北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
待合室の花
2011年 09月 10日 | |
楽しいお客さまのお話や、キノコの話、岩泉のお知らせなどですっかりご報告が遅れましたが、先日、はじめてバリウムというものを飲みました。町の主催の健康診断があったのです。年に一度、地域を巡回くれるもの。
バリウムと言えば、いかにまずいか、苦しいか、これまでそんな話ばかり聞いてきた私です。
自ずと恐怖心が高まって、自分で申し込んだにもかかわらず、できればさぼりたい、密かにうじうじ思っいました。
でも、自分で申し込んだからには、受けなくては恰好がつきません。恰好は大事です。
ハラハラ、ドキドキ、相当に憂鬱。
けれど、ちゃんと飲めました。まずかったけど飲めました。

健康診断は年に一度。地区のみんなが揃ってうけます。
だから会場は大賑わい。待っている間はあちこちでおしゃべりの花。
その花は、量、内容とも、気を紛らわし憂鬱をふきとばすには十分です。
待合室ではにぎやかに、全く予定はないけれどいつか私がお医者さんになる日が来たら、そんな張り紙をしたいなぁ、と思いました。

f0236291_11513514.gif


f0236291_1152587.gif


<< 哲学のカエル ページトップ いわいずみ歳時記 2011年9月編 >>
The Original Skin by Sun&Moon