北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
基本の薪のつくり方
2012年 11月 13日 | |

f0236291_11561926.jpg


f0236291_1148232.jpg


f0236291_11485783.jpg


f0236291_11491650.jpg


f0236291_11494691.jpg


f0236291_1150133.jpg


f0236291_11504920.jpg


f0236291_1151538.jpg



今日はあえて説明ぬきで。
ざっとではありますが、以上のような過程を経て、嫁ののんきな薪割りライフがあるみたい。えへ。
そして、そんな薪準備が忙しくすすむ今日この頃の釜津田です。


人気ブログランキングへ
気に入っていただけたら ↑ をポチッと応援お願いします♡
by kamatsuta2 | 2012-11-13 12:06 | ■ 日々のこと | Comments(18) |
Commented at 2012-11-13 12:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by らすかる at 2012-11-13 12:58 x
実家では「せいはん」の機械を使って長い木を切り、それを軒下に積んで乾燥させていましたよ!
AKIさんちはやっぱりチェーンソーで切るんですね!
今頃実家でも薪作りの作業してるでしょう。
薪ストーブが懐かしいです。
Commented by ひろすけ at 2012-11-13 13:11 x
着々と冬支度が進んでいますね。
薪ストーブの温かさが伝わってくるようです❤
カービングをし始めるのでは・・・?と思われるような写真でしたね
あ、失礼(^ ^;)
Commented by 大共和派-緑の保守派のジョーイ at 2012-11-13 18:09 x
 こんばんはー

 いやー壮観ですねーチェーンソーによる切り出し(・∀・)

 あえて説明はいらないと思いますが、「ギュイーン ギュルルルル!」とかの擬音語を添えておくと面白かったかもw
Commented by うつくし森のトトロ at 2012-11-13 18:32 x
オイラ小さい頃は丸鋸を台にセットして平ベルトとヤンマーのエンジンで
薪を切っていた、この時期はあっちこちでその音がしていた、今はチェンソウの甲高い音がしているんでしょうか?、この丸太太くない!薪割も頑張ってください。
Commented by Silly at 2012-11-13 20:20 x
 こんなに沢山の丸太が必要なのですか?丸太は TAA さんやお義父さんが作っていらっしゃるのではないのですか?斧では割れそうにもないものが沢山ありますね。
Commented by あんびゅらんす at 2012-11-13 20:58 x
びっくり! 想像していたよりおっきな木なんですね。
しかも、文字通り「山積み」(◎o◎)!

これ、ひと冬分なんですか?
全部薪割するとなると、 3分の1をAKIさんが割るとしてもかなりのトレーニングになるのでは?
春には、AKIさんの腕はポパイのように・・・・!

薪ストーブのある暮らし・・憧れます。

PCの扱い方が下手で、名前が「あん」だったり「あんびゅらんす」になったりしてます。 すみません、同一人物です^_^;
Commented by 悦ちゃん at 2012-11-13 21:02 x
薪のできるまでの過程、何枚ものわかりやすい写真を載せて下さったので、説明なしでもおおよそわかりましたよ~
ありがとうございました!!

