北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
蒸散、光合成、水、光。
2011年 07月 22日 | |
唐突ですが、最近よく、オクラの気持ちを考えます。
今、オクラは出荷の最盛期。つまりはオクラがぐんぐんぐんぐん育つ時期。と同時に、ぐんぐんぐんぐん上手に育てる時期でもあるわけで、そのためにはいろいろ手入れが必要な頃。
そんなとき、あれこれオクラの気持ちを考えるのです。
今日はこんなに暑いもの、オクラも水をのみたいかも。そして水やり。
明日の朝はちょっと冷えそう。オクラが凍えないようにしなくっちゃ。そして夕方ハウスをいつもよりちょっと丁寧にしめておく。
そしてきれいな花がいっぱい咲けば、今日は機嫌がいいのねぇ、そんな感じ。
でも、よくよく考えてみれば、オクラの気持ちはわかりません。意思の疎通は極めて困難。オクラへの愛は、いまいち私の一方通行・・・それが悩ましいところです。

そんな中、先日、オクラづくりの指導会がありました。
近所の畑が会場なので、私的通称、青空指導会。シーズン中、二、三回開かれて、その時期にあったいろいろなアドバイスなどを聞いたりできます。
そして今回は「水やりは朝、夕、どちらがよりいいか」について質問がありました。
そしてそして、それに対し、指導員さんは言いました。
「えー水はですね・・・、蒸散ですから・・・、光合成を考えれば・・・、光が・・・。つまりは、オクラの気持ちになって考えてみましょうってことですね。」

蒸散、光合成、水、光・・・その昔、教科書の中にあった言葉がいきいきとそこにありました。
そうか、オクラの気持ちってそんなところに隠れているんだ。妙に納得してしまいました。
というわけで、蒸散、光合成、水、光・・・その四つの言葉になんだかすごくときめいています。

f0236291_1414844.gif


Commented by クロラブ at 2011-07-22 17:41 x
美味しいオクラを育てるには、勉強会も必要なんですね。
AKIさんは何をやっても楽しんでるようで、愛情をたっぷり受けてる
オクラはさぞ美味しいことでしょう。
オクラさんが羨ましいですね。
オクラ農家のAKIさんに質問があります。
我が家のオクラの葉っぱの先の方を切って、クモの巣みたいな糸で丸めて、葉っぱを食べてしまう不届き者がいて、困っています。
丸められた葉を開いてみると、よくキャベツやカリフラワー等の中に入っている、ちょっと細長い黒い虫や小さい青虫が入っています。
去年も同じ虫に葉っぱを食べつくされて、無残な姿になったオクラでした。
AKIさんのオクラには、こんな虫付いてませんか?
何かいい対処方法ないでしょうか?
営農相談になっちゃってごめんなさーい。
Commented by あっこちゃん at 2011-07-22 18:42 x
新しいPCに買い替えて3ケ月足らずなのに故障してしまい、PCクリニックに入院?するはめに。8日ほどの入院で、きょう、我が家に帰ってきました。やっとブログが見られるようになりました。うれしいです♪ 読めていなかった記事を一気に読みました。

オクラの収穫も盛況のようでなにより。がんばっていますね。岩泉ヨーグルトも食べてみたいです~。小鳥のようなお義母様には思わずニヤリ、微笑ましかったです。

これからもまた楽しませてくださいね!


Commented by あすぴか at 2011-07-22 21:14 x
うーむ(-_-;)

微妙ですね。

オクラの気持ちですか・・・


迷回答ですね(^ー^)
Commented by yamahiko at 2011-07-22 21:19 x
ヤッホー!!英彦山からです。
そうですね、水やりは難しい。少し盆栽をやっていますが先輩から、「水やり3年、イヤ10年かな」と脅かされました。
でも水がジュワ―と土にしみ込むと、植物が喜んでいるのが分かるものです。その時間、好きです。
Commented by おっこ丸 at 2011-07-23 06:57 x
ええー、水は蒸散(蒸発と違うの?)ですから、朝の水やりは気化してしまいますので、オクラの喉(喉はないか・・・)を潤しません。それに昼間は水が高温になり、オクラがやけどします。なので、水やりは夕方にしましょうネ。
でしょうか?農作業のノウハウ全くなしの私の邪推です。
Commented by 悦ちゃん at 2011-07-23 09:48 x
なかなか相手の気持ちを考えられず、自分目線で判断してしまいやすいです
しかしAKIさんは、人間どころか植物の気持ちまで考えられる・・・何と深く優しい心根の方なんだろうと感心しました

