北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
お琴の時間
2013年 06月 04日 | |
先日、はじめてお琴のコンサートへ行ってきました。
琴もいろいろあるのかもしれませんが、今回のものは大正琴。会場は町の町民会館です。
東京にすむ親戚がそのコンサートのメンバーということで、会いに行ってきたのです。

自称、どこからどう見てもおしとやかでしっとりとたしなみあふれる大和撫子な私なのに、なぜかこれまで琴とは全く縁がありませんでした。
あくまでも自称ではありますが、どこからどう見てもおしとやかでしっとりとたしなみあふれ、お琴でも爪弾きそうな大和撫子な私なのに、なぜでしょう。
なんにしても、そうして出かけた初めてのお琴の時間は、ちょっと思っていた雰囲気と違いました。
華やかな衣装に歌う家元。へぇ~、お琴ってポップでロックでもいいのかも?

でもそうか、なんでも流派やいろいろな楽しみ方があるのだよな、ともあらためて思いました。
もちろんいろいろな演出あってのステージだし、そんな中、途中で流れた「南部牛追い歌」は琴の音色が本当によく合って、ちょっと感動しちゃいました。牛追い歌には琴だな、私の記憶にはそうインプット。
大和撫子な私だけど(←しつこい)、お琴にはこういう機会がないとこれからもなかなか触れる機会はなかったかもな、と思います。Mさん(&お友だちの方)おかげさまで楽しかったです。またコンサートに来てくださいね。ありがとうございました♡

f0236291_116493.gif



▼ 他、ボランティアをしながら歌を歌っているという二人組のミニライブも(”山とケ”さん)。いろんな人がいるのだなぁ、とも。
f0236291_118351.jpg



人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< ワサビの種ができてます ページトップ フジの花の季節です。 >>
The Original Skin by Sun&Moon