北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
子牛マジック
2013年 05月 03日 | |
全国のお天気模様と違わずに、春なのに寒さが身にしみるこの頃の釜津田ですが、
そんな中、最近は子牛の手品がマイブームです。

3月から4月のはじめが子牛の誕生の季節。
そうして生まれた子牛たちは、今、一番のいたずらざかり。
基本的に牛舎を囲ったひろい柵の中では放し飼いなのですが、その中を走り回るのは日常茶飯事。
そして今の時期になると行動がだんだんどんどん大胆になり、、ちょっとした柵の隙間をみつけては、そこからこっそり外の世界へ・・・が子牛たちの成長パターン。

柵の外へ出ていたらすぐに捕まえて強制連行。それが飼い主会の掟です。
子牛になにかあったらいけないし、畑の上に無数の子牛の足跡・・・という図はあまりうれしくないのです。
でもちょっと思います。
さっきまで柵の中にいた子牛。次に振り返るとなにくわぬ顔なのになぜか柵が背になっている。

あぁ、瞬間移動かテレポーテーション、手近なところではそれはまるでマジックショー(何が手近かはわからないけど)。
直後からはじまる子牛捕獲劇前のささやかな楽しみ。

f0236291_1144470.gif



▼ あれ?柵のこっち?の図。(昨日の小窓より再掲)
f0236291_1152444.jpg



人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< ウメの開花と春のいろいろ ページトップ ホーーーーーホケキョ >>
The Original Skin by Sun&Moon