私も生物大好きでした  その日から40年以上の歳月が流れました
Commented by aya at 2011-07-23 15:50 x
オクラの栽培は難しいですね。たった2本植えました。
かわいらしい実が空を向いて実りました。欲深な私はもっと大きくなぁ~れ!と大分大きくなってから収穫♪
悲しいかな~フワフワの実と思いきやかた~い!包丁でも切れないのです(笑)収穫の時期って大切なんですね。そして光合成や水の按配等々  納得です。講習会の皆さんは真剣そのものですね。これからはスーパーで買います(笑)
祝♪  いわいずみ歳時記7月編 リスタート!本当に良かったです。ほのぼのとしたイラストで又和ませてください。
Commented by ヒロ at 2011-07-23 18:23 x
素敵♪オクラへの愛がジ~ンと伝わりますぅ。
我が家も只今最盛期!
実は、昨年初めてオクラに挑戦し、悪戦苦闘。
もうね、ジャングルになっちゃって、収穫の度、一苦労ざんした。
折しも愛読していたアキさんのブログにオクラが登場!
更に、すっきりなアキさんのオクラハウスに仰天&目からウロコ!
で、うちも今年はアキさん(プロ)を真似っこです~。
脇芽や収穫した後の葉っぱをバッサバッサ切り落としてみました。
昨年は勿体無いからと全部残していたんです~(汗)
おかげで収穫もスイスイすらすら。
大きなオクラの葉っぱの下の意外な涼しさも発見しました。
農嫁事件簿は楽しいだけじゃなくて、すっごく勉強になります♪
Commented by さくら at 2011-07-23 21:31 x
オクラに限らず、多くの植物は日中の光合成の為に朝に水をやるといいと聞いたことがあります。もちろん、朝夕どちらかといえば、だとおもいますけど。
「そうねえ、まあ、どっちかっていったら、朝一番に飲みたいかしらねえ、お水。」って感じなのでしょうか、オクラのキモチ。
きっと、うちで食べる野菜たちも、こんな風に心を込めて育てられているんだろうなあ。ありがとう、AKIさん。
Commented by kamatsuta2 at 2011-07-24 13:14
講習会での水やりの結論は、結局、みなさん(私たち)の研究のしどころ!的な感じでした。そんなものなのですね、きっと(笑)。でも朝派、夕派、どちらもいて面白いです。私は最近は朝派です。まだお試し期間です。yamahikoさんの、「水やり3年、いや10年」は名言かも!

他のみなさんもありがとうございます。今日はまとめてのお返事で♡

あと、クロラブさんへ。
いますよ、うちにも、その糸巻き小僧(?)。たまに見かける程度なので、ひらいて虫をとるか、葉っぱも痛んでいるようなら思い切って葉っぱごととっちゃいます。沢山でたら・・・やっぱり薬かなぁ。でもなるべくかけたくないので、早め早めに退治がいいかも、と思っているところです。参考になればいいですが!
Commented by 丹波夏丸 at 2011-07-25 02:52 x
日差しがキツウ~成る時は5~6時まで。通常じゃ陽の納まるころ。炎暑の時は日影をつくるか、根元に水やります。葉っぱには炎暑時は掛けないようにしますよ。名人の父がしていたので・・・土や葉の様子を見とったら解かるような気がします。指導員さんは知らないような(アホなツッコミか)唯、植物によっては量の加減も・・・鉢植えプランターはとくに量が(種類・鉢の深さによって)変わってきます。やり過ぎか否かは植物に聞けたらエエのんやけど・・そのつもりでやらしてもうてます。(植物語 聴ける達人 いずこやら)・・父にもっと尋ねたし
Commented by 森下礼 at 2011-07-25 08:22 x
今回のブログを読むと、「地水火風」の四大元素説を連想します。あえて言うなら「光合成」=地、「蒸散」=火、「光り」=風と言った具合になるでしょうか。
Commented by kamatsuta2 at 2011-07-25 08:31
>夏丸さん、いろいろ勉強になりますデス!やっぱり基本は土や葉の観察なのかなぁ、と。頑張ります♡

>森下さん、地水火風と聞い風林火山を思い出してしまいました。せっかくの素敵なコメントなのに・・・(笑)。
<< コンコン ページトップ いわいずみ歳時記 リスタート!... >>
The Original Skin by Sun&Moon