北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
キツネ退治の思い出
2011年 08月 04日 | |
今日は朝から猛烈な暑さ、の釜津田です。
先日の、寒い、寒いの話はもうすっかり忘れ、暑い、暑いと唸る今日。

さて、そんな暑さの今日とはあまり関係ないですが、
先日、キツネ退治をしました。
キツネは冬に多いけど、この時期のキツネもいるのです。
そして先日はそんなキツネ退治。
大きいのから小さいのまで、一匹キツネから大群のキツネまで、いろんなキツネが沢山いました。
えいや、えいやと、張り切ってそんなキツネを退治しました。
あ、言い忘れましたが、キツネはギャッギャッと鳴くタイプではなく、田んぼにすくっと生えてるタイプです。
キツネみたいな田の雑草です。

ひんやりとした水が足と手に思いのほかとても気持ち良かったです。
見落としたキツネを指摘されたTAAが悔しそうな顔をするのも思ったとおり、とても気分のよいものでした。
f0236291_11155640.gif



正直に言うと、実ははじめて田んぼの草取りをした私です。
TAAに声をかけられて、へー、そんなのあるの?と繰り出した次第。
この10年、いったい誰がいつ?謎深まり、ひとりこっそりわが身を振り返る、初キツネ退治の夏の日でした。

▼ キツネ退治in田んぼ。
f0236291_1117116.jpg
▼ そして小ギツネ。
f0236291_1117474.jpg
▼ 大ギツネ。本当はこうなるまでに退治したいところ。
f0236291_11182354.jpg

Commented by yamahiko at 2011-08-04 14:17 x
ヤッホー!! 英彦山からです。
そうかオモダカは、そんな草だったのか・・・。
メダカの水槽にいれて楽しんでいましたよ。白い花が可愛いです。
AKIさんたちを苦しめていたんですね。
オモダカに変わり、お詫び申し上げます。
ところで、ここ英彦山でも昨日から「猛暑」になり、今年初めて30度を超えました。
こちらはどんなに暑くても、27・8度くらいなので、避暑気分~~、などと呑気なことを言っていたので、30度を超えたなどは、もう、ニュースです!

バテないように。
ではまた    yamahiko
Commented by rubico-teji at 2011-08-04 14:42
キツネ、まさに!
そして、最後の正式名称を見て、また親近感。
というのは私の父方の家紋が「立ちオモダカ(沢瀉)」なので、絵ではいつも目にしていたのですが、本物を初めて見ました!
感動。
本当に絵の通り、というより、家紋よりももっとマンガっぽい?(笑
いつも楽しく拝見しています。
Commented by MakiMakiMacci at 2011-08-04 14:57
こんにちは!
キツネ退治?!とびっくりしました。本当、キツネみたいですね!おもしろい!でも、雑草だからおもしろいなんて言っていられないですね。
お疲れ様でした!
Commented by クロラブ at 2011-08-04 17:01 x
本当だ!!キツネの顔だ!!AKIさんの観察力、表現にはいつも感心させられます。絵も楽しさが伝わってきますよ。
長年私も田んぼに入ってせっせと取ったものでした。でも、キツネの顔なんて、思った事もなく、ただただ草取りをしてました。
数年前から、商売と掛け持ちが大変な事もあり、知り合いに一切頼んでるので年貢米だけ頂いています。
稲の間にびっしりと大きな顔して生えて、風邪通しを悪くするんだよね。
腰が痛くなって大変だけど、取った後は風の通りがよくなり、気持ちがよく草取りは結構好きでした。
でも、頼んでからというもの楽しちゃって、これから又田んぼで草取りは絶対無理だと思う。一回楽しちゃうとだめですね。
若さで頑張った、あの頃が懐かしいです。
AKIさんはまだ若いから、キツネ退治頑張ってくださいね。
きっと稲も喜んでいいお米が出来るでしょう。
放射能セシウムが出ない事を祈ってます。
Commented by みゆ at 2011-08-04 17:48 x
確かにキツネに似ていますね。
オモダカ、そしてこの形、どこかで見たり聞いたことがある・・・と考えたら
家紋に使われることが多かった、と思い出しました。
いとこのお嫁さんが「実家の家紋は、丸にオモダカ」と言っていました、そう言えば。

