北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
素敵なスーパー
2011年 04月 22日 | |
昨日は街へ用事をすませに。
ついでに久しぶりに買い出しをいろいろ。〆は食料。
みりん、ごま油、わかめに昆布・・・ずっと無くなりそうで困っていたものがいっぱいで、そのことしか頭にありませんでした。
これで、残り具合を心細く確かめながらの綱渡り的炊事生活から抜けられる、うれしくてワクワク。
そして飛び込んだ行き慣れたスーパー。
20時35分。

世の中は節制の流れ。震災後の私のまわりももちろんのこと。
そのスーパーも、精一杯の短縮営業。営業時間は20時30分までになっていた。
スーパーの中では店員さんが手際よく閉店準備をはじめていた。
だけど、何も考えずにすっとぼけた顔でやってきた私たちに、みんな笑顔で買い物させてくれた。
それどころか、かえって申し訳ない、とお詫びの言葉も・・・。
短縮営業とあわせて実施されていた節電で店内は暗く冷えていたのに、なんだか店員さんのいるところはほわっと明るく暖かく感じた。

素敵なスーパー、素敵な店員さんたちだった。

f0236291_13385787.gif


<< 素敵な税務署 ページトップ 雪、ありがと。 >>
The Original Skin by Sun&Moon