北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
風速36.1メートル
2012年 04月 05日 | |
f0236291_14265433.jpg昨日はお知らせを計画していましたが、前の晩から吹きはじめた暴風が、さらに吹いて吹いて吹き荒れてそれどころではなくなってしまいました。
地元のニュースでは、わが町の瞬間最大風速は36.1メートル。
それがいったいどれだけの風か、今だよくはわからないのですが、息もできないような猛吹雪、停電半日、そしてあっちこっちで物置やハウスが倒れたり、木が折れたり、トタンがめくれあがったり、近所では家の屋根がすっかりどこかへ飛んで行ってしまいました。
消防団も出動し、昨日は一日心もとない落ち着かない一日。びっくりしました。今でもびっくりしています。

わが家は大きな被害はなかったのですが、町内ではそんなところが実は結構あるようです。
あっちこっちで「屋根が落ちてるよー」と。

この何年か、ありえないよねーと思っていたことをやけに目の当たりにしているような気がします。
大雪でバッタバッタと倒される山の木々、道路の真ん中に流れ着いていた家、畑や川に落ちている屋根。
だんだんと、何があってもおかしくないような気がしてきています。
備えは徐々に万全に。度胸も知らずついてきたような気がします。でもあまりうれしくないなと思っています。


▼ 暴風雪で窓はびっしり雪漬けに。
f0236291_14313386.jpg
▼ 車庫の車も雪漬けに。
f0236291_14322580.jpg
▼ 洗濯バサミはフリッターに。
f0236291_14343091.jpg
▼ ちゃこのおうち、転ぶ(わが家の唯一の被害)。
f0236291_14333058.jpg

<< いわいずみ歳時記 パンフレット版 ページトップ 暴風警報中 >>
The Original Skin by Sun&Moon