北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
ご時世 二話 ~共進会の報告と牛肉問題について~
2011年 07月 29日 | |
先日お話したとおり、先日牛の共進会がありました(先日がいっぱい)。
共進会は牛の品評会。基本的に雌牛(今回は特に母牛)対象なので、牛の美人コンテストのようなもの、といったところ。そしてわが家からは、先日お話した通り(また先日だ) 、かねりん~本名かねよし、三歳、好きなもの牧草~が参加しました。
かねりんは、わが家の期待のホープ。気持ちもやさしいいい牛で、手入れにも特にも力がはいったものです。
でも残念。他を追随することもなく、あっさり落選してしまいました。
順位で言うと、順位をもらえないくらいの順位です。
それだけでも十分がっくりなったのに、今回、そのことと並ぶ、いや、そのこと以上に悲しいことが。

共進会。
みんなが密かに目指すのは、なんといっても一等賞。
けれど、審査が進むにつれて、「何も一等じゃなくたって入賞だけで十分、十分」→「なぁに、となりのあの牛に勝てればいいさ」→「なぁになに、出れることがまず大事だよな」→「まぁいいか、参加賞だけでももらって帰っぴゃぁ・・・」
共進会。最後の砦は参加賞。
あぁ、それなのに。それなのに・・・。

f0236291_1237427.gif


でもいいこともあったかも。だとすれば、それは以下の3つかも。

f0236291_12381913.gif


f0236291_12385048.gif



そして。
ご時世つながりで、原発事故による牛肉の問題について私見をやっぱり。ちょっと真面目に。

しばらく前から、原発事故の影響による牛肉の出荷停止がこちらでも話題になっています。
短角牛肉を含む岩手県産の牛肉も現在は出荷自粛、そして近々出荷停止措置の対象になる見方が濃くなっています(まだ未決定事項なので、そうならなければいいな、とも思っています)。
ただそれはあくまで安全確認のために必要な措置であり、時間であろうと願っています。
少なくともこちらの牛については、問題の中心となっている稲ワラについては基本的に自家産あるいは地域内産のもの。それらを与えながら原発事故後に出荷した牛肉についても、取扱い業者の方たちの自主的検査の結果では、当面のところ問題となる放射性物質は検出されていないと報告されています。
牛たちのいる放牧地、あるいは春先に一番草をとり、これから数日もすれば二番草を刈る牧草についても、関係機関からの許可の中で適正に取り扱っているつもりです。
そして、出来る限りの安全の確信が一日も早くもてるよう、時には自粛をふくめ、規制や様々な措置の中に身をおいて、私たちもできるだけのことをしていかなくてはいけないと考えてもいます。
もちろん、それですべてが解決か、といえばそうではないとも思います。
でも、それは申し訳ないことかもしれないけれど、今できることはまだそれくらい。でもだからこそ、そこにだけは少なくとも責任をもてるようにしていかなくてはと思っています。
とはいえ、目の前にいる牛たちはいままで通り。何もかわらず。
感情的になることなく、冷静にそしておだかに、そんな目の前の牛たちとの暮らしを大事にしていきたいとも思っています。
これからも、牛の話や藁や牧草の話、いろいろかきたい毎日のはず。
何か問題がみつかったり、新たな事実がでてきたときにはご連絡、ご報告します。
それがない限り、どうぞ気楽に心穏やかに牛や牛の日記を見て、読んでいただけますように。
一日も早く、牛も人も日本全部、みんなが心置きなく自分の日々をすごせるようになりますように、心の底からそう思うこの頃です。



と、いうわけで、最後の最後に共進会スナップ。全4枚!(←ちょっと半端)

▼ 共進会スナップ1:共進会は青空がよく似合う。
f0236291_124039100.jpg
▼ 2:白線前が憧れの上位陣。中央で白熱しているのは審査委員長。 f0236291_12413445.jpg
▼ 3:つなぎ場では最後の手入れ。
f0236291_12432123.jpg
▼ 4:そしてオツカレ~。かねりん&かねゆきちゃん。
f0236291_12451553.jpg


今回は、ちょっと長めな真面目な話つきでした。疲れさせてしまったらゴメンナサイ。でもどうしても書いておきたかったのです、お許しを。
by kamatsuta2 | 2011-07-29 12:57 | ■ 牛のしごと、牛のこと | Comments(21) |
Commented by mikkoなり at 2011-07-29 14:19 x
参加賞って結構控えめに大事だってりしますよね。
ご時世ではまた、岩手県の牛もつらい時ですかね・・・・(><)
どうにか、つらい苦しいこの時代!!
牛さんがAKIさんがTAAさんがご家族が・・・
つらい想いをしなくて済みます様に・・・
神様お願いします。
Commented by 農家の嫁ファン at 2011-07-29 15:08 x
疲れるどころか、とても大事なお話、農家さんのなまの声ですよ。
日々の仕事にはげんでおられる農家さんにも、牛さんにも、何の罪もないことですよね、いまおきている問題は。
本当にみんなが、心おきなく、当たり前の日常をすごせるよう祈っています。
Commented by どん at 2011-07-29 15:29 x
こんにちは。
毎日ニュースを見聞きするたび、不安になっておりました。
色々きけて、よかったと思っております。

