北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
市場の一日 (写真盛りだくさんバージョンで)
2011年 10月 28日 | |
先日は子牛市場(しじょう)がありました。
秋市場とも言われ、短角牛の子牛市場の中では、一年で一番大きな市場です。
上場頭数は400頭くらい。
わが家では3頭の子牛を出しました。いずれも女の子。

市場では、たいてい前評判というのがあります。それ次第で、期待したり開き直ったり。
今年の秋市場は暴落の噂。一頭5,6万(←超安値)とかなんだかとか。
けれど蓋をあけてみたら、まぁまぁそこそこに。決して高くはないけれど、こんなもんかな、と言える程度。少なくとも、子牛たちと子牛の親牛たちに多少は顔向けできるかなぁ、そんな風な結果でした。

さて、そんな牛市場、なかなか写真でお伝えすることもないので、今回はどどんと写真を載せておきます。市場、そしてその一日はこんな感じです↓。

f0236291_13312667.jpg子牛の積み出しはまだ暗いうち。今年は朝の5時出発。

f0236291_13324548.jpg前を行くのが子牛を載せた牛積みトラック。そのトラックを追いかけて一路市場へむかいます。車で二時間ほどの旅。

f0236291_13353016.jpg道中、ドラマチックな夜明け。早坂峠付近。

f0236291_13362579.jpg市場着。
手分けしてみんなで子牛をおろします。

f0236291_13372726.jpgまずは子牛磨き。
金櫛と毛櫛でぴかぴかに。
ちなみに「ひと梳りで競り値1万プラス」がみんなの合言葉。
実際はなかなかそうはいかないけど。

f0236291_13401028.jpgひと段落。
で、みんなでそれぞれ牛談義。

f0236291_13421240.jpgそうこうしている間に、お客さんがぞろぞろ。

f0236291_13432463.jpgあっちでも、

f0236291_1344665.jpgこっちでも、いい牛探し。
ちなみに手にしているのが競り名簿。子牛の血統やなにやらがびっしり書かれた一覧です。そして、いい牛探しのポイントは、まずお尻や背中の恰好から。というわけで、みんな牛の後ろに立っている次第。

f0236291_13474151.jpg子牛たちはそんなヒトを邪魔くさそうに振り返る。

f0236291_13483548.jpg市場に到着してから約3時間。
そろそろ市場の開場時間。セリ場にはぽつぽつと人が入りはじめます。

f0236291_13505842.jpg午前10時、競り開始。・・・とその前に、挨拶だったり諸注意だったり。

f0236291_13523792.jpg牛登場。

f0236291_13532359.jpg次々登場。
この後は、ひたすら牛が出続けます。

f0236291_135435100.jpg競り席はこんな感じ。
朝のうちに目星をつけた牛の出番を待ったり、最終的な相談、打ち合わせをしたり、セリ値を記録したり。ちなみに私は記録をつけつつ、「うちの牛、高く売れないかなぁ」とお祈りタイム。
そうして競りは終わります。

f0236291_13591672.jpg外には牛の道具屋さん。

f0236291_14124100.jpg私にとっては長靴屋さん。
毎年ここで、牛の世話用の白い長靴を買うのが恒例です。



▼ そしてうちのはるゆきちゃん。今回のわが家の一押し子牛。
f0236291_1443334.jpg
そして、はるゆきはじめ、他2頭も、親牛候補として買われて行ったもよう。
大きくなれるんだなぁ、ということが、やっぱりうれしい。

明日、明後日は取材で釜石、大船渡、陸前高田へ。

                                 「今日のできごと / 子牛市場編」
by kamatsuta2 | 2011-10-28 14:20 | ■ 牛のしごと、牛のこと | Comments(14) |
Commented by どん at 2011-10-28 15:48 x
牛さんが沢山、圧巻ですね!
実際に見たら、もっと迫力スゴイんだろうな~
これは、一般人は入れないのかなー?(見学みたいに)
昔近所のホルスタインをよく見に行っていました
エサを食べる姿とかをじーーーっと見ていると、
なぜか飽きない・・・
(ちなみに、水族館は一日居られる自信あります)
デス(^^;)
今週も予定満載ですね~
お体気をつけてくださいね~
(週末、また岩手です)
Commented by さっとマン at 2011-10-28 18:47 x
おじゃまします。
すごい大イベントのようでね!!自分に置き換えると、売られていく自分の牛を見ていると、胸が苦しくなるのは、私だけでしょうか(..)
Commented by pip2009 at 2011-10-28 20:53
ずらっと並んだ仔牛さんたちの御尻、しっぽがキュートですね。はるゆきちゃんの面綱姿、姫なのに凛々しくかっこよすぎですよ。元気なかぁさんになってね^^
Commented by あっこちゃん at 2011-10-28 21:37 x
売り手も買い手も真剣勝負ですね。張り詰めた空気が伝わってきました。はるゆきちゃんの一等賞のたすきが晴れがましい!! でも、手塩にかけた子牛たちがいなくなって、ちょっぴり、寂しさも感じているのではないでしょうか・・。