紅葉は何色と表現できない多彩の色で楽しいですね~
ピンクのような紅葉は初めて拝見しましたよ~
光の角度でこのように見えたのでしょうが・・・
Commented by のだなのだ at 2012-11-13 21:43 x
正直驚きました!凄い写真で恐れ入りました! 全く次元の異なる薪割りに圧倒されてしまいました。楠の木ですか? チエーンソーは何cc? 坂田の金時さんを団体で呼んで来なくっちゃ・・AKIさんも斧で割るんですか? 止めとき・止めとき(チョト驚愕の方言)悪い事は言わんから 以下絶句で・・岩手の冬の厳しさを教えて貰いました。ちびっとこば寒うても辛抱しましょう(泣)
Commented by k.o at 2012-11-13 21:52 x
すごい量の一言。これを全て薪にするのですね。力と根気が必要ですね。気が遠くなりそうです。山で樹を切って、運び出しもするのですか。TAA様は消防団のお仕事もおありのようで、食事と睡眠以外は全て働いておられるようですね。ご無理をなさいませんように。
Commented by のだなのだ at 2012-11-13 22:06 x
(ブログ独占的続き) あまりの凄さに気になって眠れない! ハタと気付いて「嫁ののんきな薪割りライフ」を読み直した! AKIさんの担当は手頃なサイズになった処での2~3次下請けでしょう?(笑) そうだと言ってくれないと箸より重いものは持たない役立たずを引き連れて応援に行っちゃうぞ! そいれにしても凄い!
Commented by きょっち at 2012-11-14 09:07 x
冬支度本番ですね!私の実家も農家でそして牛を飼ってるので年中お湯を沸かす為に薪を作っています。このようにして作るんですね~。さて我が家の冬支度は何だろう(笑)
Commented by ろうばい at 2012-11-15 01:23 x
こんなに 沢山の薪の山 停電でもガス欠でも安心ですね~
薪割り大変ですね~のだなのだの様に同感です
そういえば 実家も丸太の山がありましたね~
父 兄が薪割してましたね~
私は冬の間の運動不足解消と 勉強≧∇≦ストレス解消に思いっきり斧を下してましたヨン~
でも AKIさんチの薪は割りやすそうで スッキリしそう
うちのは リンゴの木とか 素直に育った木で無くて難儀でした ( ´ゝ`)  
ま、育ち盛りだったので おかげで筋骨隆々もとい 骨太ですw (;´д`)ゞ
Commented by kamatsuta2 at 2012-11-15 12:08
>友岡さん、なるほど、ありがとうございます。簡単に越したことはないので、いろいろ試してみますね!

>らすかるさん、せいはん、どんな機械?と思いつつ、いろいろなんだな!と感心もしきり!

>ひろすけさん、カービングをしてもらってもいいなぁ!と思うのですが、こういうときだけは(?)やけに真面目で(笑)。

>ジョーイさん、擬音語、ですかね(笑)。次の参考にさせていただきます(笑)。

>トトロさん、丸太、太いー!と思っていたのですが、まだまだ序の口だったのですね。昔(というほどではないのかもしれませんが)の仕事はすごいです。
Commented by kamatsuta2 at 2012-11-15 12:08
>Sillyさん、丸太はあるに越したことはないかも、です。冬に薪がないと猛烈にさみしくなります(笑)。

> あんびゅらんすさん、せっかくびっくりな目になっていただいたのに残念、薪は8割は薪割り機で割る感じです。だからポパイのようにはならないかも・・・(笑)。お名前の件、了解です♡

>悦ちゃんさん、紅葉、光の色かなぁ。でも近くで見てもこんな感じのきれいさでした。今年は紅葉が特に綺麗な年だった気がします。

>のだなのださん、薪割りはこれくらいの一度の量だと薪割り機の登場です。手割り!と自慢(?)したいところでしたが…!?

>k.oさん、これは薪用にと買ったので、木きり、運び出しはお頼みコースです。家の近くの細い木なんかは自分たちでやることもありすが。近所の炭焼きの方などが木を切ったり運びだししているのをみるとすごい!と思います。
Commented by kamatsuta2 at 2012-11-15 12:08
>きょっちさん、そうそう、お湯を沸かすのにいいんですよね。牛の餌用の大きな鍋もおかげでいつでもぐつぐつです♡

>ろうばいさん、停電の時にはいいですよ(笑)。でも地震の時はすぐに火を消せないのでちょっと怖いときがあります。なんでも一長一短ですね。ふぅ(←なぜかため息(笑))。そして育ち盛りの頃から働き者だったのですね!またまた尊敬!
Commented by のだなのだ at 2012-11-17 15:10 x
「薪割り機」なんて便利なものがあるんですか!? 恐らく一生お目にかかる事は無いでしょうが・・全くイメージが湧かないのでネットで調べて見ましょ 今悩んでいるのは去年トラクターの遣い方が下手だからと妻に散々罵倒されたので、コンクリート畦の耕作残地を上手に耕せる方法は無いものかと・・早くも来年の田植えを心配しています。
Commented by kamatsuta2 at 2012-11-19 09:13
>のだなのださん、心配するのも楽しみにひとつですからねー(笑)。いっぱい心配して、素敵なアイデアをひらめかせてください!
<< ふかふか、さらさら ページトップ 可愛い新入団員くん >>
The Original Skin by Sun&Moon