本当に早く以前のような生活に戻りたいと思うばかりです。。。
ただ、自然をあなどるようなことは以前のようにしてはいけないけど・・・自然と共生しつつ・・・
Commented by 悦ちゃん at 2011-07-29 15:41 x
白い花が咲いた後の赤い可愛い実のヤマボウシ・・・AKIさんのブログで知るまでは見落としていましたが、最近はしっかりと目でキャッチできるようになりました

お土産は幾つになっても楽しみですよね~
残念無念でしたね~
Commented by aya at 2011-07-29 16:14 x
精根込めて育てた牛さんの共進会、悲喜こもごもですね。しかしご時世とはいえ参加賞もないなんてあんまりです。どの牛を見てもつやつやして丸々と堂々として素人目には変わりませんのにね。
県南地方はホットスポットでかの有名ブランドの牛肉も店頭にはありません。よもやこの様な事になろうとは夢にも思いませんでした。肉が食べられないのが悲しいのじゃありません。生産者の方々を見てきている私達はこんな不条理があっていいのかという怒りでいっぱいです。あの牛達の優しい目を見る時悲しみの目ではなく楽しく見られる日が早く来ますように祈るばかりです。
akiさん達もめげずに頑張って下さいね。水色のコートが日増しに様になってきますように~♪
Commented by miho at 2011-07-29 17:31 x
AKIさん、現場からのご意見、大切に読ませていただきました。ありがとうございました。
私の方、直接的には関係ないとはいえ、但馬牛の畜産業の知人、松阪牛の販売店の知り合いがあり、第一線の方々の尽力やご苦労を知って重く受け止めている問題です。
そして業界のみなさまが、粛々と業務を続けて行かれることに応援の気持ちでいることしかできません。

また、楽しい牛さんたちのお話、待っておりますので。
Commented by こしあぶら at 2011-07-29 18:43 x
こんばんは!
私も昨日、牛の出荷停止措置がされるというニュースを見て、
すぐにあきさんのところの牛を思い浮かべました。

宮城県などは、県で独自に前頭検査体制を整えていた矢先の事だそうですね!
ちっとも疲れませんので、書き残しておきたい事は是非どうぞ-☆

Commented by てる。 at 2011-07-29 21:50 x
なにが、などなっか、わがんねぇども、
なにが、などなっても、がんばるしかねぇべぇし。

そうやって、ご先祖さまもがんばってきてけだおがげで、
ぉぃらがどうが、いるんだべぇし。

まずは、
はぶ・あ・ないす・ささぎ+おくら、です。
ほんでぇば。
Commented by あっこちゃん at 2011-07-29 22:00 x
酪農家にとって、共進会は、晴れ舞台なのかもしれませんね。皆さん、うんちくを語りながら、なんとなく楽しそうです。参加賞がないのは残念ですが、このご時世、仕方がないのかな。

でも、原子力の事故は、仕方ないでは済まされませんね。
今まで、原子力のことは聞き流していました。深く考えたこともありませんでした。私は無知、無力ですが、なんとか世界中の英知を結集して、良い方向に向かってくれることを祈っています。
ニュースを聞くのがつらい毎日です。
Commented by かねとしがばなー at 2011-07-29 22:03 x
せっかく東北地方が震災の被害から立ち直ろうとしているというのに、残念でなりません。
福島・宮城両県産の肉牛の肉から放射性セシウムとやらが基準以上の検出されている件、ちょっと騒ぎすぎではと、個人的には思います。
確かに体に入れないほうがいいということはわかるんですが、セシウムとやらよりも体に悪そうな食品添加物や農薬などに代表される化学物質に囲まれた生活をしているのだから、そちらのほうがもっと体に害があって深刻だと思うのですが…。
放射線とか放射能とか言う言葉に、敏感になりすぎな気がします。
正直徳島は、福島からも離れているので、放射線な度について実感がわきません。
個人的な意見ですが、不快に思われたら、すみません。
Commented by やすこ at 2011-07-29 22:26 x
はじめまして 神奈川在住の家庭菜園istです。
まいにち楽しく拝見しています。
日々の暮らしと動物たちとのやりとりに興味しんしん。
短角牛さんたち、素晴らしい環境で暮らしているんだナーと思います。
オートバイの大会で何度かお邪魔した岩泉の、のびのびした山と川、私は大好きです。
(盛岡の「大地」でいただく牛さんもだいすき・・)

あの山河が絶対に汚されないように!と心から祈っていおります。
神奈川にはすでに飛んできちゃったものがあります、、でも畑の土を測定してもらいつつ、値が大丈夫な間は野菜をつくり続けます。
毎日の暮らしをいつも通りにする、が大切かなとおもうのです。
これからも釜津田の暮らしのこと、たくさん書いてくださいね。
期待しております。