小ギツネ、可愛いですね。でも大きくなる前に退治しなければ。
夏は草が伸びる季節。私も庭(小さいですが)の草取りに励みたいと思います。
Commented by BARON at 2011-08-04 18:34 x
田の草取りですか!うわーAKIさんおつかれさまでした!!
腰痛くなりませんでしたか?
私は昔やって腰が痛くなりひどい目にあった記憶が・・・(;゚Д゚)!
オモダカをキツネというのは初めて知りましたが、たしかに
似てる!!
Commented by Silly at 2011-08-04 21:16 x
この10年、都会から来たお嫁さんに対するTAAさんとそのご両親の愛を感じます。
Commented by 悦ちゃん at 2011-08-04 21:36 x
動かない田んぼにいるキツネの存在を初めて知りましたよ~
動物のキツネに本当によく似ていますね~

暑い中の農作業、頭が下がります 家の中で「暑い!暑い!」と騒いでいるのが申し訳ない気がします
Commented by あっこちゃん at 2011-08-04 22:13 x
あっ、ほんとだ、キツネに似ています、葉っぱ!!
暑くなると、キツネ狩り(刈り)も大変そう。目を傷めないようにお気をつけて。

TAAさんの見落としを、すかさず、指摘するAKIさん。アハハ、分かります~、得意になるその気持ち。仲の良さが伝わってきますよ。

それにしても10年、いつ、だれが田んぼの草取りをしていたのでしょう。これこそ、キツネにつままれたような?話ですね~。(笑)
Commented by みっち at 2011-08-05 09:43 x
リアルな狐かと思って驚きました(笑)
禁猟時期なのではとか色々…そうかオモダカでしたか。
大きくなると大変なので,小ギツネのうちになんとかしたいですね~
暑い中ですので,熱射病に気をつけて下さいね!
Commented by ひろすけ at 2011-08-05 10:47 x
ほんとだぁ~日本昔話に出てくるキツネみたい(°o°)
ふと、ガッチャマンに出てくるヤツにも似てるなぁ・・・と。かなり古いか・・・AKIさんには判らないかもね(^ ^;)
Commented by 杵島太郎 at 2011-08-05 11:39 x
オモダカってきっと狐の化身かもしれません。それにしても狐に姿・形が似るなんて・・・度胸ありますね。
Commented by 森下礼 at 2011-08-05 12:23 x
 てっきり動物のキツネのことかと思いましたよ。AKIさん、文章、うまいなあ。
 我が家は群馬県の東部にある人口20万人ばかりの都市ですが、田畑にはキジが住み、タヌキもいます。いつだったか、我が家がイヌを飼う前、大光院という大寺院の裏山から、我が家の庭に「こんにちは」と来たことがあります。
Commented by ko at 2011-08-05 12:31 x
大ギツネは見たことありますが、子ギツネはホントきつねに似ていますね。大ギツネになると抜くのも大変な作業ですね。
テレビ楽しみにしています。以前ラジオの時は少しだけ、テレビ番組は関西ではいつ放送になるか未定との「朝日放送」のお言葉、今度こそEテレビ視聴楽しみに待っています。
Commented at 2011-08-05 19:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kamatsuta2 at 2011-08-06 08:43
この10年、存在すら気づかなかった田んぼのキツネをこんなに喜んでもらえるとは!ありがとうございます。
そしてキツネ・・・オモダカが家紋に使われる植物だとはじめて知りました。なんだか由緒正しいキツネだったのですね。う~ん、感心!

それにしても、本当にこの10年、なぜ気づかなかったのだろうと反省します。あっこちゃんさんのおっしゃるように、本当にキツネにつままれたというか・・・。でもSillyさんのお話が真実なのかも。甘やかされて育ってきたのです、私。キツネのおかげでいろいろ勉強になりました。

他のみなさんもありがとうございます。
まとめてのお返事にて。

追伸、きむごんさん、素敵なブログでした。こっそりちょこちょこのぞきに行きます!
Commented by 森下礼 at 2011-08-06 09:14 x
思い出しましたが、オモダカの栽培変種にクアイという根茎部が食用になるものがありました。これはキツネというよりはイヌとでも言えるでしょうか。(役にたつから)味はなんだか粘り気のないサトイモという感じでしょうか。
Commented by kamatsuta2 at 2011-08-07 09:35
クアイ、クワイ?聞いたことがあります。そうか、イヌなんですね(笑)。今度図鑑で調べてみます♡
Commented by まっつん at 2011-08-15 02:12 x
田んぼにキツネいますね(^O^)かわいいから退治しずらくないですか?
自然ておもしろいですね♪
Commented by kamatsuta2 at 2011-08-16 05:08
いえいえ、にっくきキツネ!・・・と(笑)。
<< 初心にかえる日 ページトップ それでも彼らは伸びている >>
The Original Skin by Sun&Moon