北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
打ち出の小槌
2013年 02月 02日 | |
今年牛たちの餌、サイロ(デントコーンサイレージ)が凍る季節になりました。
毎年いつも凍りつき、それを掘り起こすのがひと仕事になるのです。

フォークでゴツゴツと凍ったサイロをはがしとり、
ガンガン、小槌で凍ったサイロを叩いてほぐします。
今年はそれほどがっちりと凍っているわけではないから、軽くたたけばほぐれてくれて、それがちょっと救いかも。
それでも牛たちのその日の餌の分を割るのはなかなか時間がかかります。
ガンガンガン、ガンガンガン。ゴンゴンゴン、コンコンコン・・・あら、なんだか打ち出の小槌を振ってるみたい。

正直にいうと、少々飽きもでやすい作業です。夢を膨らませるにはぴったりの作業ともいいます。

f0236291_9322778.gif



ちなみに去年も夢見てました。北限の牛飼い南限の牛飼い

▼ サイロ。12月にあけはじめた右側がすっかり空になり、先日から真ん中を使いはじめました。
f0236291_9411773.jpg
▼ うちでの小槌(だったらいいな♡)
f0236291_9415488.jpg
▼ こちらは屋根(雨どい)の氷割り。あたたかい日が続いたので、中途半端に氷ができてしまったのです。
f0236291_9421362.jpg



人気ブログランキングへ
気に入っていただけたら ↑ をポチッと応援お願いします♡
<< 北国の冬の暖かな一日 ページトップ いわいずみ歳時記 2013年2月編 >>
The Original Skin by Sun&Moon