北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
春と大根とぬかりなくネズミ
2013年 03月 29日 | |
春めく中、昨日は義父が大根の穴をあけました。穴を掘るの”あける”ではなく、穴を空っぽにする方の”あける”です。
冬の間、雪の下で大根を守っていた大根穴。
春めく中で、その大根をほり出さなくてはいけない時期になったのです(そうしないと腐っちゃう)。

さて、すると、義父が嘆いて言いました。
「ネズミに半分も喰われてたー」

もう春です。ネズミも元気に(ぬかりなく)動き出す春。

f0236291_1326278.gif



▼ 今日はヒトも負けずに外を(少しだけ)動き回りました。ハウスの圃場準備を少しずつ。
f0236291_13273271.jpg



人気ブログランキングへ
気に入っていただけたら ↑ をポチッと応援お願いします♡
by kamatsuta2 | 2013-03-29 13:35 | ■ 日々のこと | Comments(10) |
Commented by 悦ちゃん at 2013-03-29 14:50 x
味のない?大根をネズミが食べるとは??!!

小人数の我が家では大根を一本買うとみそ汁やおろしに使ってもまだ残ります
甘酢漬けにして箸休めにすることが多いです

切り干し大根はうまく作れないので、頂き物や購入したものです
Commented by ZRX1200 at 2013-03-29 19:11 x
こんばんは ネズミさんとわけあうとは、何と御心の広い。大根おろしとか刺身のつまみたいに千切りにした奴は最高ですね。料理を変えて最後まで食べる生活の知恵、昔の人Respectです。トラクターの運転上手なんでしょうね。私は後ろにアタッチメントつけない状態でウィリーしてヒックリ返りそうになって、見ていた人に「あせったっけ~」と笑われた事があります(下手くそ)。
Commented by BARON at 2013-03-29 21:57 x
この整備されたハウスにオクラが並ぶのでしょうか?
いつも不思議に思うのですが、連作しても大丈夫な
秘訣はなんなんでしょうか?何か特別な肥料でも?
Commented by うるかす妻の夫 at 2013-03-29 22:09 x
こんにちは。
冬の間、大根を土の中に埋めておく話、いつも「生活の知恵だなー」と感心していましたが、チュー害のことは初めて書いていますね。読んで「確かに、そーだよなー」と、変に感心。「じゃ、私ならどうするか?」と、対策をアレコレと勝手に考えています。
Commented by ろうばい at 2013-03-30 00:22 x
あら ネズミさん大根の美味しい方を食べちゃうなんてカシコイ!
義父さん おおらかなんですね~
この辺のはずっとそのままなので地表に出た部分は固くなり食べれなくなるのは同じですが

へ~ハウスの中でもトラクターで耕すんですね!Σ(‘д‘;)

タバスコ(うん??)→スパゲッテイ
Commented by kako at 2013-03-30 01:49 x
大根おろし、大根の味噌汁、イカ大根、おでん、お漬物と大根大好きです。こちらでは、韓国大根(なぜか太くて短い)と中国大根(細くて長くて日本のに近い)があります。でも韓国大根の方が似ると柔らかくて美味しいのです。。。。それに安いです。
Commented by kamatsuta2 at 2013-03-30 06:50
中国大根、韓国大根、いろんな大根があるのですね。へー!
そして、うるかす妻の夫さんの「チュー害」(笑)、一般的に使うのでしょうか、それともオリジナル?でもうちでも使わせていただきますー。なんだか、かわいい♡

冬の間はかじられることはないのですが、春先にはこんなことがよくあるみたいです。もう土の中が安全な冬ではないのだな、とも思いました(笑)。歯形はね、ちょっとドキッとしますよ。もともとネズミに弱い私なので特に・・・。

それからハウスは今は二棟あり、夏野菜(自家用)用とオクラとを毎年入れ替えています。近所でも、夏冬で違う作物を入れたりしているので多少いいのかも・・・。うちではまだ大丈夫でうが、連作障害の対策はいろいろ知っておきたいなぁ、と思っています。

スパゲティ→かき揚げうどん (長いものつながり。そしてタバスコ、前に書きましたっけ?そうだったらご勘弁!)

他のみなさんもありがとうございます☆
Commented by ごん at 2013-03-30 16:39 x
こんにちは
初めまして

わたしの所は その大根を薄くスライス(輪切り)して
茹でて ござ(ブルーシートではなく)あくまでも ござに
一枚一枚重ならないように干します。
時々 ひっくり返して からからになるまで干します。

昔、わたしのちいさいときは、屋根の瓦に直接おいて干したものでした。
衛生面? ゆきぐになので春まで何回も 雪が瓦洗ってくれてます。でも 乾きすぎてとれなくなくなって 次のシーズンまで残ってることもありました。


使うときは、戻して使うんですが
その形が 木の切り株に似ているので
「ほしかぶ」っていいます。

町のひとは これも切り干しっていうのが 納得いかず
酔って 居酒屋で言い合う 酒の肴のひとつです
Commented by とくちゃん at 2013-03-30 18:25 x
そうか~

思わぬ敵がいるんですね!

でも皆さんは敵と思っていない?仲間?(微笑み)
Commented by kamatsuta2 at 2013-03-31 10:23
ごんさん、はじめまして。面白いお話、ありがとうございます。最後の居酒屋で言い合う、酒の肴ということころまで素敵でした!面倒くさがって切り干しのような作業はやらないことも多いのですが、こういう話を聞くと俄然やる気がでてしまいます。いいですね。うん。

そしてとくちゃんさん、そうなんです。敵だけど的じゃなかったり、敵じゃないかと思えば容赦なかったり(笑)。
<< おめかしな二人 ページトップ 春宣言 >>
The Original Skin by Sun&Moon