Commented by 尼御前 at 2011-07-30 04:48 x
いつも楽しく読ませて頂いています。54歳のおばさん(アキちゃんのおかあさんぐらい?)です。東北地方に親戚や知り合いがいないので、今回の地震や津波のとき、一番にアキちゃんのことを思いました。地図が頭に入っているので津波は大丈夫!と信じていましたが、今回の稲わらや牛肉の出荷停止問題はストレートにアキちゃんの御家族、地域にとって大きな問題になっているだろうなあと案じていました。もちろん、そんな疑いのある牛さんでないことは解っていますが、皆様方の心労を思うといたたまれません。ホントに一日も早く原発問題が終息してくれることを願っています。頑張れ~~アキちゃん、釜津田!遠く関西から応援していますよおお~(*^_^*)
Commented by yamahiko at 2011-07-30 08:00 x
ヤッホー!! 英彦山からです。
共進会の顛末、ヨ~クわかりましたよ。
頑張りましたね。
そして今回の牛肉の問題についての、AKIさんの考え、拝見しました。
遠く九州は福岡県から、エールを送りますよ。

  やまひこ
Commented by うるかす妻の夫 at 2011-07-30 09:55 x
こんにちは。(ブログは毎日?見ているけれど、)久しぶりにコメントを書きます。

共進会、残念でしたね。写真を見ていて「いつか、私も見学?したい」と思いました。
牛肉問題の件。福島から始まり徐々に拡大していく様子を見て、「AKIさんのところ、大丈夫かな?」と心配しています。
この問題、早く終わることを願っています。
Commented by Akii at 2011-07-30 12:22 x
 釜津田を離れてから、この件についてはひそかに心配していました。おちゃらけ口調(失礼!)で書かれることが多いAKIさんのブログで、こんなに真剣なカキコは初めて(またも失礼!)見たような気がしますが、それだけ深刻な状況になっているのだと改めて知りました。
 けれども、やっぱりこういうふうにAKIさんの本音の吐露(いつも本音ですよね、みたび失礼!)があると、「確かにあそこの牛肉は、外部のものが入ってない」と改めて納得しているのでした。
 何の罪もない釜津田の牛さんたち、そしてそれを飼育している皆さん、出口はまだ見えませんが、きっと見えてくることを祈ります。共進会は一つのコンテストでしょうから、その結果にとらわれることなく、平均点の高い牛さんを育てられますように。
Commented by BARON at 2011-07-30 18:31 x
AKIさんの真剣な気持ち、よくわかりましたよ、しっかりと
受け止めさせていただいたつもりです。
早くこの問題が良い方向に解決するように心から願って
いる一人です。
宮城県南に住んでいる私にとっても放射線はもちろん他人事では
なく、年間の線量なんかが子供たちに大丈夫だろうかと気になって
いますが、日々の暮らしは待ったなし、悩んでいても一日は一日、
楽しく、感謝しつつ過ごしたいものですよね(-^〇^-)
Commented by あきこ(本名) at 2011-07-30 21:50 x
牛を大切に可愛がって育てていらっしゃる様子をここで拝見しています。今、現実を受け入れて冷静に対処していらっしゃる様子、立派だとおもいます。放射能問題の早い解決を心より願い、気持ちだけではありますが心を馳せ、応援しています。
Commented by ドラ at 2011-07-31 01:10 x
みんなが心おきなく自分の日々を過ごせますように -- ほんとうにそのとおりです。またまたほっこりさせていただきました。
Commented by kamatsuta2 at 2011-07-31 07:49
沢山コメントを寄せていただいて、いつもに増してありがとうございます。土、日はあまり事態の進展が報告、報道されないためか、私も少し深刻になりすぎたか・・・と思うくらいです(笑)。でも、どうなってもどうにかできるよう、心積りはいろいろしておかなくてはですね。それよりも新潟、福島の豪雨、心からお見舞い申し上げます。(震災の時、沢山ご心配や励ましをいただいたので、その分もここで!)

いろいろ悩ましい出来事も多いご時世ですが、前向きに乗り切れるよう、頑張りたいと思います。今日もまとめてお返事にて。いつも読んでくださって、本当にありがとうございます。書いて、読んでいただけると、いろいろ方の力が抜けることも多いのです。えへ。

追伸:Akiiさん、釜津田から離れても、いつまでも心は釜津田で。世界の果てまで追いかけていきますよー。それが釜津田(笑)。
Commented by らすかる at 2011-07-31 20:54 x
放射能と肉牛の問題はこちら県南でも大変です。
うちの生産者さんのお宅でも息子さんが肥育牛(肉牛)生産者なのですが、大打撃をこうむっているようです。
こんな離れた場所にも「放射能」は迫ってくるのだと実感しているとともに、それを生活の糧としている方々の心労を思うと心が痛みます。
AKIさんも頑張って下さい!一刻も早い放射能汚染からの脱却をお祈りいたします。
Commented by kamatsuta2 at 2011-08-01 08:58
>らすかるさん、はい、頑張ります。わが家は繁殖牛なのですが、それでもキリキリ。それに肥育と繁殖は一心同体。ともに見事な脱出をめざします!
<< ホタルの夜 ページトップ はじめての牛洗い >>
The Original Skin by Sun&Moon