北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
秋にトンボにくさいやつ
2012年 07月 25日 | |
今日は少し忙しいので写真にて。
ツイッターにも載せたのですが、畑の雑草のお話です。

最近の釜津田は、デントコーン畑の草取りが忙しい季節です。
デントコーンは牛たちの冬の飼料用。広い面積のデントコーン畑なので、種まき時に一度除草剤を使うのですが、それでも草はでてきます。
そんな草を、ひとつひとつ抜いて歩いて回るのです。
晴れた日は暑し。涼し時間帯を狙っての季節の仕事です。

さて、そんなデントコーン畑の草取りのターゲットはこんな草。
イガイガは実で種がいっぱいはいっています。これがはじける前にとる!畑の草取りはいつもちょっと挑戦的です。

f0236291_915752.jpg



で、このイガイガ草はこんなきれいな花を咲かせます。横から、上から、もひとつ上から。

f0236291_931666.jpg


羽衣みたいな薄い花。けれど、すっごくくさいにおいがするのです。みんなはそろって「くさいやつ」とこの草を呼んでいます。
こんなに繊細できれいなのに「くさいやつ」で、時々その呼び名をちょっと不憫に思ってしまいます。
もともとはデントコーンの種だか肥料だかにまざってやってきた新参者。
チョウセンアサガオ、と教えていただきましたが、そうなのかな。今調べ中。ちなみに根には毒があるそう。
と、最近はこれが一番の困り者、というご紹介。


あとはこれはアキボコリ。畑の雑草の主要キャストのひと草です。
f0236291_97469.jpg


土用をすぎると根がはって抜けなくなるので、土用の前にとらなくちゃ駄目よ!そう教えてもらって早数年。いまだ、気づくとこんなになって、たいてい土用も過ぎてしまっていたりします。
けれど、そんな草の生態を踏まえた上での草取りがきっと草取りライフ成功への道なのです(←意味不明)。


他、トンボ草とかカブ草とかビューとかなんとかいろいろあります。
と同時に、秋(アキボコリのこと)いたり、トンボがいたり、くっさーいのがいたり、雑草の世界もちゃんとみてみるとなかなかこれでにぎやかだなぁ、と思っています。



▼ ちなみに今のデントコーン畑はこれくらい(草丈、私のほっぺたくらい)。
f0236291_9154952.jpg
▼ でも、ほんの二週間前はこれくらい(青いタオルがTAA氏の頭。つまり、かがんで頭が見えるくらい)。これから季節、デントコーンは加速度的な急成長期です(雨があって、そして暑い)。
f0236291_9172470.jpg



★ 人気ブログランキングへ ★
数年ぶりにランキングへ参加することにしました!
気に入っていただけたら ↑ をポチッとクリックしてください ♡
<< 実録、バタンQ ページトップ 金具と野球と私の気持ち >>
The Original Skin by Sun&Moon