北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
右のバナナと左のバナナ
2012年 08月 24日 | |
先日、自転車で道を走っていると、バナナの皮が落ちていました。
ちょうど私の右手側で、つまりそれは山側の道の端でした。
私はそこでこう思いました。
「もしかしてクマかも・・・!」

この皮が、左端、つまり見通しのいい、しかもクマが登ってこれそうにない川側に落ちていたら、そんなことは思いもしなかったと思います。
山側か川側か、右か左か。ただそれだけでドキリとする、そんな夏の釜津田バナナの皮事情。そしてまた、いるかいないか、いそうだったりいなそうだったり、だけどやっぱりすっごく身近な、裏を返せばそんな釜津田クマ事情。

f0236291_16415963.gif




以上3話、クマシーズン到来記「クマと地域の不思議な関係」今年版でした。
過去の関係、噂等々については → タグ:クマ
(↑こうしてみると毎年結構いろいろかいていて、しかも他にも実はもっとかいていて、本当はクマのことが相当好きなのかも?私、です。)

人気ブログランキングへ
気に入っていただけたら ↑ をポチッと応援お願いします♡
<< I ♡ 爪切り&毛刈り ページトップ 今日の情報 >>
The Original Skin by Sun&Moon