北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
100パーセントキラリ
2012年 05月 13日 | |
昨夜のこと。
みんなで夕食の餃子を囲んで和気あいあいとしていると、「あ、そうだ」TAAが珍しく声を出しました。
なんだろう、皆でびっくりしてTAAの方をみると、TAAは得意そうにこう言いました。
「オイル差しがいいってさ。昨日聞いた」

子牛がうまれてしばらくすると、子牛への薬飲ませが時々あります
その時に、どうやって薬を飲ませるかといえば、瓶をつかって飲ませます。
TAAの話は、だけどね、瓶もいいけど意外や意外、オイル差しの方がもっといいんだよー、という話。
何が特にもいいかといえば、押し加減で量の調節が自由自在なあたりなのさ、プチポイント紹介つき。

世の中に、この話に目をきらりと光らせる人がいったい何人いるのだろう・・・そう思うとここに載せるのもはばかられますが、わが家では家族全員100パーセントきらりでした。

f0236291_1148551.gif



普段大して口を開かないのに、こうしたポイントを押さえるのが妙に得意なTAA氏の不思議。

▼ 補足。こんな感じ?
f0236291_11494617.gif
▼ そろそろ山へ行く時期です。(今年の牛上げは16日の予定)
f0236291_1151182.jpg

by kamatsuta2 | 2012-05-13 12:05 | ■ 家族暮らし | Comments(11) |
Commented by BARON at 2012-05-13 15:56 x
すばらしいオイル差し!
オイル差しの用途はオイルを差すだけじゃないんですよね(^o^)/
何を隠そう私も、点字印刷をするときに裁断面からこまか~い
紙かすが落ちてセンサーを鈍らせるため、こまめにエアで吹き飛ばす
必要があるのですが、そこでオイル差し!
オイルを差さずにエアを差すわけです。
なんて万能なのオイル差し!!
AKIさん宅と同様(いや、違う?)瞳キラリンでした。
Commented by 悦ちゃん at 2012-05-13 17:02 x
オイル差しを何に使うのかしらと興味を持って読ませていただきました♪
色々なことが日進月歩ですね~

是非またはばからずに載せて下さいね! 珍しい話に私の目はキラリと光りました

手作りぎょうざを作らず、既製品ですませてしまうことの多いさぼり主婦の私はぎょうざにもキラリでした~
Commented by teru★ at 2012-05-13 19:55 x

仔牛の投与には「ぐい飲み」いいですよ~
プラスチック製で瓶ビールほどの大きさのもので薬品会社でもらえますぅ。


少量の薬は獣医さんから使用済みの針をはずした注射器が便利!

親につけていると哺乳バケツもすわないし大変ですよね。。。
Commented by あっこちゃん at 2012-05-14 08:13 x
おはようございます。
みなさんで囲む食卓の風景、いいですね。
普段は口数の少ないTAAさんがオイル差しがいいようだと話題を提供し、話がはずむ。 食卓の和やかな雰囲気が伝わってきましたし、牛に対する愛情も伝わってきました。
おばあちゃんの思い出スイッチ発動もほほえましいですね~。

あっという間に、新緑がまぶしい季節になりましたね。
Commented by kamatsuta2 at 2012-05-14 08:32
>BARONさん、点字印刷でも活躍なんですね、オイル差し!そしてかいまみる点字印刷の世界・・・ますます興味深々です~!

>悦ちゃんさん、まさに日進月歩です。・・・といいつつ、わが家以外では結構常識なのかもしれません。やっと追いつけた?(笑)

>teru★さん、ほぉ、ぐい飲み!お酒を飲むやつ?と思ってしまった自分が悲しい(笑)。いつか機会があったら尋ねてみますね、製薬会社さんに!

>あっこちゃんさん、そう、新緑がまぶしいのです。まぶしすぎてまぶしすぎてドキドキします。
Commented by bura at 2012-05-14 09:34 x
オイル差し、いいですね。今度実践してみます。今まで、注射針のない注射器でしてました。オイル差しの方が力加減がやさしそう。うちのオクラも芽が出ました。ちょっと病気にやられ、消毒して撒きなおしました。
Commented by タック at 2012-05-14 17:21 x
牛の世話をした事の私でもオイル注しに「ガッテン・ガッテン」です。

色取り取りの緑が大きな緑の山をつくり、今が一番きれいですね。
ぶるっくの周りも綺麗な花々が咲き始めた事でしょう。
Commented by JIN at 2012-05-14 22:15 x
はじめましてJINと申します。かれこれ数年AKIさんのブログよませてもらってます<(_ _)>実は私も牛飼いですので、なるほど!と思う事があったり楽しく拝見させてもらってます。ちなみに、黒毛の繫殖です。このオイル注し何処から情報があったんでしょうね?Tさんでしょうか?うちでは10数年前から子牛の薬飲ませには使っていますよ^^量をコントロールできる分、勢い良くだすと器官に入りかねないのでご注意を^^;先を舌の下に軽く入れて、ゆっくり出す感じだとむせないで結構飲んでくれるように思います・・うちでは。子牛が嫌がることには変わらないですが・・・あと、砂糖を少々入れて少しでも飲みやすくしてます。でも、健康が一番ですよね^^手間もかからないし・・・
Commented by kamatsuta2 at 2012-05-15 09:42
>buraさん、わが家でも来年試してみたいと思っています!JIN
さんのコメントを参考にして、目指せ薬飲ませ名人!?

>タックさん、ガッテン、ガッテン、ありがとうございます。上手に飲ませられるよう精進します!

>JINさん、はじめまして、かれこれ数年もよってくださっていて、ありがとうございます!そして素敵なアドバイスもありがとうございます!上手にできるよう工夫しますね。健康が一番(手間いらず・・・)確かに(笑)。
Commented by ma109219 at 2012-05-18 18:39
はじめまして。
わたしも、キラリン!でしたよ。
うちでは前から使っていましたよ。
ごろごろ転がっている油さしを、なんでこんなにいっぱいあるのよ、
と、いくつか捨てておこられたことあります。
Commented by kamatsuta2 at 2012-05-19 06:32
>ma109219さん、はじめまして。そちらでもお使いでしたか!う~ん、本当にメジャーなものだったのですね。早く追いつきますー。そして、”なんでこんなにいっぱい・・・”といくつか捨てておこられる。まさに私がやりそうなことです~!
<< 山菜採りへの願い ページトップ 素敵な美容院 >>
The Original Skin by Sun&Moon