北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
なりなりのコツ
2012年 12月 18日 | |
昨日は薪ストーブの煙突掃除をしました。
前回の煙突掃除が11月の半ばだったので、だいたい一か月後というところです。
何日か前から薪の燃え方が悪くなり、したがって、ストーブもあまり暖かくならなくて、これは煙突がつまってきたな、と思っていたのです。そして蓋をあければ・・・もとい、煙突をはずしてみればやっぱりごっそり煤の山。
そして、一か月にしては煤の量が多かったので、「薪が半生だったかなぁ」とぶつぶつ言うTAAの横で、なんと私も今回は煙突掃除に正式に参加表明してみました。
つまり、煙突をブラシでゴシゴシ、というやつです。

なにをするでも、見るとやるとじゃ大違い。
煙突掃除もやっぱり同じ。といっても、大違い、というほどではなかったのでちょい違いかもしれないけれど、やっぱり微妙なコツやら注意事項やらがあって、思いのほか熱がこもってしまいました。
タイトルの「なりなり」というのは「それぞれの」とか「それぞれなりの」とかこちらでのそんな意味の言葉です。
煙突掃除もそんななりなりのものなんだなぁ。

ということで、祝!これまでの義父母&TAAまかせの煙突掃除=薪ストーブライフ!
(でも知ってしまったら、もうちょっと知らないままでもよかったかなぁ・・・と思いはじめてもいたりして・・・)

f0236291_10431856.gif



▼ 一か月の煤。いつもよりちょっと多いかも。
f0236291_11446100.jpg
▼ 昨日の夕空。雲がなんだかきれいでした。
f0236291_1162968.jpg


人気ブログランキングへ
気に入っていただけたら ↑ をポチッと応援お願いします♡
<< 山中夢 ページトップ 境界線 >>
The Original Skin by Sun&Moon