北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
二人の食卓
2012年 04月 26日 | |
先日、義父母、ばあちゃんがそろってお出掛けした日の事。
かねてから、一度試してみたかった未知の味料理をつくってみました。
普段は保守的な料理が多いので、かなり大きな攻めでした。
ただ、何分うろ覚えな料理だったので、見事に失敗してしまいました。
でもよかったな、と思いました。
食べるのはTAA氏だけ。失敗しちゃった♡のひとことで許してくれる人物です(妄想)。

二人の食卓はスペシャルな食卓。
チャレンジ精神にみち溢れ、冒険心と期待と不安(食べる側の)が入り交じる。
作り手側としては、失敗を”攻め”で誤魔化せるところもスペシャルです。

f0236291_1581153.gif



ちなみにちなみに、今回のワンプレートディッシュも”攻め”のひとつ(普段は一品ごと)。
だって洗うの楽なんだもん。もとい、お洒落なんだもん。
そしてお味噌汁は前日の残りで。
わが家的二人の食卓は、大いなる怠惰もそこかしこに隠し盛り。
by kamatsuta2 | 2012-04-26 15:29 | ■ ダメ嫁ぶりのこと | Comments(8) |
Commented by 悦ちゃん at 2012-04-26 17:02 x
攻めも大事ですよね~  レパートリーが増えますものね~
私もAKIさんの義父母さんと同世代なので保守的傾向大です

でもたまには新しいメニューに挑戦します
食材、調味料などレシピどうりならそれほどドキドキしないのですが、適当なので出来上がりはドキドキドキ・・・
皆(夫、娘、孫)の反応が???な時のために卵、納豆の存在を確認してから挑戦です
Commented by miho at 2012-04-26 17:18 x
AKIさん、それ以外の意味(本来の意味?)でも、スペシャルな食卓を大切になさってくださいね。
最大四世代七人同居だったわたしは、今、「取り返せ。失われた新婚時代。」のスローガンのもと?、食卓で二人向き合う夢のような日々?を送っております。

で、現実は、「大いなる怠惰もそこかしこに隠し盛り」そのままずばり当てはまり・・・。
Commented by らすかる at 2012-04-26 19:55 x
うちの義父も「しょっぱいもの」大好き人間で、「酸っぱいもの」「甘いもの」「ノロっとしたもの(中華系)」が嫌いなので、献立はいつも(-"-;)です。
だから、義父母が不在のときはいつも旦那と普段食べられないものorゼイタクなものを食べます。
今日はみんなそろってましたが、初物の「たらの芽」の天ぷらを食べました~!!セシウムなんて何のその春の香りを楽しみましたよ~(^o^)/
Commented at 2012-04-26 21:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 大共和派-緑の保守派のジョーイ at 2012-04-27 03:40 x
 こんばんはー(すげー中途半端な時間に目が覚めてしまった(==))

 攻撃は最大の防御といいますからね☆彡‏(??(笑))

 失敗は成功の母、何度か試行錯誤を繰り返して上手く出来るようになっていくのだと思います☆彡‏
Commented by kamatsuta2 at 2012-04-28 08:37
mihoさんの「取り返せ、失われた新婚時代」のスローガン、素敵です(笑)。でも、ちょっとそんな風に思いますよね。らすかるさんのお話もなんだかよくわかるかも(笑)。
でも失敗、手抜きもほどほどに・・・とも思ったり。悦ちゃんさん、BARONさん、ジョーイさん、ということで、頑張ります!
Commented by yuko at 2012-04-29 23:43 x
AKIさん~爆笑しました!!! その...キャベツのバター・ぽん酢炒めとは具体的に...酢のあんばいできまるのですか?私は最近バケット(フランスパン)食べたくて一品作りました、(カッテージチーズとツナ缶とピクルス)をマヨネーズと醤油少々で和える。クラッカーにもあうかも。春キャベツは美味しいね~2人の食卓に乾杯です♪
Commented by kamatsuta2 at 2012-04-30 13:58
具体的にはですね、いまいち覚えておりません。バター醤油の醤油をポン酢にしてみたような。基本的に入れ過ぎだったみたいです。ちょこっとたらす程度なのかも。
<< 春の装い ページトップ 借り手市場 >>
The Original Skin by Sun&Moon