北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
べーこなの。
2013年 07月 07日 | |
それは昨日のことでした。
日に日に大きくなってきたオクラのハウスで、オクラの手入れ作業をしていました。
大きくなり、自由奔放にのびはじめた枝葉や茎を整理する作業で、ひとりでもできるのですがちょっとタイヘンなので、雨で休みのTAAさんをすかさず掴まえ、手伝ってもらってのことでした。
作業は簡単、茎の支えになるように、紐をピーンと貼るくらい。でも、二人一組がいいのです。そんなこんなの二人仕事。
そうしてこれはよいよいと作業をしていると、TAAさんが言いました。
「このべーこなのはなにー?」

それは大きく育ったオクラの陰で、ちっとも大きくなれない別のオクラ。
今年は春先寒さ対策が行き届かなかったためか、芽揃いがあまりよくなく、何度かまき直しをしたのです。その時、後から播いたものは結局うまく大きく育てず、ひょろひょろひょろろ、になってしまった、という次第。

実は日々のハウス通いで密かにそんなひろひょろオクラに思いを寄せていた私です。
「ちょっとの差で、こんなでこんなに違いが出ちゃうなんて。あぁ、オクラって、シビアな世界を生き抜いているのね」自分にはとても無理だわ、と畏敬の念さえ。
一人黙々朝夕のオクラハウス。
意外といろいろなことを感じ、学んでいる気もしています(←そうか?)。

f0236291_1192296.gif




▼ オクラハウスのなう。大分背が伸びました。腰上丈。通路の葉っぱは、風通しをよくするために落とした下葉。後でちゃんと片づけます。
f0236291_11221417.jpg



人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
Commented by BARON at 2013-07-07 14:47 x
そうそう、芽だしって後からってなかなかうまくいかないですね!
小さいのをべーこっていうのは初めて知りました(^○^)
作業お疲れ様です!
Commented by k.o at 2013-07-07 19:38 x
AKIさんは方言ばっちりですね。沢山収穫しようとすれば、手入れが大変なのですね。ハウスの中は暑いのではないでしょうか。植物も生存競争が激しいですね。
Commented by 悦ちゃん at 2013-07-07 19:45 x
私も我が家の庭を見ていて思います
花の種類によって生命力が違うと・・・

例年6月に咲きそろうユリが今年はほんの数本
気がついたらユリの咲く場所にはたーくさんの矢車草
咲き終わった矢車草を抜いてみたら背丈の短いユリが隠れていました
そして結局ユリは咲かずじまい・・・
植物の世界も厳しいのだと・・・
Commented by ZRX1200 at 2013-07-07 21:54 x
こんばんは 「ぺェ~んこ」かな?ベーゴじゃないですよねふふふっ。
ハウスは景色としてみますが、めったに中は見られません。AKIさんの写真だけです(最近は)。中は凄く暑そうな気がしますが、熱中症にはご注意を。
Commented by 大共和派-緑の保守派のジョーイ at 2013-07-08 05:55 x
 お久しぶりですー

 いやはや、1月から体調をくずして、今まで半年間も回復しないでいましたー

 もう、今度こそ再起不能になるのでは?もはや私の人生は終わったということころまで追い詰められました、本当につらかったです(泣)

 まだやっとこさ危機を脱したというだけで、今の精神状態では以前のような軽快でコミカルな書き込みは無理です。

 ずっと家に閉じこもりの状態で、昨日やっと外出できたところなんですからね。

 とりあえず地獄の淵から生還したことだけご報告させてください。

(ブログを見てもらうと分かると思いますが、リアルではけっこう元気なのであまり心配しないでくださいねw)
Commented by ゆりりん at 2013-07-08 08:42 x
いっしょに蒔いても小さな芽ってありますもの、後蒔きならなおさらですよね。
でも、抜けないんですよね。
いつか追い付くじゃないかと・・・がんばれと~応援しながら・・。

甥っ子は幼稚園の頃、小さいことを”ぺたこ”と言い、子牛は”ぺたこちゃん”と言ってました。
そして、少しは”ぺっこ”でした。
なにげに似てるとひとり思ってるのですが・・・・。
<< 採らぬオクラの・・・ ページトップ 自転車時間 in 山の中 >>
The Original Skin by Sun&Moon