北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
雪、ありがと。
2011年 04月 21日 | |
小窓にもちょこちょこと載せていますが、先日は雪。
一晩ふって、翌朝には積雪レベルC・・・ちゃこの腹下。4月にもたまに冬ことはあるけれど、それにしてはちょっと多すぎる雪でした。
ちょっとうんざりしたけれど、いいこともあった。
ちょうど遊びに来ていた親戚のYくんとMおばさんは、久しぶりの雪、別世界におおはしゃぎ。
降りしきる雪の中、ポーズをとって記念撮影にもう夢中。

二人の自宅は、沿岸宮古市の海っぱた。
自宅はぎりぎり津波があがらず、家族もみんな無事だった。
停電、断水、避難所、たどり着けなくなった近所の家、店。

いろいろな被害があり、いろいろな立場があり、いろいろな悲しみがある。
直接的な被害のなかった私でさえ、まだふと行き先を見失いそうになる。
だからもしかしたら、こう書くと傷ついたりする人もいるかもしれない。
でも、雪にはしゃいだり、「学校がまだ休みだからって、いつまでもだらだらしない!」といつも通り(いつも以上?)に怒ったり、怒られたりしている様子をみると、本当にうれしくなる。
雪、ありがと。
f0236291_1074274.gif


そんなY君は・・・
f0236291_1083947.gif



▼ で、おばさんの車。すっかり雪つぽ。
f0236291_1091217.jpg

by kamatsuta2 | 2011-04-21 10:36 | ■ 日々のこと | Comments(6) |
Commented by 悦ちゃん at 2011-04-21 12:22 x
一年の半分は雪の生活、大変ですね~
それ故、春の来た喜びは大きいでしょうが・・・

喜ぶことも楽しむことも大切な気がします
子供たちは巣立ち、いつもは夫と二人で静かな生活(特に3,11以降はひっそりと)をしています
時々来る、小さな孫娘と一緒にするトランプやかるたが慰めの時となっています
Commented by oshio at 2011-04-21 15:31 x
この時期の雪!
被災地に更なる試練ですね!
Y君とオバサンみたいな明るい人がいると、きっと周りの人も慰められるでしょう~
Commented by BARON at 2011-04-21 18:57 x
あー、夏に訪問した玄関からの風景だ(^◇^)
真っ白ー!4月に降る雪・・・
去年も4月に振りましたよね、こちらも土手の一目千本桜が
満開だったのに雪で重くなったのを思い出しました。
Y君とMおばさま、ご無事でよかったですね、でもすぐ側まで
津波がきたなんて、怖かったことでしょう・・・
Commented by みゆ at 2011-04-22 08:46 x
元気を出そうと思っても、ふと不安になる一瞬がありますが
反対に、辛い毎日の中でもふっと喜びを感じることもありますね。
無邪気に楽しむ姿は、周りの人もうれしくさせて
笑顔の二乗・三乗になりますね(^^)
感激屋の自分がそこにいたら、ちょっと涙ぐんでいるかも。
Y君の成長過程(?)も微笑ましいですね~。

「雪は朝のうちに撮る」 賛成です!
光が重要なんですよー。
Commented by みっち at 2011-04-22 10:13 x
えええ~こんなに雪??先日のモンシロチョウやハウスの件の写真を覚えているだけに驚きました。
それにしても津波怖かったでしょうね…無事でよかったです。
Commented by おっこ丸 at 2011-04-22 10:48 x
今の時期に凄い積雪ですね。
今年のドカ雪の年の駄目押しですね。

そうですか、すんでの所で危なかったですね。
しかし、被災地にお住まいでは、非日常的な事が多く、大変な生活だろうとお察しします。

私はたった2日ですが、千葉県の津波被害があった旭市に災害ボランティアに行ってきましたが、凄い惨状でした。
東北ではこれの何倍も凄い状況なのだろうなと、考えながら帰宅しました。
<< 素敵なスーパー ページトップ 不可解な生き物 >>
The Original Skin by Sun&Moon