北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
一分の長さ
2013年 03月 12日 | |
あ、時間だな、と思って、思い出したり考えたりお祈りしたりしていたら、いつもならただじっとしていれば長く感じる一分間があっという間に終わってしまいました。
でも足りなくはきっとなかったと思います。

二年前、何もなかった釜津田ですが(本当に何もなかったわけではもちろんないけれど)、沢山の方に心配もいただきました。
二年間、ずっとお礼を言いそびれていました。
沢山のいろいろをありがとうございました。

今年の3月11日はそんな気持ちの中にいました。これからもきっとそうだといいなと思います。
一日も早い復興を願うとともに、私自身についてはまたそういう風に願っています。

f0236291_1142261.gif



▼ 今年は青い空でした。昨日撮影。(小窓より再掲)
f0236291_11424640.jpg



人気ブログランキングへ
気に入っていただけたら ↑ をポチッと応援お願いします♡
by kamatsuta2 | 2013-03-12 12:12 | Comments(14) |
Commented by kako at 2013-03-12 12:23 x
日本に住んでいる姉から、今日は震災記念日と言われ思わず、関東大震災ですか?と聞き返し思い切りバカにされました。あれから2年が経ったのですね。未だにご不自由な生活を送っていらっしゃる方たちも多いと聞きます。一日も早い復興を祈るのみです。
Commented by g-psy at 2013-03-12 12:57
ごめんなさい。
朝からテレビとかでやっていたし、もちろん忘れていたわけではないけれど、その時間黙祷しませんでした。
原爆の日も同じです。
思い出して考えて、辛くなったり悲しくなったり、とても苦しくなります。
でもなぜかいつも黙祷はしていないのです。
自己弁護ですが、折に触れて心の片隅で祈っています。
時々募金もします。
でもやっぱりきちんとその時間に黙祷を捧げたりしている方達には頭が下がります。
深い心を感じます。
こんなところに書くことではないでしょうが、反省を込めて書かせていただきます。

これからも辛く苦しい日々が続くであろうたくさんの方達が、いつか心からの笑顔を取り戻せますように。
Commented by ZRX1200 at 2013-03-12 13:01 x
こんにちは 全国から、世界中から、その気持ち伝えて下さり本当に有難うございます。あの時は怖かった建物が崩壊する地震なんてあまりないですよね。あの時は天井の梁がどこに崩れるか、下敷きにならないためにはどこの位置に居ればいいのか必死でした。その後津波でした。けっきょく今の生活ですが、power入れて生きてくだけなんで、やって行きます。本当、有難う御座います。
Commented by ROMI at 2013-03-12 14:29 x
TVを見ながら準備。
地元の望楼からもサイレンが鳴り哀悼を捧げた。
去来するものがあり短くもあり長くもあった黙祷でしたね。
誕生日ということもあり多くの人に知ってもらったが素直に喜べる日が来て欲しいです。(久しぶりのコメントですみませんねm(_ _)m)
Commented by ゆりりん at 2013-03-12 14:52 x
被災地の現状を見ると、2年もたったのにと思っり・・・。
当時の映像を見るといまだに、胸が痛みます。
一人一人にできることは微力だけど、この日を忘れることはないでしょう。

そして、この2年間AKIさんから癒された私の方が、沢山のいろいろをありがとうございました。
Commented by あんびゅらんす at 2013-03-12 22:04 x
本当に、忘れない自分でありたいですね。

3月11日、1月17日、地震ではないですが9月11日、折々に考えます。 復興や日々の生活に立ち向かう被災者の方々の映像を涙しながら見る自分と、仕事として災害に立ち向かわなければならないときに向けての気持ちの準備と(TAAさんも消防団として・・・AKIさんも団員の家族として送り出すわけで・・・)いろいろと・・・・

私も、一日も早い復興を願っています。
Commented by BARON at 2013-03-12 22:27 x
何もなくはなかったですよね、日本全国で揺れを感じた二年前、
何が変わって何が変わらないのか、わからないくらい歩みは
遅いかもしれないけれど、私たちは決して忘れないと思います。
こちらの町は二年前に壊れた下水道処理がまだ回復しません。
沿岸部にあった処理場は復旧したらしいけど、その間の管は
まだなんです、なのでペーパーは流せません、でも、そんな
不便なんてまだまだ幸せなもの・・・
私たちは決して忘れませんし、忘れられませんよね・・・

なんか、何言いたいのかわからなくなっちゃいました(T_T)
Commented by ピタゴラス at 2013-03-13 00:22 x
ご無沙汰しております。
毎日バタバタしながらの生活ですが、さすがに私も合掌しました。

あの日を思い出すとさすがに怖かった。
後日、人間の弱さや強さなどいろいろな場面を経験しました。

AKIさんのブログが中継して、沢山の人達が日々の当たり前暮らしが素敵に思える…

素敵ですよね。

もう少し温かくなったらお邪魔したいと思います。
Commented by ろうばい at 2013-03-13 00:42 x
10日はTVの特番見て 涙 涙の一日でした
11日は太極拳を終え ピュアな心で皆で黙祷しました
そして これからの方々に気を送りました・・・・
Commented by ひろすけ at 2013-03-13 08:33 x
我が社でも社長の号令(?)で黙とうしました。
復興の道のりはまだまだ長いけれど、少しずつ少しずつ前へ進むことを願ってやみません。
私達はいつまでも忘れずに伝えていかなければならないし、前を向いて歩いて行く事が亡くなられた方々への供養でもあると考えています。
微力でも何か出来る事は無いものか・・・改めて考えさせられる時間でもありました。
Commented by ZRX1200 at 2013-03-13 09:29 x
こんにちは 二年か、辛いな。お向かいの爺さん、なんで戻ったのよとか、思い出す。山田の知り合い、あの火災の真下に居た人、体半分しかなかったって。いつも思うけど、なんで良い奴が逝っちゃうんだよって。あの人が居れば今も楽しく話ができたのにって思う。でも現実は受け入れなければならないから、あの人たちの分まで俺が生きるんだと思っていくしかない。ゴメン暗い話になって。
Commented by kamatsuta2 at 2013-03-13 13:59
いろいろな思いがあるのだな、ともあらためて思いました。だから何がいいのかどうしたらいいか、考え出すとやっぱり難しいですね。
私にとって黙祷することが、そんな自分を受け入れる一歩だったのかも、とも思います。
あらためて、今、黙祷で、お返事にかえて。
Commented by 味玉 at 2013-03-13 16:18 x
いやいや、過去ログ見ましたが、被災地以上に停電期間が長かったじゃないですか。4月までって。
その辺のゴタゴタ振りをあまり描いていなかったのは、強さだと思います。
Commented by kamatsuta2 at 2013-03-14 09:37
いや、そんなことは、です(笑)。
<< おーい、はるーーー。 ページトップ バッケの春の種明かし >>
The Original Skin by Sun&Moon