北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
お先にどうぞ♡
2011年 06月 13日 | |
婆ちゃんは、少し厳かにカ~ン、カ~ン、カ~ン。
義父は、カン、カン、カン。ちょっと力強く。
義母は、カン、カン、カン、カーーーーーン。後半ほど音を大きくそしてちょっとリズムに乗せて。
TAAはカ、カ、カーン。ちょっとせっかち。
私は、カン、カン。ドアをノックするみたいに。

それは仏壇の鐘(りん)を鳴らす音。仏様にそうして手を合わせるのはわが家の毎朝の日課です。
そして同じような鐘の音を、初物―山菜、アスパラ、二十日大根、これからならササギにオクラ、山や畑で初めて何かがとれた日にも鳴らすのも決まりです。
いや、決まりというよりはまず仏壇へ持って行って、仏様へ「お先にどうぞ」。ちょっとそんな感じ。
もともと仏壇のない家で育ったせいかあまりそういうことになじみもなくて、仏様と聞いても実はあまりピンともきていなかったけれど、じいちゃんが仏様の仲間入りをしてからはそれが妙にすんなりできます。
「じいちゃん、今年もとれたよー。お先にどうぞ♡」私にとってはそんな感じ。
そして、そんな習慣も悪くないなぁ、と結構真面目に思います。
少しだけ、気持ちがほんわりしてきます。

が、物事は時とモノによるのが常。
昨日は初イチゴ。イチゴはみんなの大好物。
そして外は炎天下。喉がどうにも乾きます。運よくイチゴはとってもジューシー・・・。

じいちゃんはじめ仏様には、初イチゴが採れたこと黙っておくことにしました。
じいちゃんはじめ仏様たちの懐の大きさを確信し、初物の習慣―お先にどうぞ♡は結構ゆるめ。
私じゃないです、念の為。


f0236291_9462439.gif



▼ みんな大好き採れたてイチゴ。何かと事件の多い場所。
f0236291_10104314.jpg

by kamatsuta2 | 2011-06-13 10:31 | ■ 日々のこと | Comments(11) |
Commented by みっち at 2011-06-13 10:46 x
あら!
でも御先祖様ですから、『ったくしょーがねーなー次のはくれよ~』と子孫に言ってくれてそう(笑)
或いは…『俺もよくやっちまったな。やっぱ血だな』かもしれない??
Commented by 悦ちゃん at 2011-06-13 12:17 x
イチゴは美味しいですよね~
「イチゴは嫌い!」と言う話は聞いたことないです

一昨日、スーパーでイチゴを見かけ買ってきて食べたばかりです
採れたてだったら甘さも格別でしょうね~
TAAさんがつまみたくなる気持ちがわかります!!
Commented at 2011-06-13 13:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by とやまのAKI at 2011-06-13 14:43 x
ジューシーなイチゴ美味しそうですね☆
来年はうちの畑にも植えてみようと思います!
昨日我が家の畑で初めてズッキーニが取れました。
うちのは旨いな~と思ってしまいますね。
Commented by aya at 2011-06-13 18:44 x
仏壇の鐘の音にもそれぞれ個性がありますね。初物もやっぱり仏様が一番!ご先祖さまから連綿と受け継いできてるんですね。素晴らしいです。
いちご?誰かさんみたいに一個いただき~(笑)自分もだ!
ポコンと出たデントコーンの芽かわいい~
Commented by あっこちゃん at 2011-06-13 21:30 x
イチゴをめぐるプチ事件発生! 登場人物それぞれのキャラクターが分かるようで笑えました。

いい習慣ですね、初物はお仏壇にお供えしてからいただく。でも、それは時とモノによりけり。結構ゆるめなところがまたいいですね~。(笑)仏様もニコニコしながら、「ありがとう」って言っていると思いますよ。
りんの鳴らし方にも性格が出るのかも。おもしろいですね。ちなみに、私はカン、カン、カ~ンです。



Commented by ろうばい at 2011-06-13 22:21 x
へ~ カンカンにも個性があったんですね~
性格がでてしまうかも しれません
初物 そうでした 小さい時から 「初物はほとげさんにあげでがら」と言われてましたよ~
ウチじゃ 東を向いて 笑って食べるで 人間様がイチバン!に・・・
仏壇が無いので
Commented by 丹波梅雨丸 at 2011-06-14 00:23 x
(窓に帰し やもりのために 灯を消せぬ)・・・ちょっと久し振りです。(パソコン故障してました)仏の話が有りましたので明かしますとますと、自分は僧侶をしています。AKIさんの感受性、順応力、適応力、描写力、自己をけれん味無く素直に出されている様子に拍手を送ってましたし、貴女様のコメントを楽しんでいました。いいお話を有難うございました。他の皆様も同様なのでしょうと、推測しています。私は「俳句」「川柳」の表現が合っているようで、毎回書いて(描いて)いますが、AKIさんの表現と重なる「ひびき合い」を感じています。今回は少し深い「作」になりました。今後も宜しくお願いいたします。
Commented by kamatsuta2 at 2011-06-14 05:14
梅雨丸さん(梅雨になったのですね~)、こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。大したあれ(何?)じゃないですが、楽しみにしていただけると私も書くのが楽しいです♡

他のみなさんも同じく、いつもありがとうございます。イチゴぱくり、実は私も手が出そうなのをぐっとこらえたところだったのです(笑)。つい・・・ってこと、ありますからね(ということでごまかす)。
今日はお返事まとめてにて♡

>takkaさん、「義」はだんだんにとってもいいものだったのですね。知らなくて、今回びっくり!それから、いろいろお見舞い申し上げます。釜津田から応援しています!
Commented by 夏海 漁 at 2011-06-15 01:03 x
お久しぶりでした。
田舎の人たちは仏様を大事にするっていうの、メチャクチャよく分かります。
ウチの実家が、まさに同じことしてますから。
もっともオヤジは高齢ですから、農業という現役からは退いていますが。
息子の私といえば、実に罰当たりな性格だと言われても仕方がありません。
我が家には仏壇もなければ、生産するものもありませんから、昔見て育った毎朝の儀式など忘れてしまいますよね。
年に一二度帰った時などは、ついつい仏壇に線香あげることさえ忘れているんです。ほんとに罰当たりですよね。

Commented by kamatsuta2 at 2011-06-15 05:03
>夏海さん、いや、うちも実際は同じようかも・・・。ゆるめです(笑)。それでも、心のどこかにそういう習慣というかがしみ込んでいる感じはします。以前の私は、忘れることも忘れているというか、そもそも知らないというか・・・。うちの実家(のまわり)にも仏様はいたはずなのに!?
<< 神様の盃 ページトップ 家庭のホラー2 シンク編 >>
The Original Skin by Sun&Moon