北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
男のお片付け
2012年 04月 20日 | |
それは、私の片づけ生活が数日ほどたった頃のことでした。
熱心な嫁に感化されてか、はたまたらちのあかぬ要領を得ない作業に業を煮やしたのか、詳しい動機は知りませんが、TAAと義父が突然片づけをはじめました。
まずは畑まわりの木片や折れたパイプの片づけ、運搬。
そこまではなかなか手が回らなかったので、これはしめしめ助かったと一人密かにほくそえんでいると、午後になり、いきなり重機が登場しました。
ゴトゴトゴト、ガガガガガガ、バキバキッ、ゴト!

70センチ四方、高さ100センチほどのブロック積み。なかなかの重量感。
長年、使われることなく「便利な外のゴミ箱」となっていたその大きな焼却炉が撤去されたことは、わが家の景観的に喜ばしいことだったけど、男の人の片づけはなんだか豪快、正直、大ゴト・・・。

料理をする男の人があまり身近にいないのでよくわからなかったけど、世にいう男の料理というものもこういうものなのだろうか。
どうでもいいことに少しだけ思いをはせた片づけ生活。

f0236291_20305650.gif



▼ 今日のランチは素敵ランチ。短角牛のステーキ等々。うふふのふ♡
f0236291_2054558.jpg

by kamatsuta2 | 2012-04-20 20:56 | ■ 日々のこと | Comments(13) |
Commented by 悦ちゃん at 2012-04-21 06:43 x
重機の登場とはすごいですね~
漁師料理は豪快なのが多いのでしょうね~

短角牛のステーキ美味しそう!!
またもやパソコンからつまみ出したくなってしまいました♪
Commented by 森下礼 at 2012-04-21 08:29 x
 男の料理は2大別されると思います。一つはアバウトな料理。もう一つは凝りに凝った料理。わたしは前者です。この前、ある方に「ウイロウ」(名古屋の名物)の作り方を教わったのですが、工程をかなり端折って作りました。でも確かにウイロウになりました。
Commented by miho at 2012-04-21 10:00 x
まさに!
男というもの、「豪快」を見せつけてくれますよね。
役割分担。適材適所。
「豪快」も「ちまちま」な人もあってこその家庭円満。我々もひるまず行きましょう!
Commented by 大共和派-緑の保守派のジョーイ at 2012-04-21 10:50 x
 ご無沙汰でーす(^ー^)

 そうですねー、私も庭の手入れをしていた時、ものすごくじゃまな木があったんですよー

 毎年、たくさんの枝を伸ばしていっぱいの葉を茂らす代物です。

 その枝を剪定していく作業がとてもめんどくさい。

 だんだんと剪定する場所が根本の方に近づいていきまして、しまいには、大きく分かれていた3本になる枝の根本をのこぎりで切って、木を丸裸にしてしまいました。

 もしチェーンソーがあったら幹から切りたいと思っていましたねー

 でも、、、

 私は料理もしますが、けっこう細かくて繊細な作り方ですよ。。

 あ、でも、味付けとかけっこう大ざっぱかも。。
Commented by 水月 at 2012-04-21 11:36 x
ユンボ、正しくは油圧ショベル、パワーショベル、バックホー等と呼ばれる建設機械の呼称のひとつで元々ユンボというのはフランスのメーカーの製品呼称なのです。日本ではユンボという名前を使っても通じるけど他所では通じないのでご注意を!

お片づけご苦労様です。
細々した片付けは、やっぱり女性らしいw
男も女も適材適所、どっちも出来れば苦労しないんですけどね^^;
Commented by BARON at 2012-04-21 21:00 x
おお!ついに男性諸君も動き出しましたか!!
半端ない規模ですね、一般家庭にはユンボもトラクターも
なかなかないので、即座に出せるAKIさんちは大したものです。
Commented by kamatsuta2 at 2012-04-22 06:08
>悦ちゃんさん、パソコンから差し出しておすそ分けしたいくらいおいしかったです!

>森下さん、そっか、男の料理は確かに繊細な人も多いかも。うんと凝る人も多いですよね。ところでウイロウって難しそう。凄いわ、森下さん!

>mihoさん、確かに適材適所なのかもですね。助かったことにかわりなし!

>ジョーイさん、ジョーイさんも繊細派なんですね。男の人のお料理もいろいろってことですね。すごく納得。そして、チェンソー貸しますよー(笑)。

>水月さん、ユンボってそういうことだったのですね。じつはバックホーとかもよく聞くけれどいまいちわからない重機音痴です。

>BARONさん、一般家庭にはないですよね。ワサビ田の造成用だったらしいですが、このところは今回みたいな使い道しか・・・もったいなくなってきました。
Commented by Tomozo at 2012-04-23 09:27 x
うわー豪快ですね!
春の大掃除、良いですねー。誰かがせっせとお掃除していると、よしっ、とやる気が伝染するんですね。
分別細かくしてらっしゃいますねー。ここシアトルはアメリカでは珍しく、リサイクルごみを回収に来る市ですが、なんでもかんでも巨大バケツ(ひと一人は軽く入る大きさ)に一緒くたに放り込んで、トラックで一挙に回収していくのです。分別は処理場で手作業でしているそうで、なんだか気が遠くなりそうですが、そうでもないとアメリカ人はリサイクルなんてしないのかもしれません。
Commented by kamatsuta2 at 2012-04-23 10:41
>Tomozoさん、アメリカのゴミ回収、豪快!でもちょっと見てみたいかも。やる気の伝染、そうかもしれないですね、いや、そうだといいですね。うん、そういわれると私もまたやる気が出てきました!
Commented by kako at 2012-04-25 12:57 x
お昼からステーキとは、、、、なななんと豪華!
Commented by kamatsuta2 at 2012-04-26 13:19
>kakoさん、ふふふのふ♡です!
Commented by ゅぅ at 2012-05-09 11:18 x
遅くからのコメントですみません。

家族にも片付けてほしいと思ったら、
何もいわずただひたすら自分のものを片付けること!
と本で読んだことがあります。
口うるさく片付けて!!と言うよりも、
黙って自分のものを片付けているだけで
それを見ている家族はそのうち片付けてくれるというもの。
AKIさんちのもまさにそれですね*^^*
Commented by kamatsuta2 at 2012-05-11 12:44
>ゆうさん、たしかにそうかもしれませんね、自分が片づけ→家族も片づけ。ではますますはりきらねば!(笑)
<< なんでもない日のプレゼント ページトップ うちのお宝 >>
The Original Skin by Sun&Moon