北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
串もち・ごはんもち・五平もち
2011年 10月 06日 | |
なんとびっくり、三連続めの串もち話。

串もちはこちらでは、小麦粉をねってつくり、串に刺したもののこと。ポイントは、イカともだるまとも言えるその形と仕上げにクルミ味噌をつけること。串もち、といえば、誰がなんといおうとこの素材、形、味でなくてはいけません。

けれど、毎日作るわけではない串もち。
特には最近では、何かのお祭りやらなにやらで誰かが作るものを食べることの方が多い串もち。
だから、その絶対的な串もちの決まりが、実はどこかうろおぼえ。
さらに困ったことに、同じく串にさす「もち」というものが他にもある。
ごはんをやいた「ごはんもち」、ごはんもちの別称「まんまもち」、そして全国津々浦々で多分メジャーな「五平もち」。もちろんそれぞれに形と味の決まりつき。あわせてやっぱりうろ覚え・・・。

串もちをまだ作ったことのなかった、昨年の秋祭り。そのひと月前。
「今年の秋祭りでは何をつくるか」という相談会がありました。
うろ覚え×類似品。
もう一年前のことですが、その状態ですすむ相談会がとても長かったことをいまでも鮮明に覚えています。

f0236291_15291076.gif


f0236291_15294864.gif


f0236291_15301947.gif



今、思い出しましたが、「だんごもち」というのもありました。
これは、いわゆる串団子のこと。お団子三つの串刺しがきまり。というわけで、類似品は4つ?
<< 稼ぎ人(かせぎと)基準 ページトップ 串もちのぬくもり >>
The Original Skin by Sun&Moon