北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
ふかふか、さらさら
2012年 11月 14日 | |
今日はTAAと義父の山の仕事を手伝いに行きました。
手伝うといっても、別に木こりをするわけではなく、後々つくる作業報告書などに必要な作業写真などをとるためです。
めったに行かない山なので、山に行くときはいつも少しわくわくします。
あんまり責任のない立場でいくから余計です。えへん。(←と、なぜかいばる。)

さて、ところで、秋も終わりの今日この頃の釜津田の山。
特にカラマツの林の中は、一面がカラマツの葉のじゅーたんが敷き詰められたようになっていて、日がさすとまばゆいばかりの金色でした。
慣れない急斜面の山登りに本当はときどきちょっとへこたれたりするのですが(内緒です)、振り返った山の中がそんな金色だと、わぁ、と思います。
大変なことも多い山仕事なんだろうけど、私にとっては精神衛生にはとってもいいとこ♡なイメージです。
本当は、風が吹くと空から降ってくる金色のカラマツの光のシャワーもすごいんだよなぁ、と思うのですが、それを写真に収めるテクニックがないので、そんな光のシャワーが降り積もった山の一枚を記念にどうぞ(何の記念かはてきとうに・・・)。
ふかふかのさらさら。釜津田の山は今、とってもいい季節みたいです。

f0236291_15584019.jpg



人気ブログランキングへ
気に入っていただけたら ↑ をポチッと応援お願いします♡
<< キラキラ、シャリシャリ。 ページトップ 基本の薪のつくり方 >>
The Original Skin by Sun&Moon