北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
エスパー、あるいはDNA
2012年 12月 13日 | |
昨日はまたも集金活動をしてきました。
行先は学校です。町から少々離れた釜津田なので、単身で地域の教員住宅ぐらしをしてもらうことが多い先生方。そうすると、自ずと地域の貴重な一員として地域の諸々に関わってもらうことが多くなり、自然な流れの中で私の集金活動の行き先にもなってしまうのです。あぁ、なんだかごめんなさい。でもありがたきかな、先生方。

さて、そんなこんなで学校へ行くと、用務員のHさんが「お茶飲んでいって!」と声をかけてくれました。
Hさんは用務員さんだけど、”歳末”の踊り仲間でもあって、つまりは根っからの地元民。
私は一応遠慮して「いやいや、すぐ帰らなくちゃ、仕事の邪魔だし・・・」。
「なに、いいじゃない、ちょっとだもの」、
「めったにくることもないんだからー」。

・・・という一部始終を、ずばり、ぴったり、当てたTAAさん。「だいたい、そうでしょ、ここら辺じゃ」。
エスパーかも?!と思ったけれど、なんだか地域のDNAのようでもあるなぁ、と思いました。

f0236291_1139174.gif



▼ ところで今朝はマイナス9度。窓もびっしり霜やら氷やら。これからは、これを拭くのが毎日の日課です!
f0236291_11414762.jpg


人気ブログランキングへ
気に入っていただけたら ↑ をポチッと応援お願いします♡
by kamatsuta2 | 2012-12-13 11:45 |
<< 牛たちの煮豆生活 ページトップ 山のペンギン >>
The Original Skin by Sun&Moon