もう晩秋の風情、落葉松の黄色がきれいですね。取材や秋じまいなどで忙しそうですが、忙しきは楽しきかなの精神でがんばってください。
Commented by miho at 2011-10-28 23:18 x
ああAKIさんは、この世界で生きておられるのだなあと、なんだかずっしりと現実を感じました。最後の取材先の地名も含めて。

でもやっぱり、「おとなりのAKIちゃん」って感じかな、わたしにとっては。
Commented by ろうばい at 2011-10-29 00:56 x
1等賞!って!??? スゴイ!!
写真レポートも なかなか良いですね~お上手です

5・6万!?って それはひどいでしょう(怒
でも 良かったですね~まあまあでしたのね

「親牛候補として・・・・・」 って 良かったあ~! 
Commented by kamatsuta2 at 2011-10-29 06:40
思えばなかなか写真でまとめて、がなかったような気がするので、今回いろいろ載せてみて、私もすっきりしました。子牛のセリは、確かにちょっと寂しいです。ひとりぽつんとセリ場の中央にでてくるときはなんだかとっても複雑な気持ち。でも、そうとばかりも言ってられないし、実際はみんなでおしゃべりしたりして一日楽しく過ごします。

今日は私は出かけるのですが、家では稲こきの予定です。いよいよ新米~♡
Commented by 杵島太郎 at 2011-10-29 08:42 x
 今年の牛さんのセリもまあまあそこそこに落ち着いてよろしかったですね。

ある晴れた昼下がり 市場へ続く道
荷馬車がゴトゴト子牛を載せてゆく
可愛い子牛 売られてゆくよ
悲しそうな瞳で見ているよ
ドナ・ドナ・ドナ・ドーナ 子牛を載せて
ドナ・ドナ・ドナ・ドーナ 荷馬車が揺れる

 ふっとこの歌を思い出しました。
Commented by yamahiko at 2011-10-29 09:38 x
ヤッホー!! 英彦山からです。

ヘェ~~。
ホォ~~。
フゥ~~ン。

まったく知らない世界を、見たぁ!

ではまた  yamahiko

Commented by 森下礼 at 2011-10-29 10:43 x
 牛のセリと言えば、なんとなく「青空市場」を連想しますが、屋内で、というのにはちょっと驚きました。
Commented by みっちー at 2011-10-29 16:29 x
子牛市場は一日って、ドキドキ!!ものですよね。
牛を買う方としても、いかに良い牛を選んで、思い通りの相場で買えるか、電光掲示板での熱き戦い、手に汗握る(ボタンを握る手は汗ダクものです)、ドキドキ!!な一日です。
私も今年の相場が気になっていました。AKIさんと同じ相場は耳にしましたが、予想以上の相場でホットしています。
家畜市場は色々な地域の人達と、情報収集が出来る楽しい場所ですよね!!
道具屋さんは、私は馬具(バグ)屋さんと呼んでます、ホック(5本爪)を私は買いました。なかなか売ってない!!
Commented by Tomozo at 2011-10-30 09:28 x
迫力の牛市場、見せてくださってありがとう!
中央に出て来る牛の姿をみたら、複雑になるのが少しわかるような気がします。
うーん、牛もお尻で判断されるのですね(笑。
Commented by おっこ丸 at 2011-10-30 09:48 x
大切に育てた親牛が、大変な思いをして出産し、その赤ちゃん牛を大事に育てて、そして市場で競られて売られてゆく。
なんだが切ないですねー。しかし、それは職業だし、生活の糧なんだから宿命なんですね。
市場は凄い大きな規模なんですね。
Commented by yuko at 2011-11-02 12:58 x
今日の東京は、日中半そでで歩いている人がいるぐらい、暖かいです!11月とは思えない~ 極端な気候です。
はるゆきちゃん、おめでとうございます<(__)>
健康な牛の顔は本当にかわいいですね~ そして、長いまつ毛も羨ましいです(笑) 週末は焼肉でも食べて、元気を頂きます!!!
AKIさんも季節の変わり目、無理をしないように。
<< ただいま奮闘中 ページトップ 水族館、ウニ、ウニの子ども、そ... >>
The Original Skin by Sun&Moon