北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
最近の小窓より
2013年 07月 10日 | |
オクラの話に夢中になっている間に、あちこちで梅雨が明けたり、猛暑に次ぐ猛暑だったりというニュースを聞き、びっくり、心配しています。
こちらも毎日暑いです。
といっても、30度にはまだ届かないと思うのですが、朝晩も北国にしては数少ない蒸し暑さを感じる日々になっています。
日中は晴れとにわか雨、夕立がくりかえしくりかえし。
それは例えばこんな風―まずは気持ちのいい晴れ。
f0236291_956268.jpg



気づくと雨上がり。
f0236291_957623.jpg



こんなまぶしい日もあったけど、
f0236291_9595895.jpg



どんより空の散歩もあり。
f0236291_1005318.jpg



クリの花。おぉ、ゴージャス!
f0236291_1014024.jpg

クリの花はもう盛りは過ぎたけど、咲きはじめは例年より一週間くらい早かったみたい。私もそんな気がしていたけれど、毎年トチ蜜をあつめにくる蜂屋さんからも聞きました。いつもはまだまだ採れるトチ蜜だけど、今年は早々からクリの蜜が入りはじめたんだって。へー!蜜の時期の違いもそうだけど、蜜の違いは一目でわかる、という話に、今年もうっとり尊敬のまなざし。蜂屋さんは私の憧れ。そしてそんな蜂屋さんの季節も今年も終了。


マタタビの葉っぱの白は私の中では梅雨の季節のイメージです。
f0236291_1031080.jpg



グミのグラデーションはもうちょとするともっときれいに。
f0236291_1041584.jpg



食卓には川魚も登場するようになりました。これは焼き干しの味噌煮。
7時すぎまで明るいこの頃。伸びた日の分が絶好の釣りタイム。夕食用?夕方になると川岸で釣り糸を垂れる姿があちこちで見られるようになったこの頃の釜津田です。
f0236291_1045728.jpg



つい先日までは貴重な実り!とはしゃいでいたシガワリ(絹さや)はもう採りきれないくらいの育ちぶり。
それで大きくなった実は×(かける)新じゃがで味噌煮など。
f0236291_1064960.jpg



今日はこの何日かの小窓の写真を中心に、釜津田なう、を振り返ってみました。
オクラの季節がはじまると、毎日あっという間に一日が終わります。だからときどきこうしてまとめて数日を振り返ると、なんだかちょっと落ち着きます。
とはいえ、畑の写真も少し撮りたいなぁ、と思っています。毎日も、畑も、オクラも、雑草も(!)どんどんすすんで本当にびっくり!
なんにしても、そんなこんなの、まだ梅雨明けぬ釜津田なう、デス。今日は写真日記でした。


追伸:このところコメントのお返事が滞ってしまってスミマセン。毎朝のコメント等々でのやりとりが楽しみなのですが、うっかり寝坊の今日この頃。でも楽しく読ませていただいています。質問などには答えそびれてしまってスミマセン!いつかどこかで回答を!


人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< よその牛舎 ページトップ オクラ気象計 >>
The Original Skin by Sun&Moon