北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
100パーセントキラリ
2012年 05月 13日 | |
昨夜のこと。
みんなで夕食の餃子を囲んで和気あいあいとしていると、「あ、そうだ」TAAが珍しく声を出しました。
なんだろう、皆でびっくりしてTAAの方をみると、TAAは得意そうにこう言いました。
「オイル差しがいいってさ。昨日聞いた」

子牛がうまれてしばらくすると、子牛への薬飲ませが時々あります
その時に、どうやって薬を飲ませるかといえば、瓶をつかって飲ませます。
TAAの話は、だけどね、瓶もいいけど意外や意外、オイル差しの方がもっといいんだよー、という話。
何が特にもいいかといえば、押し加減で量の調節が自由自在なあたりなのさ、プチポイント紹介つき。

世の中に、この話に目をきらりと光らせる人がいったい何人いるのだろう・・・そう思うとここに載せるのもはばかられますが、わが家では家族全員100パーセントきらりでした。

f0236291_1148551.gif



普段大して口を開かないのに、こうしたポイントを押さえるのが妙に得意なTAA氏の不思議。

▼ 補足。こんな感じ?
f0236291_11494617.gif
▼ そろそろ山へ行く時期です。(今年の牛上げは16日の予定)
f0236291_1151182.jpg

<< 山菜採りへの願い ページトップ 素敵な美容院 >>
The Original Skin by Sun&Moon