北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
方向性
2011年 10月 03日 | |
先日、割烹着をつくりました。
服の上にぱっと着て、くるっと後ろでとめて、袖口がきゅっとしまったあの割烹着です。
記憶の中では、割烹着を着たのは小学校の給食着くらい。
そんな私が唐突に、割烹着づくりをはじめたのは、もちろん串もちづくりのためでした。

大勢の人の集まる席の裏方を中心に、割烹着姿はよく見かける服装です。
少し着古した割烹着をちょっとした畑仕事の作業着にするパターンもあり。
いずれにしても、こちらで見る割烹着は、=てきぱき動く働き者の衣装。
できる女のコスチューム。
だからでしょう、唐突に、割烹着づくりをしてしまったのは。
夢は膨らむ、割烹着での串もちづくり・・・をする私♡

まずは形から。そしていつも駆け込み的。それが私のやる気の方向性。

f0236291_11535841.gif



▼ そして最後は自画自賛。左ポケットにちょっぴりのぞくは、お揃いの三角巾。
f0236291_1254633.jpg

<< 串もちのぬくもり ページトップ (報告 PART3) 秋まつり... >>
The Original Skin by Sun&Moon