北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
俺の憧れ
2011年 04月 28日 | |
先日まいたお米の芽も出そろってきたこの頃です。
きちんと出れば、とりあえず一安心。

さて、そんなお米づくり、今年はTAAが総責任者。
以前から、大きなところはTAAが頑張るお米作りだけど、今年はいままで義父が責任者だった種籾の選別から、資材の注文もTAAのお役目に。
世代交代!と言うわけではなく、春先義父が忙しかったため。
いずれにしても、責任者になったTAA。
密かに胸にしまっていたとある憧れを叶えることにした模様。
それは苗箱に敷くシート。土の代わりに使うもの。
近所の人が「いいよー、これ」といつも言うのを、聞き耳たてて聞いていたらしい。
それで今年はそれを導入。資材注文もどこかウキウキ。

が、ものごとは思いどおりにはなかなかいかないものなのです。
責任者一年目。まだ憧れを楽しむ余裕はなかったらしい。

f0236291_5582095.gif


f0236291_5585466.gif


by kamatsuta2 | 2011-04-28 06:00 | ■ 家族暮らし | Comments(11) |
Commented by oshio at 2011-04-28 10:49 x
父上の「ひょんなもの」意味は分かるけど、釜津田語かしら?
いよいよ八十八回の作業開始ですね!
TAAさん、頑張って!
Commented by みっち at 2011-04-28 11:04 x
おお責任者!TAAさんお疲れさまでした。
でも私はAKIさんのわびさび庭園風に模様付けたりしながらかき混ぜている種モミが気になってます♪
あのイラスト内で,義母様義父様もAKIさんも淡々と作業しているのに,1人あたふたしているTAAさん(笑)
確かに消毒したかとか,あれもこれもと確認しながらやっていたらテンパリそうですね~
お疲れさまでした~
Commented by ひろすけ at 2011-04-28 12:53 x
主人の実家は農家です。
もしかして、TAA様憧れのシートを使うと、後々の苗箱洗いが楽になるのでしょうか・・・!?
かつて、嫁らしく?まめに農作業をお手伝いに行っていた頃、当然田植えには何の役にも立たない私・・・出来る事といえば、そう!!苗箱洗い。
・・・これが、結構な枚数で、洗っても洗っても無くならない???
中腰での作業で腰は痛くなるわ、凹凸の箱の隅まで洗おうなどとはりきると指先が痛くなるわ・・・慣れない仕事に、良いところを見せようなどと見栄を張って、えらい目にあった記憶があります。。。
結婚して四半世紀、主人の両親もとうに70歳を過ぎ、義兄さん夫妻も50歳半ば、これからの高齢化社会に、もし手の掛からない農作業グッズが開発されたのなら、大いに喜ばしい事だと❤❤❤
え?お前が手伝いに行けば良いだけだ?・・・ごもっとも・・・(T^T)
Commented by 悦ちゃん at 2011-04-28 13:42 x
便利な新兵器?登場ですね~

責任者は大変でしょうが、やりがいも増すでしょうね~

種もみかき混ぜ中もわびさび庭園を思い出し楽しむ余裕のあるAKIさんにほっとしています♪
Commented by kamatsuta2 at 2011-04-29 06:10
>oshioさん、釜津田語・・・なのでしょうか?ひょんなもので、すっかり聞きなれてしまったのでわからなくなってきました(笑)。

>みっちさん、種もみ、さらさらして描きがいがあるんです(笑)。ほんと、かなりテンパっていて、おもしろかったです(笑)。

>ひろすけさん、苗箱洗い、大変ですよね。ホントのところ、何が「いい」のかちゃんと聞いてないのです(笑)。この果物、目にいいんだよーと言いながら、目の何にいいのかはどうでもいいタイプ。でも確かに洗うのは楽そうですね。楽しみです♡

>悦ちゃんさん、やりがいを感じる余裕もまだないみたいですが、きっとすべてが終わるころ、それをしみじみと感じるのでしょう・・・(笑)。
Commented by さっちゃん at 2011-04-29 07:42 x
うちの実家も種まきしました。人手がいるので、毎年米食うやつは強制参加という父と母に、このときばかりは都会育ちの主人もおぼつかない手つきでがんばります。
今は、ふさふさの葉っぱが見ているだけで涼しそうなくらいに成長しトンネルもはがされ田植えを待ってます。
新米が楽しみ!
Commented by kamatsuta2 at 2011-04-30 05:22
>さっちゃんさん、こちらはまだちょぼちょぼの緑です。でも確かに新米が楽しみ!強制参加、でもみんなでワイワイ、いいですね。
Commented by ねこきち at 2011-04-30 14:44 x
稲作をする方って尊敬してしまいます。
苗作りから刈り取りまで栽培期間が長くて管理が大変ですよね。
夫の実家に田んぼがありますが、稲作は絶対無理~。
畑で自家用野菜作りだってままならないのに。。。
TAAさん、総責任者がんばって下さいね。
Commented by くぼだ at 2011-05-01 16:04 x
シートはロックウールでしょうか。
いいですよね。うちでも今年で三年目になります。
いいことは三つありますよね。

1 床土入れをやらなくいてい!
2 軽い!
3 苗箱が汚れない!

うちではこれにしてから苗箱洗いません。そのまま使っても全然問題ないですよ。

難点は....田植機にもよると思うんですが、欠株が出やすいような...
Commented by pcvsekih at 2011-05-01 21:51
富山からはじめてのコメントします。地図でみると海岸から20kmぐらいですか、このたびの震災にお宅の方は大きな被害が無かったようで、よかったですね。
文章も漫画も面白いので大いに楽しませていただきました。
1,5haほどの田圃を所有はしていますが、今は殆ど他の人に作業委託していますが,かっつては同じ手順で播種作業に今頃忙しい思いをしていた事が思い出させられます。
田植えは一輪二条のクボタの田植え機、稲刈りは二条刈りのバインダーなど人先に購入し、稲作に意気込んだ時期がありました。
「農業は曲がり角にある」といわれて久しい年月が経過し、当地方では若い後継者が慢性的に不足です。私の若かったS30年後半農家にはよめさんが来ない時期もありました。貴方のブログを見て隔世の思いがしました。突然の訪問御免なさい。又読ませてもらいます、宜しく。
Commented by kamatsuta2 at 2011-05-02 06:21
>ねこきちさん、はい、頑張るよう伝えておきます(笑)。

>くぼたさん、えーと、以前はレキメンマットという名前だったみたいです。今年から軽苗くんというかわいい名前に。いいところ、三点、難点も了解です。欠株、よく見ておきます。

>pcvskihさん、はじめまして。こちらは震災の被害はありませんでした。ご心配いただいてありがとうございます。農業は曲がり角・・・ついでにあと二回、三回、ぐるりと回って本道になれるよう頑張らないといけないですね(笑)。こちらこそまたお待ちしています。
<< アダモちゃん ページトップ 風を読む人々2 >>
The Original Skin by Sun&Moon