北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
不可解な生き物
2011年 04月 19日 | |
先日、子牛が生まれました。
今季7頭目。全部で10頭生まれる予定で、だけどこの後の出産予定は6月以降なので、とりあえずの一区切り。ちょっと小顔のかわいい女の子でした。4月生まれなので”ふくさくら”ちゃん(”ふく”は母牛の名前から)。

さて、そんな子牛の誕生、牛の出産では、人は少々気を使う。
母牛に負担をかけないよう手助けをするけれど、
むやみに急かしたり、むやみに興奮させてもいけない。
だから、そーっとそーっと近づいて、だけどあまり近づきすぎず、静かに静かに経過を見守る。
場所的には、母牛の斜め後方。
他の牛をたてにして、ちょうど母牛の死角のあたり。
そこにぴたっと陣取って、30分でも一時間でも、子牛がいざ生まれるというときまで待っている。
ぴたっと、じーっと。
そろそろと、でもそわそわと。
すると、ふと視線を感じる。
見上げると、たてにしていた他の牛たちが、こちらをじーっと見つめている。

不可解な生き物でごめん。
なんだか急に恥ずかしくなる。

f0236291_8471710.gif



▼ というわけで、ふくさくらちゃん。(小窓より再掲)
f0236291_8492153.jpg
▼ 生まれて30分後には、えいやっ!と立った頑張り屋(30分は結構早い)。
f0236291_850148.jpg

by kamatsuta2 | 2011-04-19 08:58 | ■ 牛のしごと、牛のこと | Comments(15) |
Commented by みっち at 2011-04-19 09:30 x
確かに,いつもは堂々と正面から(?)お世話に来るのに,何故自分の横におるの?何かしてくれるわけでもなし…と牛にとってはそれこそ『?』ですよね~
って,姐さん達のお産の時にも手伝ってるじゃん(笑)!
なお,私はAKIさんのイラストの中では義父さんポジがなかなかベストではなかろうかと思いました。
自然に背後をキープし気付かれにくいと言うか違和感なし。
まぁ,そこからお手伝いする…は無理なのでTAAさん達への指示出し監督ポジかもしれませんが…
Commented by ひろすけ at 2011-04-19 10:51 x
ふくさくらちゃんですか・・可愛いいですねぇ(^o^)❤
しかし、30分で立ち上がるとは・・・自然の驚異というか、ふくさくらちゃんの心意気というか、凄いですね!!
なんだか、“私達にも出来る”って教えてくれてるような・・・写真を見ていて自然と顔がほころび、元気が出てきました。
Commented by bickepo at 2011-04-19 11:14
ふくさくらちゃんお誕生おめでとうございます!
かわいいです~^m^
Commented by 悦ちゃん at 2011-04-19 13:50 x
「ふくさくらちゃん」なんと可愛い優しいお名前なのでしょう!!
緊張しながら、その時を待つお二人の鼓動が聞こえてくるようです
実習で人の出産に数回、立ち合いました
生命の誕生に感動したのを思い出しました

それにしても30分後に立つとは牛はすごいですね~
Commented by しらす@鹿児島 at 2011-04-19 15:57 x
やっぱり出産って、どの生き物にとってもナイーブな出来事なんですね~。
そばで見守るってのとはちょっと違うんだ~。
私も5月に出産が控えております!が、見守るっていうよりも『痛い時はさすって!!!』な気分ー。
生まれてすぐに立つなんて、本当に動物ってすごいですねー
Commented by miho at 2011-04-19 18:33 x
ホント!
牛さんたちの中にいると、人のほうがヘンですねえ~。

いつもながら、大変なお仕事なのに、だからこそ、チームワークがばっちりなのですね。 
Commented by 待合室 at 2011-04-19 19:21 x
不可解な生き物でごめん。 牛さんから見ると人間は不可解そのもの。AKIさんも、畑の準備や、牛の出産など日常にもどりつつあるようで安心しました。
Commented by 夏海 漁 at 2011-04-19 23:32 x
こんばんは。
笑わして頂きました。おもしろいですね、ほんと。
この雰囲気、分かります。小さい頃、田舎で牛を飼ってましたから。
あのね、実は親牛に突かれたことがあるんです。
子どもを産んだ後で、気が立っていたのでしょう。
あまり子牛がかわいいもので、つい接近し過ぎたのが原因だったのでしょうね。
その時は祖父が間に割って入って、事無きを得たんですが、身体中フンまみれになって大変でした。
でも、面白い。絵が、また素晴らしい。



Commented by rui at 2011-04-20 11:11 x
ふくさくらちゃん、たしか17日産まれでしたよね?あたしと同じなのよね~(*^_^*)でもでも・・・今年は忘れられてて、、、もうめでたい歳でもないんだけど、なんだか寂しいかったです。
今朝はこちらも寒かったのですが、雪とはビックリです!気温差で体調崩しませんように(^^)
Commented by ひろすけ at 2011-04-20 11:53 x
実は、私も密かにお義父様の立ち位置が気に入っていました❤
もちろん、TAAさん・AKIさんの密かに・・・なのに盾にしてるはずの牛さん達からは思いっきり見られてる状態も好き(?)です(笑)
・・・雪、凄いですね・・・冬に逆戻り?ってぇくらい降ったんですねぇ・・・。4月、しかももうすぐ梅・桜が咲こうかという時期に、ただただビックリ。
そういえば過去に1度だけ、桜が咲いてから、その上に雪が積もった事がありましたねぇ・・・かなり前の事でした。
Commented by aya at 2011-04-20 17:38 x
命の誕生を見守るご一家の優しいまなざし。
ふくさくらちゃん!なんてやさしく福を招きそうな予感のいいお名前ですね♪
あまりにも悲しい現実に打ちのめされていましたが元気が出ました。こんな可愛い元気な仔を見たら誰しもが希望をもてますね。
Commented by うるかす妻の夫 at 2011-04-20 18:05 x
子牛より雪にぴ゛っくり!
Commented by kamatsuta2 at 2011-04-21 05:40
密かに忍ばせた義父の立ち位置にちゃんと目をとめてくださった方がいてうれしいかぎりです(笑)。ホント、あそこが一番いい立ち位置なんです(笑)。

ふくさくらちゃんは、桜の季節にちなんで・・・の名前だったのですが、まだ釜津田の桜は遠いみたいです。でも盛岡では昨日桜の開花がありました。

ruiさん、お誕生日おめでとうございました(また過去形・・・)。
他のみなさんもありがとうございました。
Commented by 杵島太郎 at 2011-04-21 09:34 x
 牛の出産シーンを、まだナマで見たことがまだありませんが人間の存在感は小さいものですね。そんなスタンバイのなかで、生まれてくる子牛の名前を考えているのも悪くはありませんですね。
Commented by らすかる at 2011-04-21 21:06 x
満開の桜に降り積もる雪、あれは平成5年の4月28日のことでした。
私は「泣き相撲」の出店にお手伝いに行ったのですが、一日の売り上げが3000円のお菓子一つのみ(それも身内のお買い上げ)という忘れられない記憶があります。
あの年は冷夏でしたね~(v v)
翌年の5月に結婚しましたので、あの二年間は忘れられません。
ちなみに、今年も「泣き相撲 春場所」は開催いたします。皆さん、おいでくださいね~(^ ^)v
<< 雪、ありがと。 ページトップ KKK '11 >>
The Original Skin by Sun&Moon