北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
お先にどうぞ♡
2011年 06月 13日 | |
婆ちゃんは、少し厳かにカ~ン、カ~ン、カ~ン。
義父は、カン、カン、カン。ちょっと力強く。
義母は、カン、カン、カン、カーーーーーン。後半ほど音を大きくそしてちょっとリズムに乗せて。
TAAはカ、カ、カーン。ちょっとせっかち。
私は、カン、カン。ドアをノックするみたいに。

それは仏壇の鐘(りん)を鳴らす音。仏様にそうして手を合わせるのはわが家の毎朝の日課です。
そして同じような鐘の音を、初物―山菜、アスパラ、二十日大根、これからならササギにオクラ、山や畑で初めて何かがとれた日にも鳴らすのも決まりです。
いや、決まりというよりはまず仏壇へ持って行って、仏様へ「お先にどうぞ」。ちょっとそんな感じ。
もともと仏壇のない家で育ったせいかあまりそういうことになじみもなくて、仏様と聞いても実はあまりピンともきていなかったけれど、じいちゃんが仏様の仲間入りをしてからはそれが妙にすんなりできます。
「じいちゃん、今年もとれたよー。お先にどうぞ♡」私にとってはそんな感じ。
そして、そんな習慣も悪くないなぁ、と結構真面目に思います。
少しだけ、気持ちがほんわりしてきます。

が、物事は時とモノによるのが常。
昨日は初イチゴ。イチゴはみんなの大好物。
そして外は炎天下。喉がどうにも乾きます。運よくイチゴはとってもジューシー・・・。

じいちゃんはじめ仏様には、初イチゴが採れたこと黙っておくことにしました。
じいちゃんはじめ仏様たちの懐の大きさを確信し、初物の習慣―お先にどうぞ♡は結構ゆるめ。
私じゃないです、念の為。


f0236291_9462439.gif



▼ みんな大好き採れたてイチゴ。何かと事件の多い場所。
f0236291_10104314.jpg

<< 神様の盃 ページトップ 家庭のホラー2 シンク編 >>
The Original Skin by Sun&Moon