北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
バッケの花咲く季節です
2012年 04月 01日 | |

f0236291_614918.jpg 長く、ご無沙汰していました。ご無沙汰をしている間に、TVでは桜前線が話題になりはじめ、釜津田でも季節がめぐり、フキノトウ(バッケ)がすっかり顔を出す季節になりました。バッケを摘んでは、てんぷらに、バッケ味噌(←大好物)にと、せっせと春をまずは口から香りから味わっているこの頃です。

長くご無沙汰していたことで、いろいろな方に心配いただいて、ありがとうございました。
今年は少し心機一転、新しいことを何かはじめたいと思ったりしています。
といっても、本当に一から新しいこと、というよりも、この何年か、やりたいなぁ、と思いながら思ったままのまま(くどい)でいたこと。えーと例えば、近所の牛舎探検記とか、牛の鳴き声コレクションとか、もう少しゆっくり向き合ってつくる釜津田紹介とか・・・なんだかしょうもな?
でも、そんなことをどうしたら今年はじめられるかなぁ、そんな風にいろいろと考えていた3月でした。ときにわくわく、ときにもんもん。

とはいえ、もう4月。いつまでも考え事だけでは、あぁ、いかん。そう思い、久しぶりに筆(?)をとりました。
この何日か、いろいろな方からご心配やお気遣いをこっそりといただきました。
申し訳なくもいい機会、踏み出す一歩になりました。
しばらくは写真更新メインにて。日々のできごとなどなどを。



さて、話はもどってバッケ。
▼ 咲いているところはこんな感じ。
f0236291_6151137.jpg
▼ でも食べるには、これくらいの蕾くらいが人気です。
f0236291_6153635.jpg

<< 薄氷 ページトップ いわいずみ歳時記 2012年3月編 >>
The Original Skin by Sun&Moon