北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
ウラの裏話
2013年 06月 28日 | |
少々長々と、そして若干わかりにくい話ではあるのですが・・・ ↓ 。

f0236291_10534639.gif


f0236291_10545673.gif



うら=裏でも浦でもなくて「上」なのです。
「うらなり」は上になる実(対して下になるのは「もとなり」)。実はこれは結構頻出用語なのですが、今になって、本当の意味を知らなかったことを知りました。あちゃ。
そして「うらのキュウリ採ってこいー」と言われたら、家の裏や畑の裏を探すのではなく、キュウリ畑の上の方を見るのが正解。
知らなかったなぁ、こりゃ、こりゃ。そして、知ると知らないでは大違い。いやいや、まいった。

でもせっかくなので、いつか、こんな「知ると知らないでは大違い!」な言葉を集めて特集したいなぁ、とも思っています。
結構あるのですよ。へー!とか、え~~~っ!とか思うのが。考え出すとおかしいです。
ケガの巧妙、いや、無知の巧妙 ☆


人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
by kamatsuta2 | 2013-06-28 11:09 | ■ 日々のこと | Comments(11) |
Commented by toke_mayu at 2013-06-28 11:19
おはようございます(^_^)
確かにわからないこと、ありますよね〜
私も、まだまだまだ、です〜
特に聞いたことのある単語で違う意味、だと、確認することもなく・・・。
全くの初耳で、聞いたことがない単語だと確認できるけど・・・
私の中で昔大ヒットしたのは、
『こっくらまっくら』デス(^_^;)
Commented by kamatsuta2 at 2013-06-28 11:24
こっくらまっくら、とは?!(笑)
Commented by いつ at 2013-06-28 13:01 x
はじめまして、たまにですが拝見しておりました。
今回、ちょっと興味を持ちましたので投稿してみました。
私は弓道をやっております。
うらともとの話でなかなか覚えられない弓の部分の名前。
今回「なるほど!」と思ったので覚えられそうです。
ちなみに、
弓の両端の、弦の輪をかける部分。弓を射るとき、上になる方を末弭(うらはず)、下になる方を本弭(もとはず)という。

ふむふむ。
Commented by ゆりりん at 2013-06-28 16:07 x
お恥ずかしながら、うらなりとは上になる事と今わかった、こりゃこりゃなわたしです。
ところで、末成りのうらと裏のイントネーションの違いは、あるのでしょうか?
うらのきゅうりと言われたら、10人中10人家の裏に行くといまだ思うわたしです・・・。
Commented by うさこ at 2013-06-28 17:54 x
昔、東北に一人旅した時、ごはん屋さんで話しかけてくれたおばちゃんの話が、半分しかわからなかったことを思い出しました。
AKIさん 最初の頃のご家族との会話は いかがでしたか?
Commented by k.o at 2013-06-28 21:47 x
ほんと エーですね。「うらなり」の意味を調べたみました。まだ勢いのある茎にでも使うんですね。
Commented by きむごん at 2013-06-28 23:41 x
私は「ごみをなげる」(すてる)、「ばくる」(交換する)、「手袋をはく」(はめる)にいまだに慣れません(笑)。でも「うるかす」は便利な言葉でよく使ってますよ~。うるかすは標準語にないですが、「水に浸しておく」と解釈しています。
Commented by 流風 at 2013-06-29 07:15 x
おはようございます。

所変われば品変わると言うけれど、本当ですね。「うらなり」で、漱石の『坊ちゃん』を思い出しました。あれは「末成り」のことですが、「上成り」の意味なら、ああいう、あだ名にはならなかったと思うと、言葉は面白いと。

ただ、出身が違えば、多くの誤解を招くので、そこに泣き笑いが生じます。今後の展開はいかに(笑)。
Commented by チネツちゃんの友達の友達 at 2013-06-29 07:23 x
AKIさんほどリサーチ熱心でも、まだまだ明らかになることがあるんですね。さすが、岩泉!!でも、今回明らかになったことで、ひとつ記憶遺産が増えましたね。(笑
昔、岩泉にいったときに、駅で道を尋ねると、その返答に英語以上に聞き取れなかったことを思い出しました。「?」を丸出しで見つめていると、その方はきれいに訳してくれました。(汗

ちなみに、出身の広島弁で「たう」は「届く」の意味なのですが、この言葉だけは方言が抜けずに聞く相手は「?」のままというのが多いですね。あとは「しまいです(おばんです?こんばんわ、の意味)」、「がーごーじー(蝉の幼虫)」などは実家がある島特有の言葉らしいですが、絶滅の危機の言葉ですね。
Commented by kamatsuta2 at 2013-06-29 08:03
おはようございます。
なんだかとっても勉強になるコメントがいっぱい!ふむふむ、えー?!、ほう!等々、朝からひとりうなっています。
今日はこれから地区の用事で出かけるので、あとでじっくりまた読み返して勉強したいと思います!

弓の話とか、「がーごーじー」とか、他の方のお話ももちろん、やっぱり面白いなぁ、です!
Commented by 悦ちゃん at 2013-06-29 08:15 x
言葉は本当に難しいですね~
標準語での会話でも誤解が生じるのですから・・・

幼い孫は大人の会話を聞いていてわからない言葉が出てくると「・・・はなあに?」と聞きます
「うら」に「裏」という違う意味があったから勘違いしたままだったのでしょうね~
<< クモと蝶々とブロッコリーと私 ページトップ 細かい小技 >>
The Original Skin by Sun&Moon