北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
こファン
2011年 05月 30日 | |
それはある冬の終わり―3月の初めの頃のことでした。
そんな時期とは関係ないのですが、釜津田には言葉の後ろに「こ」をつける習慣があるのです。
「飴っこ」、「牛の子っこ」、「苗っこ」、「粉っこ」。
ちなみに最後の「粉っこ」は「こなっこ」じゃなくて「こっこ」です。
名詞だけじゃなく、形容詞にもついたりします。
一番メジャーなところでは、「きれいこ」。
「おらぁ、今日の山はきれいこだこと」といった感じです。
いずれにしても「こ」付き言葉が結構好きです。だってちょっとかわいいし。
それに特に「きれいこ」なんかは、「こ」をひとつつけただけで、一気にきれいさが増すような、実感がこもるような、そんな感じがして好きです。

――― そう、実は、私は「こ」ファン。
そしてそのファンが高じると、だんだんと調子に乗ってくるタイプみたいです。

f0236291_15362254.gif


<< お弁当の日 ページトップ 牧区長の一日 >>
The Original Skin by Sun&Moon