北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
かーちゃんの角
2013年 06月 08日 | |

先日少し載せた牛の角切り。
それは角が伸びすぎて目や顔を傷つけそうになった牛の角を切る作業で、こちらでは牛の健康管理のひとつです。
そしてそれはこちらではそんなに頻繁にある作業ではなく、時々、そう、年に一度あるくらい。
つまりそれは少し珍しい作業のひとつ。先日はそれがあって少しラッキーな気持ちになりました。

さて、その牛の角切り。
いつもは小ぶりののこぎりでギコギコ切るのに先日は最新兵器(でもないかな)が登場しました。
牛のカリスマ美容師のひとり、Mさんはそういう作業が得意なのでいつもいろいろな新しい道具をみんなに披露してくれるのですが、
先日の角切りで取り出したのはワイヤー。
それを角にピッとかけ、両端を手に思い切り交互高速で引くと、ほんの数秒で角がコロンと切れるのです。
思わずまわりのみんなも「お~~~」の声。これなら角を切られる牛も一瞬のできごとだからあまり負担がないかもしれません。いいねぇ!ということになりました。
・・・とそこまではよかったのだけどなぁ。

牛の角切りは牛の健康管理のひとつです。
みんなが関心を寄せるのは、牛の様子にときどき今回のような目新しい技。
と同時に密かに思っているのは身近な誰かの角のこと・・・?
牛と人をやたら混同しがちなところがまったくもって玉に瑕な牛飼い界な気がします。

f0236291_535519.gif




人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< チ ビ ページトップ サファリな絵日記 (窓の外編) >>
The Original Skin by Sun&Moon