北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
お絵描きの日
2013年 03月 17日 | |
昨日は久しぶりにのんびりお絵描きデー。
といっても、ずっとずっとずーっと前に貴重な知人に頼まれて、なかなか手をつけられずにいたものなのであまりのんきなことも言っていられないものなのですが、それでも久しぶりにのんびり楽しく絵を描きました。
牛の出産シーズンは、それほど忙しくはないけれど、家を気軽に開けられないのが玉に瑕。
スコーシだけ気分が下がってしまうことがあります。うーん、どこかへ行きたいぞ!とか。

さて、そんなとき、絵を描くとどうなるか。
つい調子にのってきてしまいます。それが楽しい頼まれごとだとなおさらにです(たとえずるずる手つかずにしていたものでも)。
あれやこれや、いろいろ考えていつもより気持ち余計にわくわくします。
あーでもない、こーでもない、いつもより気持ち大きめにぶつぶつ言いいだします。
うーむ、ふむ、!、いつもより極端に顔がいろいろ動きます。

気分もすっきり、表情もさっぱり。ああ、凝っていたのは、気持ちと顔の表情だったのね。
お絵かきデーは楽しいです。でも、私のまわりでは、(これまでも時々書いてはきましたが、やっぱり)結構怖いみたいです。

f0236291_14293124.gif



ということで、Iさん、メールにも書きましたが、絵はもう少しお待ちください。
もうちょっとわくわくしてからお届けします☆

▼ 今日はバッケ(フキノトウ)をまた採りました。まだ小っちゃいけど、いい香りがしました。
f0236291_14302993.jpg



人気ブログランキングへ
気に入っていただけたら ↑ をポチッと応援お願いします♡
<< 日長メーター ページトップ 子牛の育て方<解放>編 >>
The Original Skin by Sun&Moon