北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
味噌玉のフシギ
2013年 02月 26日 | |
昨日は用事でご近所さんまわり。
その数軒目の行先で、かわいい味噌玉を見つけました。味噌玉は、こちらの自家製味噌づくりの光景のひとつで、味噌用に煮たマメを玉状にまとめて干しているもの(円錐形だけど)で、これを熟成させて自家製味噌をつくるのです。
なんにしても、その味噌玉、最近はあまり見ることもないとこちらでも言われています。だから、見かけただけでも私的には「わ~、素敵♡」な光景なのに、それに加え、昨日の味噌玉はちょっと新しい時代を感じる味噌玉だったから、すましていたけれどプチ興奮!

昔風では、藁でひとつひとつ編む味噌玉。
でもちょっと手がかかるから、歳だしね、とそれはオレンジのネット入り。
乾きは藁の方がいいらしくて、そのあたりは、やっぱりそれなりの理由がワラにはあるのだな、と感心しつつも、やっぱり興奮、今風味噌玉。

帰ってからは、あら、負けてられないわ!と、なぜでしょう、なんだかやる気がみなぎったわが家。
あいかわらず調子のりの嫁からは、「来年は私も作る!」宣言も飛び出しました(毎年恒例なんですけどね)。
味噌玉が素敵なのか、なんなのか?―ふとみかける地域のくらしの風景が、結構大事な元気の源、そんな気がした昨日でした。

f0236291_1241564.gif



☆ ちなみに、昔風、は(T勝さんちバージョン) →みそ玉見学

▼ ちなみにちなみにこれが”きりせんしょ”。義母のお得意のおやつです。
f0236291_12423839.jpg
▼ ちなみにちなみにちなみに、今日は久しぶりに青空の釜津田です。
f0236291_12431138.jpg
▼ 外の水場も水場の氷も、久しぶりの日の光に、どこか暖かげにきらめいています。
f0236291_1243434.jpg


人気ブログランキングへ
気に入っていただけたら ↑ をポチッと応援お願いします♡


☆それから、釜津田の音コレもアップしてみました。
今回は、釜津田の冬の必需品、薪ストーブまわりの音シリーズです。
ツイッターにも載せましたが、全部で4音。
で、とりあえず、まるっとこちらから→http://on.fb.me/ZwAtwJ
よかったらご試聴ください☆
<< 仔牛の季節 シーズン’13 ページトップ 真夜中のミズキ団子 >>
The Original Skin by Sun&Moon