北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
「いわて暮らしの季節暦」 ☆ 今日は中身のご・しょ・う・か・い!
2013年 09月 18日 | |
この連休はあちこちで台風の被害が大きく、また少し辛い気持ちになりました。
けれど一方で、少し出かけてきたりして、リフレッシュもしてきました。何年か前から誕生日はきても年齢は増えないことにはなっているのですが、この連休中に書類上では年がひとつ増える誕生日があったりして、記念に映画などをみてきたのです。まわりの何人かの知り合いが観たよーと教えてくれた「風立ちぬ」、よかったです。じんわり。

さて、そんな休み明けの今日は、最近ちょこちょこ紹介中のカレンダー「いわて暮らしの季節暦」のご紹介、三度!です。 (参考) 一度目二度目
というのも、先日実物が届いたのです―。
お披露目!表紙はどーんと、岩手山です(←岩手のシンボル)!
f0236291_12105661.jpg


めくるとこんな感じ。これはカレンダーの一枚目、冬のページです。
f0236291_1211296.jpg



さて、実物が届き、そしてあちこちで密かに「もう手に入れましたYO~」という方と出合ったりしたので、これからは中身も少しご紹介です。
まずはこのカレンダーの一番の特徴は、そのページの構成です。
びょん!あら、一枚がひと月、ではありません。並ぶ日付は15日分?!
f0236291_1212594.jpg



表紙の上にちらりと記してあるのですが、これは通常の12か月毎の暦ではなく、二十四節季ごとにページをめくる暦になっているのです。
二十四節気は、いわゆる「今日は暦の上では〇〇~」というあれです。有名どころだと、立春、立夏、処暑、秋分・・・等々?
ちなみにこれは「小寒」のページ。こんな具合に解説が。
f0236291_12141892.jpg



そして同時に、二十四節気はさらに細かく区切った「七十二候」も記されていて、それが上の画像の「雉始鳴(きじはじめてなく)」の部分にあたります。
私もこの暦に関わるまで、七十二候については「?」だったのですが、キジの鳴き声から虫が家の戸口にくる時季等々、かなり細かい自然の様子が記されていて、「へー!」や「ふむふむ!」、「えー、こんなものまで?!」がいっぱいで、なんだかとっても面白かったです。日本にはこんなに細やかな季節の移ろいがあるのだなぁ、と少しうっとりもしてしまいます(多分)。

と、そんな日本らしさとともに、地元らしさ、つまりここでは岩手らしさ、も大きなテーマのこの暦。
各ページには各時季の岩手の風物が紹介されています。
f0236291_12154463.jpg



そしてそれにちなんだ暮らしの風景を私が担当。全体はこんな構成。
f0236291_12161668.jpg


ちなみにこの「すねか」「なもみ」はいわゆるなまはげ。子どもには怖い存在だけれども、地域にとっては愛すべき鬼でもある、というのが私が好きななもみの情景。
怖がる子供と笑顔の大人のコントラスト(というのかわからないけど)、そしてなもみ(釜津田ではなもみというので)が履く二股の軍足やきちんとそろえられた藁沓が密かなるポイントなのです。

そんなページが全25枚。
作画担当者の思い入れと夢と希望と憧れが、勝手にではありあますがいろいろつまっている・・・はずです。
そうそう、時候の字も私担当。上手に入れ込んでもらい、下手な字も味わい効果(ということで(汗))。
f0236291_12181417.jpg



各ページのわびさびカラーもいいのです。重なると、なんだか十二単みたい。
f0236291_12183722.jpg



壁掛けイメージ。あら、いい感じ♡
f0236291_1220130.jpg



プロデュースは先日からお話している川口印刷さん。特には、地域をていねいにでも楽しく遊ぶオリジナルブランド「彼是堂(あれこれどう)」からの暦になります。
f0236291_12203050.jpg




先にも少し書きましたが、ご注文くださった方にはすでに発送がはじまっているようですし、
彼是堂さんのネット販売や書店(岩手県内)での販売なども少しずつはじまるかな、と思います。
興味のある方はちょこちょこチェックくださるとうれしいです☆
彼是堂(あれこれどう)/川口印刷


以上、一日休みをはさみ、今日はどどんとコマーサル日記でした。これからも折ごとにご紹介&ちょぎっとコマーサル予定です。ということで、<つづく> 。


人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ ポチッと応援お願いします☆
by kamatsuta2 | 2013-09-18 12:47 | お知らせ |
<< 今日からサイロ詰め ページトップ 5クルミの裏側 >>
The Original Skin by Sun&Moon