北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
乾草取りの思い出
2011年 06月 20日 | |


f0236291_12504270.gif



これまで長いこと黙っていましたが、
実は乾草取りでは、毎回、毎回、いつだって喧嘩がつきものでありました。
きっかけはそのときは深刻だけど、ふりかえれば単純。
集草機の重い扉をあけるのをTAAが手伝ってくれなかったとか、声をかけたのに返事をしてくれなかったとか、こっちの草を集めていたらあっちの草を先に集めろと言われたとか、ガリガリ君(アイス)が今食べたいとか、石につまづいたとか。
聞けば近所の人たちも乾草取りではいつも喧嘩になるのだと聞きました。
暑さからくる疲れなのでしょうか、天気がいいうちに少しでも多く乾草を集めなければ!という焦りからなのでしょうか、はたまた、黙々と続く作業はふと過去のちょっと腹立たしかった出来事を思い出させがちだからでしょうか・・・。
いずれにしも、乾草取りでは喧嘩はつきもの、少なくとも多少のイライラやカリカリはつきもの、そんな風に思っていました。
けれどまぁ、どういうことでしょう。
今回はなんと喧嘩なし。

なんだかんだと毎年二回、それが約10年で今回多分約20回目。
奇跡は突然やってくる。

▼ いい天候の中での乾草とりでした。炎天下とも言うけれど。
f0236291_12515765.jpg

<< 無ケンカの訳 ページトップ 神様の盃 >>
The Original Skin by Sun&Moon