北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
子牛登記の日
2013年 04月 12日 | |
今朝は再び雪化粧だった釜津田です。日が照るとともにさーととける春の雪。こうして忘れた頃にいきなり雪を降らせるような、そんないったりきたりな春の来方もいいな、と思うこの頃です。

一方昨日は子牛登記の日でした。
それは子牛の登録の日。子牛の一頭一頭の鼻紋(びもん)を取ってもらったり、個別の番号をもらったりする日です。
かわいいかわいい子牛とはいえ、ペットではやはりない子牛。こうした登録はそのことをあらためて感じたりもする少し複雑な日なのですが、それでも登録をしない限り、売るも買うも、家でかわいがるも何もできないし、牛肉を生産する流れの中では当然の責任でもあります。
つまりそれは、農家にとっては欠かせない大事な仕事なのです。

・・・が、作業自体は、本当はとてものどかな気がします。
登録をとるために、みんなで子牛と追いかけっこ。掛け声は「よーし、よし(いい子だねー)」「すぐに終わるよ」「はい、終わった☆」。汚れた子牛たちの鼻を袖でちょっとふいてあげたりもしたりして。

そんな光景が、地域各戸で順番で繰り広げられる。
全頭を見る担当の人たちと、家で子牛を捕まえる係の人はやっぱり大変だとは思うけど、ほらね、やっぱりどこかのどかです。

f0236291_1147790.gif




▼ 子牛といえど三人がかり。
f0236291_1202898.jpg
▼ 「はーい、よし、よし、あと一回」。で真っ黒くろすけ。
f0236291_1212753.jpg
▼ で、鼻紋。これで牛の違いがわかるんです(これは一頭分、確認などのため7回とった仕掛け。動く子牛の完璧な鼻紋とりは難しいのです)。
f0236291_12411830.jpg
▼ そしてされるがままの後、やさぐれ中。でもこれで一人前の短角牛です。
f0236291_1223022.jpg
▼ 最後に今朝の雪化粧。
f0236291_12505813.jpg



人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< わが家のマルチの穴あけ器 ページトップ TAAさんの初のぎ取り挑戦記 >>
The Original Skin by Sun&Moon