北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
市場の一日 (写真盛りだくさんバージョンで)
2011年 10月 28日 | |
先日は子牛市場(しじょう)がありました。
秋市場とも言われ、短角牛の子牛市場の中では、一年で一番大きな市場です。
上場頭数は400頭くらい。
わが家では3頭の子牛を出しました。いずれも女の子。

市場では、たいてい前評判というのがあります。それ次第で、期待したり開き直ったり。
今年の秋市場は暴落の噂。一頭5,6万(←超安値)とかなんだかとか。
けれど蓋をあけてみたら、まぁまぁそこそこに。決して高くはないけれど、こんなもんかな、と言える程度。少なくとも、子牛たちと子牛の親牛たちに多少は顔向けできるかなぁ、そんな風な結果でした。

さて、そんな牛市場、なかなか写真でお伝えすることもないので、今回はどどんと写真を載せておきます。市場、そしてその一日はこんな感じです↓。

f0236291_13312667.jpg子牛の積み出しはまだ暗いうち。今年は朝の5時出発。

f0236291_13324548.jpg前を行くのが子牛を載せた牛積みトラック。そのトラックを追いかけて一路市場へむかいます。車で二時間ほどの旅。

f0236291_13353016.jpg道中、ドラマチックな夜明け。早坂峠付近。

f0236291_13362579.jpg市場着。
手分けしてみんなで子牛をおろします。

f0236291_13372726.jpgまずは子牛磨き。
金櫛と毛櫛でぴかぴかに。
ちなみに「ひと梳りで競り値1万プラス」がみんなの合言葉。
実際はなかなかそうはいかないけど。

f0236291_13401028.jpgひと段落。
で、みんなでそれぞれ牛談義。

f0236291_13421240.jpgそうこうしている間に、お客さんがぞろぞろ。

f0236291_13432463.jpgあっちでも、

f0236291_1344665.jpgこっちでも、いい牛探し。
ちなみに手にしているのが競り名簿。子牛の血統やなにやらがびっしり書かれた一覧です。そして、いい牛探しのポイントは、まずお尻や背中の恰好から。というわけで、みんな牛の後ろに立っている次第。

f0236291_13474151.jpg子牛たちはそんなヒトを邪魔くさそうに振り返る。

f0236291_13483548.jpg市場に到着してから約3時間。
そろそろ市場の開場時間。セリ場にはぽつぽつと人が入りはじめます。

f0236291_13505842.jpg午前10時、競り開始。・・・とその前に、挨拶だったり諸注意だったり。

f0236291_13523792.jpg牛登場。

f0236291_13532359.jpg次々登場。
この後は、ひたすら牛が出続けます。

f0236291_135435100.jpg競り席はこんな感じ。
朝のうちに目星をつけた牛の出番を待ったり、最終的な相談、打ち合わせをしたり、セリ値を記録したり。ちなみに私は記録をつけつつ、「うちの牛、高く売れないかなぁ」とお祈りタイム。
そうして競りは終わります。

f0236291_13591672.jpg外には牛の道具屋さん。

f0236291_14124100.jpg私にとっては長靴屋さん。
毎年ここで、牛の世話用の白い長靴を買うのが恒例です。



▼ そしてうちのはるゆきちゃん。今回のわが家の一押し子牛。
f0236291_1443334.jpg
そして、はるゆきはじめ、他2頭も、親牛候補として買われて行ったもよう。
大きくなれるんだなぁ、ということが、やっぱりうれしい。

明日、明後日は取材で釜石、大船渡、陸前高田へ。

                                 「今日のできごと / 子牛市場編」
<< ただいま奮闘中 ページトップ 水族館、ウニ、ウニの子ども、そ... >>
The Original Skin by Sun&Moon