-15 23:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kamatsuta2 at 2011-04-16 05:51
>みっちさん、すごいですよね。見た目にはそんなに重そうに見えないのに。

>しらすさん、そちらでも雪でつぶれることがあるんですね。仕方ないけど、撤去作業は悩みの種です。な~んて、順調に作業がすすんで、昨日とりあえずの解体は終わりました。あとはTAAがコツコツパイプを刻むだけど。私は見てるだけ。へへん♪

>buraさん、早い!早い!早い!こちらはまだ何の種さえまいてないです~。
Commented by 丹波春丸 at 2011-04-18 21:21 x
10日程前、初便りしました丹波春丸です。紋白蝶は答え観ずとも解けました。AKIさんの発想は趣き有り楽しい。私は兵庫の丹波地方の暮らしです。釜津田程ではありませんが、丹波山地の一番奥、但馬、京都府と郷を分けています。PC地図を見ますと釜津田が当地より険しそうです。AKIさんの絵日記が、大変に楽しい。「丹波春丸」の3文字目が季節、情感に応じて替わります。私も楽しい言葉を5.7.5調子の電子手紙で送ります。では、また。
Commented by kamatsuta2 at 2011-04-19 08:59
はい、では楽しみにしております。5.7.5。
<< 白と黄色の交差点 ページトップ 隠滅工作 >>
The Original Skin by Sun&Moon