北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
凡人気質
2011年 11月 21日 | |
先日、この時期恒例の歳末助け合い芸能祭がありました。
今年は隣りの地区が会場で、私もしぶしぶ・・・もとい、張り切って踊りを披露しにでかけました。
今年は太鼓のバチをカンカンと鳴らす踊りです。今月に入ってから、実は密かに週3回、練習もしていました。

さてその芸能祭。
会場へ行くといろいろな格好をした人がいて、それはとっても楽しいです。
浴衣や着物、ハッピは定番ですが、摩訶不思議なかつらや化粧、蝶ネクタイに擦り切れズボン、いろいろな人がわさわさと控室や会場裏手を行ったり来たりしています。
そしてそんな人たちはみんなとっても生き生きとして、「あら、その恰好素敵♡」なんて言い合ったりしています。基本的に、みんな芸人気質なのだなぁ、しみじみ感心してしまいます。
一方で、舞台を見れば、思いがけないあの人、この人が、一人で歌を披露したり、抱腹絶倒の踊りをしたり。
どこでどう、こんな芸を身につけたのだろう、あるいは身につける気になったのだろう、尊敬の念さえ抱きます。

いずれにしても、あんな人、こんな人のそんな意外な一面を知る、芸能祭のそんなところは好きかもです。
けれどやっぱり、自分が出るとなれば話は別。相変らず、別は別。
今回は特にも、舞台を煌々と照らす照明がいかに緊張の素であるかを実感しました。
照明、怖い。これ、凡人気質と我は言ふ。


f0236291_8471171.gif



▼ 冬囲いもしましたよ。これで冬支度はほぼ終了。
f0236291_851353.jpg

<< ささやかな事だけど ページトップ ひとり知恵の輪 >>
The Original Skin by Sun&Moon